HOME > 琥珀ブログ > 9ページ目

琥珀ブログ 9ページ目

【仕事運】会議室の風水を整えて、仕事運を上げるポイント

みなさま、こんにちは。
すっかり寒くなってきました。
お身体に気を付けて、お過ごしください。

さて今日は、会議やミーティング、話し合いなどをする時に、知っておくと役立つ風水についてお話します。

何かを決めたり、解決策を模索したり、方向性を見直したりと、会議は時にとても重要なことを議題にする大切な場ですね。
会議室の気が整っていると、仕事運がよくなり、業績にもつながっていきます。
できるだけスムーズに話が進んだり、参加者が集中できたり、意見が活発に出てうまくまとまったりと、気持ちよく会議ができるように、少し会議室の空間を見直してみましょう。


・ドアの位置
ミーティングをする部屋や空間の、ドアの位置に注目してみてください。
家なら玄関、部屋だとドアから気が入ってきます。ドアの延長線上は、気の流れが強いため、集中力が散漫になったりしがちになります。椅子の位置を少しずらすなど、配置を考えられるといいでしょう。
また、部屋全体の気の流れを整えるため、換気をしてよどんでいる気を流すようにしてください。すっきりした雰囲気で、会議を進めることができるでしょう。

ドアから入ってきた気は、対角線上(中央にドアがある場合は対角線の両端)の角に一番たまりやすくなります。気が強くなるあたりは、ほこりなどがたまらないよう、きれいにしておくことを心がけてください。
観葉植物を置くのもおススメです。必ず生きている観葉植物を設置してください。緑にはヒーリングの効果もあるので、疲れがたまっている時にも、なごやかに話が進んでいくようになります。
またこの場所には、ゴミ箱などの邪気がたまりやすいものは、置かないようにしてください。ゴミ箱はできれば見えない場所に、きちんとスペースを取って設置してください。またフタつきのものがおススメです。

・椅子の配置
四角いテーブルでは、人数によっては椅子がおさまりきらず、角に座る人が出る場合があります。角に向かって座るというのは、風水ではあまりよくありません。うまく話を進めたい場合や、自分の意見を通したいというような時には、角に座るのは避けてください。
角が自分の方に向いている場所は、とても居心地が悪い上、注意力や集中力が欠けたり、会議で不満が残るような結果になったりすることが多くなってしまいます。

また、部屋の中に収納の棚や家具、柱などがあり、その角が椅子の方に向いている場合もあまりよくないとされています。どうしても配置を動かせない時は、角のところに観葉植物を置くと緩和されます。

植物を置くこともできない場合は、文房具や小物など、ご自身の吉とされるものや色を意識して持つと、やはり凶の位置が緩和されます。

・テーブル
気軽に発言を促して、意見交換をするような内容のミーティングなら、四角いテーブルよりは角が丸いタイプのテーブルが向いています。あまり硬くなりすぎず、活発に遠慮なく意見交換ができるでしょう。

しっかりとした契約の場面や、外部との商談、大きなプロジェクトの打ち合わせなど、重要な内容の議題を検討する場合は、四角いテーブルが向いています。

スペースの関係などで、会議室のテーブルは1つしかないという場合は、小物やマットなどで四角いもの、あるいは丸いものを置くなどして、雰囲気を作ることも可能です。

・棚など家具の位置
風水では、重たいものを配置することで、凶方向の悪いエネルギーをブロックすることができると考えられています。
会議室やミーティングスペースでは、凶方向を意識して、本棚や収納棚などを設置するといいですよ。
(吉方向・凶方向など、ブログでは一般的な内容をお伝えする場合が多いため、ご自分にあった内容を詳しくお知りになりたい場合は、お気軽に琥珀の鑑定をご検討ください)

・会議室の配置
フロア全体から見た会議室に向いている場所や、逆に向いてない場所もあります。
開業される時や、新規オープン、移転などの時に風水を導入すると一番効果があり、無駄がありません。
そのタイミングでピンと来た場合も、お気軽に琥珀の鑑定をお問い合わせください。方位とあわせて、最適な時期などもご案内することができます。

【財運】金運にマイナスの行動とは

みなさま、今日も琥珀のブログをお読みいただきまして、ありがとうございます。ちょっとした日々の開運ポイントや、成功するために留意しておくとよいこと、運気をより受け取るためのマインドの作り方など、お役立ち情報を少しずつお伝えしていますので、よろしければ今日もご参考になさってみてください。
ブログでは一般的な風水などについてお知らせしております。個人的に詳しく知りたい、自分にあった開運法を知りたいという方は、どうぞお気軽に琥珀の鑑定についてお問い合わせください。

さて、ブログでも何度も金運アップについてのお話をさせていただいております。
「金運」「財運」を上げると聞いて、なんだか心がざわざわする方は、お金に対する何か拒否感やブロックがあるのかもしれません。
「必要以上のお金を持ってはいけない」「つつましく生きるべき」「収入が増えると不幸になる」「お金がほしいなんて、言うべきではない」など、お金に関してネガティブな思いがないでしょうか。

お金はエネルギーのひとつであり、日々生きていくために、そして人生を楽しんでいくためにも必要なものです。
金運アップ、収入アップを期待するのは悪いことではありません。もっと幸せになるために、上手に環境を整えて運気アップしていきましょう。

・金運を下げる行動
金運を上げるポイントというのはいろいろありますが、逆に金運を下げてしまうことをしていないでしょうか。

〇玄関
玄関は、旺気と言われる良い気が、まず入ってくる大切な場所です。
金運や他の運気も下げてしまうNGポイントは、靴を脱ぎっぱなし、出しっぱなしにしていることです。
たたきには靴がない状態にしておくことが大事です。良い気がスムースに通れるよう、靴でいい運気を踏みつけないよう、きれいに解放しておいてください。

〇トイレ
トイレは不浄の場所であり、悪いものなどをまとめて流してしまう場所です。トイレに長居をするのはあまりいいことではありません。
トイレに新聞や本を持ちこんでいませんか。紙類は邪気を吸い込みやすいので、トイレに持って入る・トイレに置いておくということはやめましょう。
スマホを持ち込むのも、あまりよくありません。
本来の目的以外で、使うことのないようにしてくださいね。
また、トイレの水は「止水」であり、運気を下げるとされています。水は特に「財」とも関連していますので、トイレのフタは必ず閉めるようにして、止水の影響が出ないように気をつけてください。

〇財布
お金と直接かかわるお財布は、金運にもとても大事です。
お金が気持ちよく過ごせるようにしていると、お金はさらにお金を読んでくれます。
レシートやポイントカードなど、お金の住み家としてのお財布の、本来の目的から外れるものは一緒に入れないようにしてください。

また、帰宅して、キッチンにお財布を置いたりはしていませんか。
キッチンは「火」の気があり、お金は「金」の気があります。これはお互い反発しあいますの。そして火の気があるキッチンでは、お金が燃えてしまいますので、お金がどんどん出て行ってしまうことになります。

お財布をカバンの中に入れっぱなしにしているのも、あまりよい習慣ではありません。できれば毎日、カバンから出してお財布がゆっくり休めるところに置いてあげてください。
くれぐれも翌日持って行くのを忘れないようにしてくださいね!

〇金運はいい言葉が好き
お金もエネルギーであり、いい気があるところ・明るいところに集まってきます。
よくない言葉を使っている人、いつも気難しくよく怒っているような人には、お金はあまり寄り付きません。
よくない言葉とは、「嫉妬の言葉」「自分を卑下する」「お金がないといつも言う」「貧乏だからが口ぐせ」「どうせ〇〇だから」など、ネガティブな言葉には豊かさは近寄ってきません。

お金に好かれたいなら、いつも笑顔で、そしてプラスの言葉を口ぐせにするようにしてください。またこの時、否定形では使わないことも心掛けてください。例えば、「失敗することはない」と言う言葉、一見いいように思えますが、「失敗する」というところにフォーカスされてしまいます。「成功する」でいいですね。

さらに、「がんばろう」という言葉も、実は現在がんばらないといけない状況なのだというところがフォーカスされたり、自分を追い詰めることになったりしてしまうなど、マイナスの結果を引き寄せることにつながる可能性もあります。

〇気持ちよく使い、プラスのお金をまわす
自分のためになること、将来の投資になること、人のためになることには、ピンと来たらお金を使いましょう。その時、「お金がないからこんなに使って後が不安…」という気持ちを持たないことも大切です。

不安だからと言ってやみくもに貯金ばかりしていては、豊かさはやはりあまり近寄ってこないものです。
きちんと入手したお金で、自分のためそして周囲も喜ぶような使い方をする、そうするとお金が回っていくようになります。

一攫千金を狙うのは、やめておく方が得策です。少しの元手で多くのお金を一気に得ようとする気持ちは、お金に対して失礼なことなのです。
そうした行為はお金に嫌われてしまいますので、ギャンブルはギャンブルとして、楽しむ程度であまり入れ込まないようにしましょう。


色々なポイントがありますが、「金運を上げるポイント」以上に、「金運を下げる行動」を取らないことも大切です。
ちょっとしたことばかりなので、普段から気をつけてみてください。


【財運】外食時の運気アップポイント

皆さま、秋も次第に深まってきたこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
落ち着いた雰囲気の秋は、何をするにもいい季節です。
お料理もおいしいものが多くなる収穫の秋でもありますね。
今日は外食をする時の運気アップポイントをお伝えいたします。
たまには外で食べようという方、普段外食が多い方、いつも作るのが大変だからたまにはという方、友人たちとの楽しい時間…その時間を少し有効利用してみてください。

食事の時間は大切な時間です。食べることは、自分自身の様々なエネルギーを補給していることでもありますので、大事にしてくださいね。
お腹だけを満たせばいいというのでは、少しもったいないことです。

・お店選び
なるべく人任せにせず、自分で決めてみてください。その時食べたいものは、足りていない運気をアップするために必要な食べ物である場合があります。
食べたいもの、そして自分がその時に行ってみたいお店に行くのがいいですよ。
また、作っている人が分かるお店がおすすめです。
この人の作るものが食べたいと思うことが大事です。

お料理はもちろん、お店の雰囲気など、作っているのはすべて店主さんになります。
いい運気を持っている店主さんのお店は、「お店自体が生きている」「行くと元気になる」「お客さんがいい人が集まっている」「きちんとぶれない雰囲気がある」ものなのです。
そんなお店で食べると、栄養だけではなくいろいろなエネルギーがチャージできて元気になります。
気をつけなくてはいけないのは、流行っていそうなお店だからといって、万人に合うとは限りません。
また安いお店だからいけない、ということもありません。逆に高いお店でも、その時のタイミングやお店との相性などもあります。

「この店主さんがいるこのお店で、これを食べたい」という感覚があれば、それを大切にしてください。

・座る場所
外食する場合は、席を選ぶことができるならばぜひ、いい場所で食事をしてください。いい場所というのは、お店の中でも運気を高めることができる場所です。
「入口から対角線上にある端」の席が、「財位」という場所に当たり、運気特に金運がアップします。
また、入口を背にするのではなく、入口が見えるように座ってください。
トイレの近くは避けてくださいね。

・食べ物
金運アップにいいとされる食べ物をいくつかご紹介します。
(ブログでは一般的な風水をご紹介しています。その人自身やタイミングなどでいいとされていても、あわないこともございます。詳しくご自身にあったものを知りたい場合は、お気軽に琥珀の鑑定をご検討いただければと思います)

〇おにぎり
ご飯は全体的に運気アップする食べ物です。中でも、作る人が心をこめて握ったおにぎりは、とても波動が高いおにぎりになります。
素材から気をつけて、いいお米、具材、そして手間ひまと愛情をかけて作ったおにぎりは、最高の開運料理といえます。

〇鶏肉
実は鶏肉は金運アップできる食べ物です。焼き鳥やから揚げが食べたいと思われたら、金運を補おうということかもしれません。そんな時は積極的にとってください。
できれば、こちらも素材と調理法にこだわったお店で食べるのがおすすめです。

〇卵
黄色の卵焼きは、まさに金運アップの食べ物。黄色自体が金運によいとされるのと、卵は命の元ともなるものです。
厚焼き玉子や、ゆで卵など、取りすぎはいけませんが、こちらも定期的に食べるといいですね。
また、卵をふんだんに使った甘いものも運気アップします。甘いもの自体にも、金運アップのパワーがありますので、たまにご褒美で卵を使ったケーキなどを食べるのもおススメです。

〇鉄板焼き
鉄板焼きには仕事運アップの効果があります。


・気をつけること
食べ物には、作り手の思いや愛情がこもります。
逆に言うと、機械で大量生産されたものや、ファストフードなどは、食べ物にそういった愛情もなく、なおかつ波動も低くなるため、そういったものをいつも食べているとご自分の運気も下がってしまいます。
外食される場合は、大将やシェフが愛情こめて、おいしく食べてもらいたいと素材から気をつけて作られているお店で食べるのが、一番のおすすめです。
ぜひご参考になさってみてください。

【開運風水】流れる水で要らないものを清めてもらいましょう

皆さま、今日も琥珀のブログへご訪問ありがとうございます。
あわただしく過ぎていく日々ですが、時々足を止めて、ご自分の調子や疲れ、ストレスなどの状態を確認してみてください。
少し不調かもしれないと思われるようでしたら、お時間のある時に今日ご紹介する開運法をお試しいただくといいかもしれません。

人は知らず知らずのうちに、厄やネガティブなエネルギーを浴びてしまうことも多いものです。目に見えないだけで、誰でも普段の暮らしの中で影響を受けています。
ためこんでばかりいては、そのうち心身ともに疲れ気味になったり、いろいろなことが上手くいかなかったり、不調が出てきたりします。

厄払い・厄除けという言葉があります。厄年でお祓いなど経験された方もいらっしゃると思います。
ある年になると、厄払いをした方がよいとされていますが、それは普段の生活で蓄積した悪い気やネガティブなエネルギーの影響を、なるべくおさえようとするものではないでしょうか。

つまり普段から厄をためこまないようにしているだけで、大きな災いや何かしらの負のダメージなどを防ぐことが可能であるということです。
今日はそんな、日々の中で意識すればできる厄よけをお伝えいたします。
よろしければご参考になさってみてください。

・流れる水のパワー
風水に水は欠かせません。金運・財運また健康運にも深くかかわりのあるのが水、特に「流れる水」はとても大切です。
そんな流れる水で、いろいろなものを洗い流して、浄化してもらいましょう。

〇川
流れる川は、まさに流れる水そのもの。山に行って、流れているきれいな川を見ているだけで、心が洗われて清々しい気持ちになった経験が誰にもあるのではないでしょうか。
きれいな清流は、それだけで実際にネガティブなエネルギーを流していってくれます。

自然豊かな山の中にある清流に、手や足をつけたり、橋があればその上でやや足を開き気味で立ったりして、自分の中のたまっている悪い気やエネルギーなどが流れていくようにイメージしてみてください。
この「イメージ」が大切です。

呼吸をゆっくりしながら、息を吐くときに体中の悪いもの、黒いもやもやしたもの、ずっと抱えているマイナスの感情などが一緒に出ていくイメージをするのも効果があります。
体から出て、川に流れていくイメージです。

川が汚れてしまう、といった心配は無用なので、どんどん流してしまいましょう。

また、神社などの中に川があるところがあります。そこにもパワーがありますので、手をつけて悪いものを流してもらいましょう。橋があればやはりその上で悪いものが流れていくイメージをしてください。

〇海
寄せては返す海も、また動く水であり、浄化作用があります。
砂浜に素足をつけるだけでもかまいませんし、余裕があればぜひ海水に足や手をつけてみてください。

〇シャワー
さらにお手軽に流れる水を利用するなら、シャワーを使うのもひとつの方法です。
お風呂だけ、という方も、時々やはり悪いものが流れていくイメージをしながら、呼吸に集中してシャワーを浴びてみてください。
その時に、安いものでもかまわないので、粗塩を頭にのせ、一緒にシャワーで洗い流すと効果的です。

その日に浴びたネガティブなエネルギーや、心無い言葉、思わず出てしまったマイナスの感情、他人からの悪い気などを、寝る前のバスタイムで流してしまいましょう。

もっと手軽に浄化したい、というときは、手を洗いましょう。
外から家に戻ってきたとき、ちょっと心身疲れたなと思ったとき、作業の能率が落ちてきたとき、集中力がなくなってきたとき、相手の言動にマイナスに反応してしまっているとき、そんな時は丁寧に手を石鹸で洗い、流れる水できれいにしましょう。
そのときも、悪いものを流すイメージです。
うがいも付け加えると、さらにリフレッシュします。

実際には、自然のパワーがあるものがやはり一番いいので、水道水よりは山の清流や湧水がおすすめです。

・最後にキラキラするイメージで
自分の中にある邪気などが流れていくイメージをした後、キラキラしたものを取り込むイメージもしてみてください。
悪い気を流しながら、太陽や自然のパワーを代わりに取り入れて満たしていくイメージです。

流れる水には、想像以上に浄化作用がありますので、時々意識してご自分をリフレッシュしてみてくださいね。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

幸せ・成功への道は許すことから


皆さま、琥珀のブログへお越しいただきまして、ありがとうございます。

本日は【幸せ・成功への道は許すことから】をテーマにお話しいていきます。

 さて、成功や幸せへの道を大きく妨げる、負の感情とはいったい何だと思われますか?

いくつかありますが、成功している人や幸せになっている人は、大抵人を憎むということをしていないものです。

生きていれば色々なことがあります。あの人だけは、絶対に許せない!!という思いを抱えている方もいらっしゃると思います。

誰かを憎んでいる状態では、成功することも幸せになることも、縁遠くなります。

人を憎んだり許せないという思いがあったりすると、体にいつも力が入っていて、硬く緊張しています。思えば思うほど、ガチガチになってしまいます。

そうなると、エネルギーや気が循環しなくなり、体に不調が出てくるものです。

何より、人を憎むということは、ただ自分のエネルギーを無駄に使っているだけで、何も進歩がありません。


他人に対してだけでなく、「自分を許せない」という場合もあります。

自分が過去にした過ち、がんばれなかった自分、ついいつもと同じ反応しかできずにまた後から後悔する…。

自分で自分のことを嫌っている、憎んでいる、許せないと思っている場合は、もっと深刻です。

本当に体も心も本当にガチガチになっています。

長年自分を許せないでいると、あちこちで流れが停滞して、腐敗してくるようになります。

そうなると、なかなか抜け出せません。


・自分のために許す

人を憎んでいると、幸せにはなれません。

「許す」というのは、とても大変な作業のひとつです。

「許す」ことが簡単にできるのは、聖人くらいで、普通の人はそう簡単にはできません。


感情を持ち続けるのは膨大なエネルギーがいるものです。

憎み続けることは、自分自身をもむしばむものであり、時間とエネルギーの大きなムダでもあります。

自分のために、許す最初のステップをまずは踏んでみましょう。


・なぜ許せないのか

どうしても「許す」という方向に向くことができない時は、なぜ許せないのでしょう。
ひどい仕打ちをされた、
言葉の暴力を受けた、
あの人のせいで出世コースから外れた、
好きな人を奪われた、
だまされた、
裏切られた…

色々な理由があると思います。

こんな思いをしたのに、簡単に許すことなんてできない。

謝ってもくれない、理解してももらえない、返してくれない。

だからなんとかして、仕返ししないと気が済まない、私ばかりが悔しい。

全く同じ経験をしても、人によってとらえ方、対応の仕方は様々です。

受けた心の傷をなんとかしないと、前に進めないという場合もあるでしょう。

それが憎み続けることということもありますね。

今は離婚される方も多くいらっしゃいますが、その後また幸せに再婚される方も増えています。

離婚を経験して以来ずっと相手を憎み、許すことができず、なんとか仕返ししたいと思い続けている人が、幸せに再婚できるイメージが持てるでしょうか。

許したら自分が損をしてしまう!と思い込んでいる場合も多いかもしれませんが、「許す」ことは、実は一番自分が幸せになる近道なのです。


いつまでも過去にこだわり、恨み、憎しんでいることは、自分自身を苦しめているのと同じなのです。

許せなくても、とにかく手放してみましょう。

手放すことは、忘れることとは少し違います。

まずはつらい思いを出し切ってみましょう。

自分を見つめ、どんなに悲しかったかをしっかりと落し込んでみてください。

本当に許せない嫌な人であるからこそ、そんな人のためにいつまでも自分の幸せを放棄しなくてもいいのです。


・成功者は自分自身を愛す

成功している人というのは、自分自身を愛しています。

愛しているというのはつまり、自分自身の存在を肯定し、どんなマイナスがあったとしても、過去にどんな経験があったとしても、すべて自分自身を丸ごと許しているということです。


はじめからできなくても大丈夫です。

誰からも愛されず、自分自身を愛することも全くできていなかったとしても、さまざまな人から愛され、応援され、支援されるという経験を経て、自分を愛することができるようになったという人も多くいます。


自分を許し、愛することができている人は、自信を持っています。

自分自身が完璧な存在であるかどうかは、この場合は問題ではありません。

自分を愛していれば、さらに魅力も増し、ますます愛される存在になります。

自分自身を許すこと、そして愛することは、結局自分自身が一番プラスになるのです。


もうひとつ、成功者は「他人は変えることができない」ということをよく知っています。

変えることができる唯一の存在は、自分自身以外にはいないのです。
「あいつを許せない」と人のせいにしている状態では、ただの愚痴になってしまいます。自分の人生は、自分で切り開きコントロールするしかないのです。


いかがでしたか?許すということは、かなり難しいことです。まずは、「許せない自分」を許すところから始めてみるのもおすすめです。そして「許します」と口に出して、それを自分で耳でも聞いて、暗示にかけていくのもひとつの方法です。
許すことで一番楽になるのは自分です。得をするのも自分です。自分のために、少し変わってみませんか。
何かのヒントになる部分があれば、とてもうれしいです。最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

最近なんだか不調...そんな時はたまった厄をデトックス

皆さま、ようこそ琥珀のブログへいらっしゃいました。いつもご訪問ありがとうございます。
秋の気配を感じられるようになってきました。気温の変化が激しいので、体調にはお気をつけておすごしください。

ちょっと体調が万全ではないな・・という風に、ちょっと不調を感じること方もいらっしゃると思います。
最近少し運気が下がっている、あまりいいことがない、なんとなく気分が下がり気味などと感じる時は、厄がたまっているのかもしれません。
家の中も、いつのまにかゴミやホコリが落ちているものです。人の体も、どんなに普段いいものを食べていても、知らず知らずのうちに悪いものがたまってしまいます。体も時々デトックスすることが必要です。生きていると悪い気や邪気もいつのまにかたまってしまいます。運気アップするためには、そんな厄も定期的にデトックスすることが欠かせません。
自分自身を浄化して、いい運を呼び込むヒントをお伝えします。よろしければ最後までご覧ください。

・あたためる
夏は暑いからとシャワーですませていませんか?湯船に浸かるのは、毎日できる強力なデトックスです。塩・日本酒・重曹・お酢などを入れるとより効果的です。体をあたためることで免疫力も上がりますし、リラックス効果もあり、老廃物も出すことができます。
お風呂で本が読めるようなグッズなどもありますので、時間がある時にはゆっくりとお風呂に入ることをおススメします。
岩盤浴やサウナ、ホットヨガ、また温泉に入るのも効果的です。

・言霊
感謝の言葉をこまめに言うようにしましょう。また、ネガティブなことは言わないようにすることはもちろん、耳にすることも減らしましょう。言葉の力は思っている以上に大きいものです。

・朝の時間
朝日にはとても大きなデトックスの力があります。起きたらまず、庭やベランダなどで朝日を浴びてみてください。

・森
木にも大きなパワーがあります。時々森林浴をしに出かけてみるのも効果があります。大きな気を見かけたら抱きついたり、さわったりしてみてください。大地のパワーを得た大きな木から、たくさんのエネルギーをもらって、自分がきらきらと浄化されている状態をイメージしてみてください。

・とにかく出す
老廃物、排泄物、涙、汗、鼻水や熱などは、出しきってしまいましょう。トイレは我慢しないでどんどん行ってください。体調が本当に悪い時には、熱や鼻水をおさえないでまずは出しきることです。普段元気な方なら、数時間だけ高熱が出たりすることもあります。これはまさに悪いものを出している発熱です。よっぽどの高熱でなければ、あわてて解熱剤を飲んだりせず、自然にまかせて様子を見てくださいね。
今の時期、涼しい場所にずっといないで、思い切り汗をかくことも大切です。お風呂も汗をかきますし、簡単な運動をすることもおすすめです。運動すると、汗が出るだけでなく血流もよくなりますので、体もほぐれ、さらに老廃物も出やすくなります。
泣きたい時は、思い切り泣いてください。涙と一緒に色々な思いも、一緒に流れていってすっきりします。

・人間関係
生きていると、それまで親しくしていた友人と疎遠になることもあります。自分がレベルアップしたり、ステージが変わったり、色々な場面で人間関係ががらっと変わることがあります。
その時は自然に任せて様子を見ましょう。きっと不要な人間関係が整理され、新たな出会いがあるはずです。


いかがでしたか?
生きていると、完全にきれいな人間というのは存在しないものです。日々たまっていく厄を落とし、浄化することは運気アップには欠かせません。まずは自分自身をデトックスして毒を出しましょう。そうすれば、出て行ったものの代わりに、自然にいいものが入ってくるようになります。
気がついた時に、定期的に自分ができるデトックスを心がけることで開運体質へつながっていきます。悪い気やエネルギーを一緒に出してしまうことで、プラスに変えていきましょう。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

どうしても嫌いな人

皆さま、琥珀のブログへようこそいらっしゃいました。いつもご訪問いただき、ありがとうございます。

さて、日々生きていると、楽しいことばかりではありません。
特に様々な場面で人間関係に疲れてしまっている方もいらっしゃると思います。
この人がいると、パッと明るくなる、たのしくなる、話していると癒される、学びがあるから会うのが楽しみ…なんていう方もいれば、この人だけはどうしても好きになれないという人もいるものです。

話しているとモヤモヤする、いちいち言動がすべて癇に障る、とにかく嫌い!、理由は色々あると思います。すべての人に好かれるという人は存在しませんから、嫌いな人がいるのは当たり前のことです。
ただ嫌な人のせいで、ネガティブな気持ちになるのはなるべく避けたいですね。嫌いな人が近くにいる場合は、どんな風に対処したらいいのでしょうか。ちょっとしたヒントをお伝えします。

・距離を置く
無理に嫌いな人とつき合うことはありません。適度な距離を保ってみましょう。嫌いなものは仕方ありませんから、なるべく顔をあわさない、SNSでも目にしない、同じ空間にいる時もできるだけ遠くにいるなどしてみましょう。
嫌な人のせいで、嫌な気持ちになることを少しでもなくすのが賢明です。

・距離を置くのが難しい時
同じ敷地にいる義家族、職場の直属の上司、デスクが隣の同僚、毎日来るお客さん、ゼミが一緒の友人…。
嫌だなと思っている人と、ある程度の距離を持つのが難しい場合もあります。
もしかしたら夫婦で、もうこれ以上は無理かもしれないという状況の時もありますね。同じ家の中で逃げ場もなく、とてもつらいですね。

そういう時の心構えとしては、相手の立場になってみることをおススメします。それができたら苦労はしない…という声が聞こえてきそうですが、ここは状況を少しでもよくできればもうけものだと思ってください。
こちらが嫌だなと思っていることは、ほぼ100%相手にも伝わっていると思っていいでしょう。向こうもちょっと苦手だ、と少なくとも思っている場合が多いと思います。
そしてあまりにも嫌だ、嫌いだと思っていると、ますますそのフィルターで接してしまいますので、さらに嫌いになり、ますます関係が悪くなる悪循環になります。

本当は言いたくないけど、相手を褒めてみるというのもひとつの方法です。探してみれば、どんな人でもなにか必ずいいところがあるはずです。どうしてもなければ、挨拶で構いませんので、声をかけてみてください。
笑顔で声をかけてくる人に、悪印象を持つ人は少ないものです。何かが変わるきっかけになるかもしれません。
返事があることを期待しないでやるのがコツです。

・なぜ嫌いなのでしょうか
なぜ、その人が嫌いなのでしょう。
もしかしたら、問題はその人ではなくて、自分自身の中にあるのかもしれません。
いつも楽しそうな毎日を送っている友人にイライラするなら、うらやましいのかもしれません。同僚のことが気に入らないのは、上司にひいきされているのが自分ではなく、彼だから。自分にはSNSでコメントが全然つかないけど、あの人はたくさん友達がいて毎回盛り上がっていて、モヤモヤしながらこっそり全部読んでしまう。
相手に問題があるわけではなく、実はこちらが勝手に嫌だと思っている場合があります。自分で認めてみましょう。ああなってみたい、うらやましい、いいなあと声に出してみてもいいですね。
上手に思えるようになってきたら、前ほどはその人のことが気にならなくなっていませんか?

・自分の中の正義
正論をいつも口にするけれど、ゆとりがなくてどうも疲れる人というのが存在します。
あまりにも自分の中の正義が強いと、周囲には煙たがられることがあります。さらに他人が自分の中の正義と違う言動をすると、どうしても許せなくなる場合もありますね。
主張や主義があることはすばらしいことですが、自分の正義正論を押し付けたり、それを振り回したりしていないでしょうか。自分がいつも正しいのに、あの人は全然ダメだ、どうも苦手だし嫌いだという場合もあるかもしれません。
相手の立場を考えることができたり、聞く耳を持っていたりすると、より自分も成長できるチャンスがあります。

・真似してみる
周りを見てみると、人間関係を上手にこなしている人というのが存在するものです。
私がすごく苦手な人を、あの人はうまくあしらっている。自慢ばかりするから嫌だなと思う人にも、あの人は素直にすごいね!と言えている。
嫌いな人のまわりにいる人を、一歩下がって見てみてください。
そこにヒントがあるかもしれません。
できる範囲でいいので、上手につきあっているなという人の真似をしてみましょう。思ったよりも簡単で、気持ちいいと思えるかもしれません。

いかがでしたか?
様々な場面で人間関係は切り離せないものです。できるだけ、円満な関係が築けるといいのですが、そうではない場合も多いですね。嫌いな人がいる、という状況は自分が成長できる機会でもあります。
何かのヒントになればとてもうれしいです。最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

幸せや奇跡は誰にでも起きる すべてのことが与えられていると知ることから

今日はあなたの周りにあるもの、起きること、すべてがあなたに与えられているものであり、いい方向へと導いてくれるものであるということをお伝えいたします。
どんなに嫌だと思う存在でも、解決できなさそうな問題が起きても、すべては与えられたものであり、その先にステップアップしていけることが必ず待っているのです。

自分の意識を変えれば、見え方も変わります。そしてすべてがつながり、いい方向へと導かれるようになっていきます。
すべてのことは、あなた次第ということを理解していただければ、あなたが望むものはぐんぐん引き寄せられるようになっていきます。
よろしければ、ご参考になさってみてください。

・誰でも幸せな人生を送ることができます
人はこの世に生まれてきて、色々な学びを経験しながら成長していきます。そして自分の望むものを手に入れ、幸せな人生を送ろうと、誰もが目標や夢を持って日々過ごされていると思います。
けれど順風満帆とはいかないときもあります。人に裏切られたり、辛い思いをされたり、大きな失敗をしたり、平坦な道ばかりが人生とは限りません。
次第にあきらめてしまったり、どうせ自分はこの程度のものと投げやりになったり、他の人をひがんだり、そんなスパイラルに入ってしまうのはとてももったいないことです。
すべての人は、幸せになれますし、ご自分の意識次第、行動次第でいつからでもやり直すこともできます。

不幸せになるために生まれてきた人は、ひとりもいないということを理解してくださいね。

・幸せになるためには
現代社会で生きていく上で、ひとりぼっちであるという人はほとんどいません。
あなたのまわりには、家族や友人、同僚、ご近所さん、同じ時間に会う人、よく行くお店の人、近所の犬、色々な人やものに囲まれています。
よく電車で見かける人も、縁があってそこに存在しています。
あなたが目にするもの、これから目にするであろうもの、すべてはつながっています。自分自身のリフレクトであり、自分が引き寄せているものだと言ってもいいでしょう。

自分が幸せになりたいと思うなら、まわりの人も同じように幸せになってほしいと願いましょう。すべてはあなたを反映してそこに存在するので、『すべてはあなた自身である』と考えてください。
自分を愛し大事にするように、まわりにあるもの、会う人、すべてを大事にしてみてください。
(自分のことを愛し大事にできないという人は、そこからスタートしてください。まずは自分自身をすばらしい唯一無二の存在であるということを知ってくださいね)

人・もの・環境など、取り巻くすべてのことが、自分のエネルギーの循環なのです。
自分が変われば、自分の周囲も同じように変わっていきます。
すべてのものに価値があり、すべてを丸ごと認めて受け入れてください。
どんなに嫌な人でも、あなたのために存在し、与えられているものだと理解しましょう。

「あの人が本当に嫌だ、いなくなればいいのに」という意識は、自分にも返ってきます。たいていそう思ってしまう人というは、相手も自分のことを同じように嫌っているはずです。
嫌な人だけど、あの人がいたから事態がこんな風に進んで、結局よかったのかもしれない、なんて思えることがあるかもしれません。
あの数年間はとてもしんどくて辛かったけど、そこでの学びが今になって役立っている、そう思える日が来るかもしれません。

今だけにフォーカスを当てると、未来が読めなくて行き詰まりを感じるかもしれませんが、神様というのは、思いもかけないようなストーリーを用意していたりします。
すべてはあなたのためにあります。
試練のように思えることも、後からつながってきます。
そこであきらめたり、ネガティブな感情を募らせたりするだけではなく、「なぜこれが今与えられているのか」「どうすればこの状況をうまく打開していけるのか」「どんな学びがあるのか」など、時々発想の転換をしてみてください。

・乗り越えられない試練はありません
大きな失恋をしたからこそ、成長できて新しい人に出会えることもあるでしょう。
大失敗をして仕事をクビになったからこそ、火がついてがむしゃらに突き進む原動力になり成功した、ということもあるでしょう。
どんなに嫌な環境でも、逃げ出したいと思うような家庭環境でも、必ず後で実を結んだり意味が分かったりする時が来ます。
すべてはあなたのために与えられたものです。
難しいことも多いでしょうが、時々「ありがたい」という気持ちを持ってみてください。
すべてはあなたのエネルギーの投影です。あなた自身だと思って、すべてのことに愛と感謝を持つように意識を変えようとするだけで、何かが変わっていきますよ。
「もう絶対に無理だ」ということは、この世にはありません。

大きなゴールに到達する前に、小さなゴールが必ず用意されています。
小さな目標達成を見逃さないようにして、そのたびにありがたいと思うようにしてみてください。

すべてはあなたの意識次第です。
神様は、あなたの味方です。
前向きに、愛と感謝を持って進む人には、さらに大きなバックアップを用意してくれます。

願いは叶うというのが真理であり、それをどこまで自分の中で落し込めているかがカギになります。まずは自分から変わりましょう。
まわりにあるものはすべて、与えられたものであり、いい人生になるように導いてくれるものなのです。まずは目の前のことを、ひとつひとつクリアにしていきましょう。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。


【成功理論】究極の成功法則とは?

皆さま、ようこそ琥珀のブログへいらっしゃいました。いつもご訪問ありがとうございます。
今日は成功するために、とても大切なある法則をお伝えします。
成功するためには、以前にもお伝えしましたが、「運」も必要になってきます。ですがこれは、運に左右されるということではありません。日々努力を続けているからこそ、いざという時に「タイミング」や「いい流れ」に乗ることができるのです。
努力の先に、運を引き寄せることができるということです。チャンスは誰の前にもあるもの。それに気づくかどうか、それを自分のものにできるかどうかというのは、日々何をしているか、何をしてきたかが問われるのです。


・成功への道は、「継続」
成功への道は、いかに日々努力を継続しているかということです。
継続することができている人は、もちろん結果もついてきますが、周囲からも認められるものです。
ある程度才能があって何でもこなせる人よりも、ずっとコツコツと築き上げてきたものがある人の方が、信頼できるもの。
成功するということは、人からの評価でもあり、そして誰かのためになっているから収入も増えるわけです。

仕事ですから、一定のクオリティやすぐに対応できるフットワーク、常に進化していく姿勢も求められますが、いずれも日々継続していることで培われるものです。
継続することが大切なのは多く人が理解しているところですが、一方でとても難しいということも周知の事実です。

例えばプライベートでも、
「毎日10キロ走る」
「毎朝5時起きで時間を有効に使う」
「ダイエットする」
「週3日以上ジムに通う」
「英会話を続ける」
こういった目標でも、続かなかった経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
日々決めたことを継続するためにはどうしたらいいのでしょうか。


・ゴールを明確にする
何を達成したいのか、それを明らかにするから今やることが見えてきます。
ゴールを決めたら、どうしたらそこへ到達できるのかを具体的に考えます。
また、なぜそれを達成したいのかという動機もあわせて考えておきましょう。

・簡単な目標から
大きなゴールとは別に、そこにいたるまで小さな目標もたてましょう。
達成感があると、続くものです。
どんな大きな目標も、小さな一歩からです。継続できなければ意味がありません。
まずはどんなに時間がなくても、どんなに疲れ果てていても、達成できる小さな目標を作って1週間続けてみましょう。

・自分には才能がないと認めましょう
どんな天才でも、不遇の時期があったり、裏でかなり努力していたりするものです。
いきなりトップに躍り出る人はまずいません。
自分には才能がない、努力しないと芽が出ない、そう思うからこそ続けられます。
謙虚に、常にライバルは自分自身だと思って、努力を怠らないようにします。
逆に本当の天才というのは、努力するのが難しい場合も多いものです。何でも簡単にできてしまうことが多いからなんですね。
あまり努力できない天才というのは、努力を継続することができる普通の人にいつか抜かれるものですよ。
どんな偉大な人でも、必ずそこへ至るまでのプロセスがあります。
いきなり大きなものを見るのではなく、いつかそこに到達するために、目の前のことを1つ1つしっかりと達成していきましょう。

・周囲を見回してみてください
あなたの周囲には、どんな人がいますか?
一緒に切磋琢磨できる仲間はいるでしょうか。
同じモチベーションを持つ友人がいるかどうかも、目標達成には大きな影響があります。少し怠け心が出てしまったり、挫折を味わったりしたときには、叱咤激励してくれる友人というのはとても貴重です。
または同じように目標に向かってがんばる友人の背中に、勇気づけられたりやる気が復活したりすることもあるでしょう。
身近にそういう人がいない場合は、人脈を作りましょう。
どうしても難しい場合は、自分が目標としたい人を見つけましょう。有名人でも、すでに偉大な人でもかまいません。自分もああなりたい、そんな目標となる人がいると心の支えになる時があります。
1人で続けるよりも、仲間や憧れの人がいた方が、継続するパワーになります。


継続力は、一朝一夕には身に着かないかもしれません。
少しずつ続けることで、自信にもなり、実績にもなっていきます。実績が積み重なって、周囲への信頼にもなっていくのです。
順調にいくとは限りません。
挫折を味わったり、人から批判されたり、伸び悩んだり、これでいいのかと迷う時もあるでしょう。
そんな時こそ、実はチャンスです。
設定の見直しができたり、改善点を見つけたりすることもできます。

継続力というのは、とても大きな財産になります。
どんなすぐれた人でも、小さなことからスタートしているはずです。まずはそこから始めてみましょう。




仕事運アップに大切な腕時計

毎日腕時計を身に着けていらっしゃいますか?
最近ではスマホやタブレットなどで時間が分かる、という話もよく聞きますが、時間を管理し、タイムマネジメントを考える点でも腕時計は大切なアイテムです。
テーブルをはさんで打ち合わせをしていても、上半身は相手から見られています。腕時計には自然と視線がいくものですし、その人のセンスや好みなども分かります。時には経済状況や社会的な立場などを判断されていることもあります。
ビジネスではもちろん、プライベートでも腕時計に気を配ることができていると、持ち主のステイタスも上がるのではないでしょうか。
風水的にも腕時計は重要なアイテムですから、ぜひ身に着けていただければと思います。よろしければ最後までご覧ください。

・腕時計で金運と人間関係の運気をアップ!
時計は、金運と人間関係の運気に関係すると言われています。
「時は金なり」という言葉があるように、時の運気をつかさどる時計は、金運アップのアイテムです。時間は誰にも平等に与えられているものですが、1日24時間と限られています。多忙な成功者にとってはお金よりも貴重だと考える方もいらっしゃいますので、腕時計にこだわりをもたれている方が多いものです。

・時計を買うときには
中古の時計は買わないようにしてください。誰が使っていたか分からないものは、前の持ち主の運気も反映されてしまいます。
ご自分で新しいものを買うのがいいのですが、知っている目上の方や成功者の方からいただいた良い時計をありがたく使わせてもらうのも吉です。
またビジネスにおいては、予算よりもワンランク上の時計を買うのがおススメです。少し奮発していいものを買うと、商談などがうまくいったり成績が伸びたりというお話はよくあります。ひとつの投資だと思って、少しこだわっていいものを身に着けてみてください。あまりにも高価で身の丈に合っていないものは、逆に自分の調子を損ねてしまいますので気をつけてください。少しずつ、いいものをステップアップしていけるといいですね。

〇デザイン
アナログ式の腕時計がおすすめです。針の動きが確認できる方が、より時の流れが意識できて運気アップに効果があります。
丸型のものは、人間関係やご縁に恵まれます。四角型は、円を描いて時を刻む流れを区切ってしまうので運気が悪くなるという説もありますが、仕事面では誠実さや信頼感が出たり、才能を発揮できたり、ひらめきなどが上手くまとまったりするなど、ビジネス運が向上します。

ベルト部分は、金運に直結する金属製がおすすめです。金色が入っているとなおいいですね。革が好みなら、上質な革製品が使われているもので茶色がいいですね。土の気を持つ茶色は、金運がアップします。

ブランド品の時計も、作り手の想いやプライドがこめられており、身に着けると気持ちが引き締まったり、背筋が伸びたりしますね。靴とペンと、そして腕時計は投資だと思ってご自分の好みにあういいものを選びましょう。

・気をつけるポイント
腕時計は時を刻むアイテムです。止まっている時計や、時間が遅れたりしている時計はあまりよくありません。壊れたり古くなったりしている腕時計は、仕事に支障が出たり、信用を失うようなできごとが起きたり、タイミングを逃すなどスケジュール管理にも影響が出てしまいます。運気がとても下がってしまいますので、修理に出すか、処分して新調してください。
また偽物のブランド品を使うのは著しく運気を下げてしまいます。いい格好をしたいだけならきっぱりとノーブランドで自分の好みのものを身に着ける方が、潔いですし次は必ずいいものを買おう!といういいエネルギーになっていきます。
時計に限らず、偽のブランド品はすべての運気を下げますので、気をつけてください。


腕時計に注目することで、時間の大切さや時間の流れを把握する意識が生まれます。時とともに成長していく運気を味方につけることもできる開運アイテムですので、ぜひ取り入れてみてください。
とにかく、ご自分がこれだと思ったもの、とても気に入っているもの、好みの時計というのが一番です。自分だけの時計、こだわりを持って選んだ時計というものが、大きな運気をもたらしてくれます。自分にあった素敵な腕時計を見つけてみましょう。
(ブログでご紹介している色・素材などは、一般的なものをお伝えしています。人によっては効果を感じにくい場合もございます。鑑定では個人的にあうものを選定し強力に運気アップとなるアドバイスをさせていただきます。)

<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ