HOME > 琥珀ブログ > その他 > 【心理学】無理しない方が、いい流れを引き寄せることがある

琥珀ブログ

< 【心理学】自分のために生きることが、幸せにつながる  |  一覧へ戻る  |  【成功理論】幸せな成功者になるために、大切なこと >

【心理学】無理しない方が、いい流れを引き寄せることがある

皆さま、本日もブログにお越しいただきありがとうございます。
 
東京・恵比寿で風水・占い鑑定をしている琥珀です。
 
人は日々、色々なことを考え、思考し、そして行動に移しています。
 
本心とは裏腹に、好きではない上司に愛想笑いをするということもありますね。
 
そんなときも、「この人には笑っておいた方がいい」という思考が働いています。
 
毎日それを繰り返していると、考えなくてもその人の顔を見ると、ひきつった笑いが自然と浮かぶ、
 
という風になるかもしれません。
 
そこまでいくと、無意識下で行動しているということになります。
 
 
人は、意識を持って考え行動している場合と、無意識に行動していることがあります。
 
玄関を開けて外に出たら、無意識に鍵をしているということもあるでしょう。
 
「家をしばらく空けるから、不用心になるから鍵をしよう」
 
といちいち考えて鍵を閉めている場合は少ないですね。
 
ドアを開けて外に出たら、いつの間にか鍵をしめていると思います。
 
無意識にしているので、後から「鍵をしめたかな?」と思い始めると、
 
まったく確証がなくて家まで戻ってしまった、という経験をされた方も多いかもしれません。
 
 
無意識下で行動していることは、「すでに確定している現実」とも言えます。
 
呼吸をするとき、「酸素がないと苦しくなるから、定期的に息を吸わないといけない。
 
吸ったら、今度は息を吐かないと苦しくなるから吐こう」
 
といちいち考えて呼吸している方はいないですね。
 
呼吸をすることは、考えるまでもなく、現実に起きることであり、実際に現実に起きています。
 
 
そんな風に、意識(24時間稼働している無意識を含む)をコントロールできれば、
 
そこで思考していることは「すでに起こっている」というイメージになり、現実になります。
 
無意識の領域に、「自分はお金持ちになる、なっている」というイメージがあれば、
 
実際にお金持ちになるという現実が引き寄せられるというのは、そういった流れになります。
 
 
けれども実際には、無意識で「お金持ちになる」という思考よりも、
 
「お金がたくさんあったら困る」「自分の器では、大金が入ることはない」という思考があれば、
 
現実にお金持ちになることはありません。
 
「結婚したい」と強く思っていても、「今の生活を変えたくない」
 
「結局うまくいかなくなるのなら、1人の方がいい」「条件に合う人がそういるわけがない」
 
と心の奥底で思っている場合には、やはりそちらの思考が現実になり、
 
相手が見つからない状況になります。
 
 
無意識のことは分からないと思われる場合は、
 
ご自身がいつもよく口にしている言葉を振り返ってみてください。
 
何気なく出ている口ぐせは、無意識とリンクしていることが多いので、注目してみましょう。
 
「やっぱり今日もうまくいかなかった」という言葉をよく発するなら、現実はうまくいっていません。
 
「やった、やっぱり自分は運がいい」とよく言われるなら、実際にあなたは運がいいはずです。
 
今まで生きてきた中で、様々な経験や知識が、潜在意識に落し込まれています。
 
自分でも忘れてしまったような自我や、トラウマ、思いこみといったものが、
 
時に「こうありたい」「こうなりたい」という願望を、無意識下から打ち消してきますので気をつけましょう。
 
 
また、あまりにも強い願望がある場合、それを叶えようと焦ったり、
 
必死で追い求めたりしすぎるのもよくない場合があります。「叶わない状況」
 
にフォーカスされてしまうので、叶わなくなってしまいます。
 
なんとか願いを叶えようとする行動が、「なんとか叶えようと必死になる現実」
 
だけを引き寄せていくのです。
 
時には、なるように身を任せることも大切です。
 
「本当は左へ行きたかったけど、なんだか右の道へ入ってしまう流れになった、まあいいか」
 
と思うことができれば、「まあいいか」という流れになります。右の道の方が、
 
結果としてよかったという現実が起きます。
 
「まあ、大丈夫だろう、いつもなんとかなっているし」と思うことで、よい結果が起きるのです。
 
 
時には、自分がこうありたい!と願うことが、実際には自分の器ではなかったり、
 
違う道がよかったり、タイミングが今ではなかったりということがあります。
 
流れに身を任せることで、自分が望んだものではなかったけれども、
 
実際はもっとよいものを手に入れられたりします。
 
 
こうなりたいのに、なかなかうまく事が運ばない…というような時には、
 
その方向ではないのかもしれません。思い切って、自分は大丈夫と信じて流れに身を投じてみましょう。
 
その時も、「今までもなんとかなってきた、きっとこれでいいんだろう」と深く考えず、
 
無理に行動せず、手放してみるイメージで、焦らないように身をゆだねましょう。
 
 
LINE@限定の特別鑑定を配信しております。ぜひ登録してみてください。
 
https://line.me/R/ti/p/%40woe8250b
 

カテゴリ:

< 【心理学】自分のために生きることが、幸せにつながる  |  一覧へ戻る  |  【成功理論】幸せな成功者になるために、大切なこと >

同じカテゴリの記事

【成功理論】幸せな成功者になるために、大切なこと

皆さま、今日もお読みいただき感謝いたします。
 
東京・恵比寿で風水・占い鑑定をしている琥珀です。
 
さて大きく成功している方ほど、目に見えないものを大切にしているように感じます。
 
もちろん現実をしっかりと見つめて努力を怠らず、成功を手にする方も多くいらっしゃいます。
 
また、たまたま運がよかったと言われる方もいらっしゃいます。
 
ただ突き抜けている方ほど、非科学的と言われるようなことを大切にし、
 
運気を上手にコントロールして味方につけているところがあります。
 
 
開運や占いなど、合理的ではないと一笑に付される方もあるかと思いますが、
 
何かの拍子にふと、目に見えない何かの力を感じるようなことは、誰にもあるのではないでしょうか。
 
また、お仕事などでたくさんの人と会うようなことがあれば、
 
「この人はなんだか他の人と違う」「波に乗っているすごいエネルギーを感じる」というような、
 
パワーあふれる方に会ったことがある、というような経験はありませんか。
 
 
とりあえずはなんとか暮らしていければいい、という考えもありますが、
 
人は皆さま生まれながらに何かの課題を持っているものです。
 
ご自身が、こういうことを今世でやってみたい、こんな挑戦をしてみたいというものをお持ちのはずです。
 
 
そしてそれぞれに、生まれながらの器というものがあります。
 
すべての人が、同じことを同じような熱量でやれば、等しく成功するのかというと、そうではありません。
 
ビジネスにおいても、起業して自分でやっていくのが合っている方もいれば、
 
大きな組織の中で力を発揮できる人もいます。それは元々の器が、それに合っているということになります。
 
ですので、成功したいから起業しなければ!と思いこむのは、やや早計です。
 
起業した方がいいのかもしれないけれど、どうもその勇気が出ない、
 
乗り気にならない…というような方は、元々の器や、
 
生まれ持った課題がそちらではない可能性が高いのです。
 
まずは、自分自身をよく知ることが大切です。周囲に流され、
 
なんとなく違和感をおぼえながらやっていても、器がそれに見合わなければ、
 
どんなにチャンスが来ても何かを達成することは難しく、さらには器に入りきらない部分が、
 
周囲を巻き込んでトラブルに発展してしまうこともあります。
 
自分をよく知ることと、自身の器を鍛えること、そして自分のバイオリズムを確認しておき、
 
今どのように対処すればよいかを分かっておくことも大切です。
 
人生には雷雨の時もあれば、厳しい雪の時もあります。そんな時にいくら攻めても、
 
効率が悪いばかりでいざという時のエネルギーが足りなくなってしまいます。
 
 
チャンスは、どなたにも平等に与えられています。
 
なかなか機会がないという方は、チャンスが来ても気づかないか、ものにできないということなのです。
 
普段から、チャンスが来ればすぐに分かるように、そして必ずものにできるように、
 
ご自身を訓練しておかなくてはいけません。普段から心がけているからこそ、
 
体の細胞も敏感に反応します。さらに日々の訓練が、潜在意識にすり込まれていきます。
 
 
誰もが、自分がやるべきこと、課題となるものを持って生まれてきています。
 
人と同じことをしても、元の素質も器も違います。
 
ご自身のことを知り、才能と器を鍛え、自分の価値を高めて世の中に貢献していくという流れが、
 
運を呼び込むことになります。
 
 
自分が持っている使命、課題は、お金にならなくてもずっと苦にならずできることでもあります。
 
それを追及していくことで、運気があがり、財運もついてきます。
 
最初からお金のことだけを考えて動いていては、真の成功へたどりつくことは難しくなります。
 
もちろん、願望や野望はなければいけません。
 
そして自己実現のために行動し、与えられたステージで精いっぱい努力し、
 
それをいかに多くの人に還元できるかというところまで意識できれば、
 
結果として運気も収入も上がっていきます。
 
 
成功する方は、運をつかむのが上手です。そして運気の波に乗ったとき、さらに上昇しようとします。
 
ある程度で暮らしていけたらいい、ではなかなか運を味方にするのは難しくなります。
 
いつまでも上をめざし、日ごろから器を鍛え、徳を積み、バランスよく成長していくことが、
 
開運へとつながります。
 
自分らしく生きて自分の使命を果たし、自分の幸せを追及すると同時に、人のために、
 
そして社会のために幸せを分かち合い還元しようとする方は、運気が後押ししてくれます。
 
ぜひ、しっかり開運して運気の波に乗り、幸せな成功者を目指していただきたく存じます。
 
 
 
※ご自身のバイオリズムを読み解くなど、
 
詳しく個人の鑑定を希望される方はお気軽に琥珀の鑑定をお問合せください
 
 
LINE@限定の特別鑑定を配信しております。ぜひ登録してみてください。
 
https://line.me/R/ti/p/%40woe8250b
 
 

【心理学】自分のために生きることが、幸せにつながる

 
皆さま、本日もブログをお読みいただきましてありがとうございます。
 
東京・恵比寿で風水・占い鑑定をしている琥珀です。
 
さて現代の日本は、生きづらいと感じる人が多いように思います。
 
便利な世の中になりましたが、そんな風に思う方が多いのはなぜでしょう。
 
色々なケースや理由があるかと存じますが、皆さまは自分のために生きていますか?
 
誰かのために生きてはいないでしょうか。
 
「人のために生きる」ことは素晴らしいことです。人のために自分を犠牲にしてもがんばる、
 
誰かのために必死で働く、他人に笑われないようにしっかり生きる、
 
そんな考えにとらわれすぎていないでしょうか。
 
人のために生きることは、素敵なことです。何かをしてあげたいと思う人がいるのは、幸せなことですね。
 
例えば、親が子供のために、すべてを犠牲にして必死で働いてきたというのはよく聞くお話です。
 
けれど、その結果、成人した子供からは何の感謝もなく、家にも寄り付かなくなって、
 
それならもっと自分の人生を楽しんだらよかった、という結果になることもあります。
 
また、本当は自分のやりたいことがあったけれど、そちらを選択したら家族も悲しむし、
 
友人からも非難されるし、周囲の顔色をうかがいながら無難なレールに沿って生きてきたけれど、
 
今はあの時踏み出しておけばよかったと後悔しかない、なんていうケースもあるでしょう。
 
 
人のために何かをしてあげられることは素晴らしいことですが、注意しなくてはいけないことがあります。
 
「その選択は、自分を偽ったり、自分を押し殺したりはしていないか」ということです。
 
 
〇こうすれば喜んでもらえる
 
〇こちらを選択しておけば、周囲に評価してもらえる
 
〇これをしておけば、非難されない
 
〇周りに嫌がられないことをしておこう
 
 
そんな基準で物事を進めていると、誰かに喜んでもらえなければ自分も喜べない、
 
他者に認めてもらえなければ自分の存在は無意味だ、という状況になってしまいます。
 
自分がなくなり、他者に依存している状態になるのです。
 
 
誰にも嫌われないようにと、家族や友人、職場など、あらゆる場所で人の機嫌を取る行為を続けていると、
 
ますます自分がなくなり、他人の評価に依存してしまうようになります。
 
 
人のためにと思ってしていることがあまり評価されなかったり、
 
周囲の顔色をうかがいながら決めたことなのに批判されたり、
 
嫌われないようにと行動したはずなのに結局敬遠されてしまうという状況になると、
 
自分がない状態なので振り回されてしまい、結果として精神的に病んでしまったり、
 
状況がさらに悪化するということにつながります。
 
 
「自分」がない状態を続けていると、さらに同じような状況を作り出します。
 
なぜなら、自分で自分がない状態を選んでいるからです。潜在意識下でも、
 
「自分がない」状態にOKを出していることになり、ますます他者依存の状態を引き寄せることになります。
 
 
自分の幸せは自分で決めなくてはいけません。
 
他人がどう思うかではなく、自分がまずどう思うかを大事にしてみましょう。
 
自分の気持ちに正直になる、やりたいと思うことをひとつずつやってみる、そんなことの繰り返しで、
 
ご自身が輝きはじめます。
 
人のために動くより、自分のために動くことで、「自分に期待する」という気持ちが出てきます。人に期待すると、何かあった時に「裏切られた」という気持ちが出てきますが、自分に期待することは無限大です。
人生の主人公はあなたであり、他人ではありません。
 
親が子供のためにという行動は、子供の視点から見た時には、
 
子供は親に楽しく自分らしく生きてほしかったと思うこともあるでしょう。
 
親も、子共には自分らしく生きてほしいですよね。
 
中には、子供には老後の面倒を見てもらいたい!と主張している方もいらっしゃるかもしれません。
 
両親にはお世話になったからと、子供さん自身もそれを望んでいるなら、
 
お互いが幸せにやっていけるでしょう。やはりここでも、親御さん、子供さん、
 
それぞれがどうしたいかが幸せの鍵になります。
 
 
完ぺきな人間はいませんし、完ぺきな人生もありません。
 
誰もがうらやむ、100パーセント完全な生き方というものも、ありえません。
 
自分が自分らしく生きることこそ、自分の人生を幸せにし、さらに周囲の人も幸せにしていける方法なのです。
 
 
生きづらいと思う人は、時々、自分のための時間を持っているか、
 
人の顔色をうかがいすぎてはいないか、考えてみてください。
 
人のためにと思ってやっていることがあるなら、
 
 
相手の立場で考えた時にそれは今後も続けた方がその人の本当にためになっているのか、
 
考えてみましょう。
 
不完全でもかまわないので、自分らしく自分のために生きることが、
 
結果として人のためになるということもあります。
 
人生一度きりですから、後悔のないように、ご自分の人生を過ごされてください。
 
 
LINE@限定の特別鑑定を配信しております。ぜひ登録してみてください。
 
https://line.me/R/ti/p/%40woe8250b

【仕事運】縁起のいい柄の添え文で、ビジネスでのご縁が広がります

本日も、開運に役立つヒントをお伝えいたします。
 
東京・恵比寿で風水・占い鑑定をしている琥珀です。
 
今日はちょっとした心遣いで、人間関係がよくなる小物のおススメです。
 
ネットが普及した今でも、お仕事で紙の書類をやりとりしたり、
 
直接何かを差し上げたりといったことがあります。
 
そんな時に、少し余裕があれば付箋や一筆箋を添えると良いですね。
 
ビジネスと言っても、やはり人と人とのつながりが大切です。
 
ちょっとした言葉で、相手にも気持ちが届きます。
 
 
一筆箋は、手書きの言葉だけでもお互いに心がほっこりしますが、罫線だけのシンプルなものよりも、
 
デザインが入っているものの方がより効果があります。
 
自分が気に入ったデザインのものもおすすめですが、
 
お仕事なので相手の運気もよくなるような柄のものを選ぶと良いですね。
 
相手に喜んでもらえると、その波動は自分にも返ってきます。相手を思いやることで、
 
自分の運気もよくなりますので、添え文をするときには意識してみてください。
 
 
事務的な連絡のみのような場合には、柄やデザインのものよりはシンプルな方がいいこともあります。
 
そんな時には、明るい色の一筆箋を使ったり、
 
ラッキーカラーが入ったりしているような添え文箋を選んでみましょう。
 
罫線だけで紙の色合いが暗いものを使うと、相手も見た時にそんなに気分が上がらないかもしれません。
 
ぱっと心が晴れるような色合いのものを添えるだけでも、相手も嬉しくなります。
 
ただの小さな紙ですが、ちょっとした一言にも、お人柄が出ます。気持ちをこめて一筆箋やペンを選んだり、
 
丁寧に書いたりすると、少ない文字数でもそこには送り主の気持ちが入ります。
 
相手に気持ちを届けるつもりで、添えてみましょう。
 
 
・縁起のいい柄
 
富士山はもちろん昔から日本のシンボルであり、幸運を招く神が宿る山とされています。
 
他にも、鯛やひょうたん、だるま、亀、ヘビといった昔ながらの縁起がよいとされる柄が
 
入っているものはおススメです。
 
ウサギも月の使者と言われ、ツキを呼ぶ縁起のいい動物とされています。
 
また、金魚も文字通り「金運」に通じ、中国でも縁起がよい生き物と考えられています。
 
英語でもGoldfishですね。
 
 
・植物の柄
 
お花や緑などの柄が入っているものは、読む人の気持ちを上げてくれます。
 
本物のお花も、一生懸命に見ている人を癒そうとしてくれますが、
 
柄からもそのエネルギーを感じることができます。
 
その季節のお花を、少し先取りして使うことで、これから来る季節に心躍り、
 
いい運気を呼び寄せてくれます。
 
きれいなアジサイの柄が入った一筆箋を、アジサイの季節の少し前に使うと、
 
相手を思いやる送り主の心遣いが表れるのです。
 
 
・人間関係の運気をアップ
 
ご縁は、風が運んでくるとされているので、人間関係をよりよくし、
 
今後も発展させていきたいと考えているなら、風を感じるものをモチーフに一筆箋を選ぶのもおススメです。
 
例えば、雲や空の柄や、空を飛ぶ飛行機や鳥、羽、風船といったデザインのものを添えると、
 
より強いご縁が生まれます。
 
人間関係だけではなく、お互いがより高いところへ飛翔し昇っていくという意味合いも入りますので、
 
風をイメージできるモチーフは、自分も相手も運気を上げることができる縁起のよいデザインになります。
 
 
文具屋さんに行くと、様々なデザインものや、落ち着いた色合いのものなども豊富にありますので、
 
時々自分の目で見て用意しておくと、いざという時にさっと忍ばせたり、添えたりすることができます。
 
ちょっとした心遣いが相手の印象に残り、
 
さわやかな風を運んできてくれてご縁が発展するということにつながります。
 
 
普段はメールやデータのやりとりが多いという方でも、
 
何かの機会に一筆箋を添えることがあるかと存じますので、
 
文具屋さんを見かけたら立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
 
 
LINE@限定の特別鑑定を配信しております。ぜひ登録してみてください。
 
https://line.me/R/ti/p/%40woe8250b
 

心の奥底にあるものが見える?「夢日記」をつけてみましょう

 
皆さま、今日も琥珀のブログをお読みいただきありがとうございます。
 
東京・恵比寿で風水・占い鑑定をしている琥珀です。
 
さて、夢は誰でも見ていますが、はっきりと思い出すことは難しいことが多いものです。
 
 
人は寝ている間に、何度も夢を見ていると言われますが、目が覚めると急速に薄れて、
 
「なんだかおもしろかった」「怖かった」などの思いだけになり、そのうちそれも消えていきます。
 
 
夢を見ている時は、普段わたしたちが現実世界を見ている時とは違うところで見ていると言われています。
 
「無意識」のところで夢を見ているため、目が覚めて「意識」の世界になると、
 
無意識の部分で見た夢は急速に潜在意識の奥へと消えていくのです。
 
ですから夢を覚えていないと思っていても、無意識の奥にしまわれているだけなので、
 
何かの拍子に思い出したり、きっかけがあればふと夢のストーリーが出てきたりします。
 
また、夢を見ることで、自分に現実に起こったことや問題などを整理して、
 
必要なものと不要なものを選別し、いるものだけ記憶に残してくれたりもします。
 
 
夢は無意識とつながりがあるため、ご自身の本当の部分が現れます。
 
意識がはっきりしている間は出てきませんが、寝ている間は意識よりも無意識の部分が強く出てきます。
 
そのため夢を振り返ることで、無意識の部分にある自分の願望や、何かの暗示、
 
また抱えているストレスやその原因などを知ることができます。
 
夢はご自身の深い心の奥にあるものを描き出してくれますので、夢日記のようなものをつけてみると、
 
ぼんやりとでも見えてくるものがありますし、後から読み返した時に腑に落ちたりすることもあります。
 
 
すぐに夢は記憶のかなたへと行ってしまいますので、眠りからさめたらすぐに書きとめられるように、
 
枕元にペンとメモ帳を置いておくといいですね。
 
思いついたものから書いていきます。意味がある文章でなくてもかまいません。
 
意味がないように思えることでも、また書くのがためらわれるようなものでも、次々と書いておきましょう。
 
その時は分からなくても、いくつかの夢をまとめて振り返った時に気づくことがあるのです。
 
 
虫の知らせや、正夢、逆夢という言葉もあり、怖い夢や不安になるような夢を見た時には、
 
それが現実になったらどうしようと思うこともあります。
 
何か悪いことが起きる前兆ではないかと悩んだりもします。
 
夢はすぐにぼんやりとした形のないものになってしまうので、
 
はっきりとは覚えてないけれど嫌な予感がするという風に、
 
ネガティブな思いだけが残ったりしてしまいがちです。
 
逆に、とてもいい夢を見たらしばらく嬉しくて、幸福な気持ちになるでしょう。
 
それぞれの夢や、内容によって、それが暗示するもの、何を示しているのかは個々によって異なります。
 
けれども、夢をきちんと書きとめ、ご自身の深い部分にある何かを分析することは、
 
成長につながりますし、いい方向へと導いてくれる手助けとなります。
 
もし大切な人が亡くなってしまう夢を見た時には、
 
ひとりでしっかりと生きていく覚悟を決めないといけないという思いが夢になったもので、
 
1人で判断して行動することを促す知らせなのかもしれません。怖い夢を見たからと言って、
 
悪いことが起きる前兆とは限りませんから、それほど悩まなくてもいいのです。
 
 
夢日記をつけていると、ここ最近でこんな夢を見ていたのかということが分かり、
 
そこから自分の心の奥底に潜んでいる本当の感情や、
 
人生のガイドラインが浮かび上がってくることがあります。
 
ただ怖い夢を見て心配になるよりも、しっかりと無意識から来る夢に向き合い、
 
ご自身がよりよい日々を送れる原動力にしてみましょう。
 
どうしても気になる夢を続けて見る、どう考えてもこの夢のことが解読不可能で気になるなどありましたら、
 
お気軽に琥珀の鑑定をご依頼いただけましたらと存じます。読み解くお手伝いをさせていただきます。
 
夢はあなた自身の気持ちの整理をしてくれたり、バランスを保ってくれたりする役割もありますから
 
そのメッセージを逃さないようにメモに残してみることをぜひお試しください。
 
 
LINE@限定の特別鑑定を配信しております。ぜひ登録してみてください。
 
https://line.me/R/ti/p/%40woe8250b

色を意識して開運するコツ

 
みなさま、今日も琥珀のブログをお読みいただきましてありがとうございます。
 
本日も琥珀ブログにお越し頂きありがとうございます。
 
さて、風水ではよく「黄色は金運アップ」「恋愛にはピンク」など、よく聞く色の取り合わせや、
 
その年のラッキーカラー、色と方角の組み合わせなどで運気を上げるといった、
 
色で開運というものがございます。
 
確かに金運には黄色を意識するとよいのですが、
 
すべての方が財布を黄色や金色にすれば間違いなく金運が上がるのでしょうか。
 
自分が嫌いな色を、ラッキーカラーだからなるべくいつも身に着けるとよいからと、
 
嫌々でもその色を意識していると、運が開けるのでしょうか。
 
 
もちろん、一般的な風水を実践することで整うものもたくさんあります。
 
掃除が苦手な方が、風水と出会って、この辺りだけでもいつもきれいにしておこうと意識すると、
 
そこから気の流れがよくなり、運気が変わります。
 
また幸せな色だからと、それまでは苦手だったピンクを取り入れることによって
 
雰囲気がよくなることもあります。
 
幸福を色で表現すると、ピンクという回答が世界共通で多いこともあり、
 
周囲からなんだかあの人は幸せそうだと思われることで、いい流れを引き寄せることもあります。
 
 
個別の風水鑑定をした上で、ご自身の運気が上がる色をお伝えすることもございます。
 
それでも、一番の開運になるのは、実はご自身がその色を気に入っているかどうかというのが、
 
とても大切になります。
 
どうしてもその色に違和感があると思いながら取り入れるよりは、
 
きっぱりと自分が好きなものに囲まれることで、
 
それがあなたを幸せへ導くラッキーチャームになるのです。
 
風水のアドバイスを受けて、その上でなお違和感があるようならご自身の気持ちに寄り添いましょう。
 
赤い財布が今のあなたにはベストだ!と言われて、赤はお金が燃えてしまいそう…
 
と違和感をおぼえるようなら、
 
無理をせず、違う色の気にいったお財布を持ち、
 
赤い小物をお財布にひそませる…という風にしてもかまわないのです。
 
最後はご自身の感性を信頼しましょう。
 
風水では直観も大事であるとされています
 
。直観力を磨くことも、幸せへの道につながります。直観を鍛えるには、
 
まず自分がいつも幸せであると感じること。そのためには、好きなものに囲まれていることが大事です。
 
 
ある程度の風水アドバイスを取り入れた上で、「幸せになれそう」
 
「落ち着いた気分で取り組めそう」「見ていると嬉しくなる」「日々楽しい」
 
と思える色を意識すると良いですね。
 
また、個々の状況や目指すものなどは、その時々によって変化します。
 
お子さんが小さいようでしたら、
 
その時期は元気に育つようにとの思いをこめて壁紙やカーテンの色をあわせるのもよいでしょう。
 
大切な商談がある、資格試験があるという時期には、
 
この色がよいとされる色で自分も集中力が上がると思える色をチョイスするといい気がめぐってきます。
 
 
一般的によいとされる風水のアドバイスをふまえ、さらにご自身が楽しく選んで、
 
その時にピンと来た色、これで運気が上がりそうだと思った色を意識することで、
 
さらによいことが引き寄せられます。
 
めぐりめぐって、ラッキーカラーだと言われた時は違和感があったけれど、
 
今はその色が好きだと思える時が来たら、さらにいい運気が来る前触れだと思ってみてください。
 
 
風水では、運命とも表現される自分の「天命」を知り、風水の力を活かして
 
「地」の運気を上手に受け取ることで幸せへ導かれるとされています。
 
運気をしっかりと受け止める、「人」つまり私たちの心の器をはぐくむことも大切です。
 
好きなものに囲まれ、幸せだと感じることで、この「人」の運気は上がっていきます。
 
風水のアドバイスに悩んでしまうような時には、ご自身がいいと思えるものをそろえてみましょう。
 
「人」が心地いいと感じ、幸せだと思えることで、風水のパワーがさらに増していきます。
 
「天」「地」「人」の3つで、まず大切にしなくてはいけないのは、「人」なのです。
 
ご自身の感性をまず大事にしてみてください。
 
 
LINE@限定の特別鑑定を配信しております。ぜひ登録してみてください。
 
https://line.me/R/ti/p/%40woe8250b

このページのトップへ