HOME > 琥珀ブログ > 仕事運 > 【心理学】ミスをした時やクレームを受けた時は、信頼関係を作る最大の機会

琥珀ブログ

< 【財運】お金の住みかを定期的にリフレッシュ  |  一覧へ戻る  |  【心理学】働きすぎてしまう人の心理 >

【心理学】ミスをした時やクレームを受けた時は、信頼関係を作る最大の機会

本日も琥珀ブログにお越し頂きありがとうございます。
 
東京・恵比寿で風水・占い鑑定をしている琥珀です。
 
 
春になり、新しい生活を始める方も多くいらっしゃいます。
 
慣れない生活やお仕事など、大変なことも多いかと存じますが、
 
新たなチャレンジはご自身が成長できる機会でもあります。
 
お体など無理されませんよう、目の前のことをひとつひとつクリアしていかれますように。
 
必ず道はひらけます。
 
 
さて、慣れないことをしている時は、ミスをしてしまいがちです。
 
人間ですから間違いは誰にでもあります。ミスをゼロにすることよりも、
 
起きてしまったミスにどう対応するかが問われます。
 
何かあった時に相手方から苦情やクレームが来ることもあります。
 
誰でも、文句を言われたり怒られたりすることが分かっている場に行くことは、
 
大変気が重いものですが、そういう時こそ真価が問われます。
 
逆に言えば、そのような時に誠心誠意、相手の気持ちを汲みながら対応できれば、
 
その後一転してその相手の方と、とてもよい信頼関係を築くことも可能です。
 
 
ビジネスでもプライベートでも、人間関係を元に成り立っていますので、
 
何かあった時にどのように対処すれば最善なのかを知っておくことは大切です。
 
今日は、避けて通れないミスをしてしまった時、文句や苦情を受けた時の、
 
対応方法のヒントをお伝えいたしますので、よろしければ最後までお読みいただけますと幸いです。
 
 
・相手の話を聞き、寄り添うことが大切
 
クレームや文句を言うという行為は、言う側にも大きなエネルギーが必要です。
 
相手には何かを伝えたいという強い思いがありますので、受け止める側はまず聞く姿勢、
 
そして発言の裏にある相手の気持ちに寄り添うことが大切になります。
 
 
ただ謝罪の言葉を冷静に繰り返し、規則通りの対応をするだけでは、相手には響きません。
 
例えばこちらのミスで、用意したものが間違いだったという場合、交換しますとか、
 
発生した損害に対して対応しますということだけを発言していても、
 
相手の心には届かないことがあります。
 
例えばそのミスによって、相手の方が、上司に顔向けできないような事態になっている場合には、
 
その心情にも触れ、そのことについても謝罪した上で、
 
相手の上司に直接私も謝罪しにうかがいたいというような対応をすると、
 
相手には理解してもらえたという安心感が生まれます。
 
そしてそこまでの対応をしてもらえるということで信頼感が生まれます。
 
 
文句やクレームには、その奥にある理由に気づくことが大切です。
 
まずは相手の言い分をしっかりと、一言ももらさずに聞くことが重要です。
 
こちらは、「いや」「でも」などの否定の言葉を使わず、
 
しっかり向き合っている姿勢を見せましょう。
 
相手の話の中にいくつもヒントがあるはずです。
 
表面的な事象だけではなく、奥にある相手の気持ちに寄り添えるようにしてみてください。
 
また、その際、相手が大変にヒートアップしている時は、
 
こちらも同じように声のトーンを上げて、共感・同調するようにします。
 
相手も自分だけが興奮していて聞く方が冷静だと、逆に興奮が大きくなってしまうことがあります。
 
相手に落ち着いてもらうため、声やトーンをあわせるペーシングをしながら、しっかり聞くことが大事です。
 
 
・こちらの事情よりも、相手に寄り添う
 
クレームを受ける側も人間ですから、謝罪しながらも「自分は悪くないのに」
 
「私だけのミスではないのに」「一般的によくあることだし」
 
「そんなことでそんなに怒らなくても…」「こちらにも事情があるのに」などという思いがあったりします。
 
そんな思いを持って嫌々対応していると、どうしてもその心情が透けてみえます。
 
また逆に、「悪いことをしてしまった!」「申し訳ない事態になってしまった」
 
と自分をとても責めている場合も、それが苦しくて責任転嫁してしまうケースもあります。
 
 
こちらの事情は横に置いておき、ただ相手の気持ちに寄り添うことで、
 
相手の心に響く謝罪の言葉が出るようになります。
 
 
まずは謝ること。そして共感しながら相手にあわせつつ、ひたすら聞くこと。その上で、
 
こちらの状況と対応を伝え、相手の気持ちの奥にある部分にも誠心誠意の言動を示す。
 
相手にすれば、言いたいことがあって言いに来ているので、真摯に聞いてもらえ、
 
大切にしてもらえたという思いが出ることで、一気に気持ちがプラスに転じることがあります。
 
 
文句を言いに来ている相手も、人とのかかわりを避けては通れないわけですから、
 
誰とビジネスをしても、お互いミスをしたり何か問題を起こしたりしています。
 
そんな状況の中、あの人はいつも心から誠意をもって対応してくれるという
 
信頼関係ができてくると、何かあってもまたリピートしてもらえるようになります。
 
何かあった時の対応が最悪だと、二度と一緒にかかわることは不可能になってしまいますが、
 
こちらの事情よりも相手に寄り添い、さらに自分が損をしても相手のために何かしたい、
 
挽回させてもらいたいという気持ちを見せることができれば、次につなげていくことが可能になります。
 
「対応してもらえたのが、あなたでよかった」などと言われると、大きな喜びと自信にもなりますね。
 
 
もちろん、相手によっては、ただちょっとしたミスに対して過剰反応をしたり、
 
到底応じられない賠償などを請求したりしてくることもあります。
 
そういった場合は、きちんと対応した上で、毅然とできることできないことを伝えることも大切です。
 
 
しっかりした芯を持って、相手に寄り添い真摯な対応ができる方は、
 
ビジネスだけではなく、どこに行っても人から大切にされ、多くのよい人脈を築くことができるでしょう。
 
目の前のひとりひとりから、ご自身の人間関係ははじまっています。
 
ミスや失敗はない方がもちろん良いのですが、何かあった時こそご自身が成長できるチャンス、
 
そして信頼関係を増やせるチャンスだと思って対応されてみてください。
 
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。
 
 
LINE@限定の特別鑑定を配信しております。ぜひ登録してみてください。
 
https://line.me/R/ti/p/%40woe8250b
 

カテゴリ:

< 【財運】お金の住みかを定期的にリフレッシュ  |  一覧へ戻る  |  【心理学】働きすぎてしまう人の心理 >

同じカテゴリの記事

【心理学】働きすぎてしまう人の心理

 
ブログをお読みいただき、本日もありがとうございます。
 
東京・恵比寿で風水・占い鑑定をしている琥珀です。
 
夏王朝開運術では、風水と心理学によって人生をよりよい方向へと導くお手伝いをさせていただいています。
 
成功したい、確実な成果をあげたい、運気を上げて状況をよくしていきたいと希望されていらっしゃる方が
 
多くご利用されています。
 
 
成功するためには、目標を持ってそこに到達するために日々努力をしなくてはいけないと、
 
ひたすら寝食を惜しんで仕事をされるケースがあります。
 
とにかく時間を惜しんで作業しなくては結果が出ない、人に任せず自分でやった方がよい、
 
休むことに罪悪感をおぼえる…そしていつも働きすぎてしまうといったケースです。
 
本当に仕事が何より好きで、ずっと働いていても苦にならず、

目いっぱいいきいきと動き回っていて、
 
プライベートもアクティブに充実しているという方も中にはいらっしゃいます。
 
また、時には何かを達成するためなど、オーバーワーク気味になることが必要な時もあります。
 
 
けれど、常に必要以上に働いてしまう、休むことができない、気になって早く帰ることができないなど、
 
働きすぎが常態化してしまっていると、いつの日か体や心を壊すなどの影響が出てしまうことがあります。
 
さらに、仕事ばかりしていると、家族など大切な人のことをおろそかにしてしまい、
 
関係がうまくいかなくなってしまうことも。
 
 
適度に仕事をすることができない、いつの間にか多忙になってしまう、
 
このままでは体調を崩しそうなのに休むことができない、
 
楽しそうに仕事をしている他の人が時々うらやましいなど、
 
「そこまで働かなくていい、働きたくないのに、結局ハードワークになってしまう」
 
という状態の心理は、どのようなものがあるのでしょうか。
 
 
・自己肯定が低い
 
仕事である成果を出すことで認められたい、仕事をやらないと自分には価値がなくなる、
 
仕事を通して一目置かれたい、自分が無理しても誰かの役に立ちたいなど、
 
自己評価が低いため、仕事をがんばりすぎる場合があります。
 
終わりがないので、このタイプの方はいつまでも働きすぎの状態が続いてしまいます。
 
 
・責任感が強い
 
この仕事は自分にしかできない、自分がやるのが一番早い、人に頼むことができない、
 
一人で抱え込んでしまうといった場合は、完ぺき主義であったり責任感が強かったりします。
 
周囲もあの人に任せておけば大丈夫と、よりその状況がひどくなる可能性もあります。
 
 
・自尊心が高い
 
プライドが高い、負けたくない、という方は、無理をしてもトップを守ろうとしたり、
 
常にいい成績を保とうとしたりしてしまいます。
 
このタイプの方は、ちょっとした失敗や、結果がふるわなかった、
 
上司からの評価が低かったなどといったことで、
 
再起が難しくなるほど落ち込んだり傷ついたりしてしまうことがあります。
 
 
・不安が強い
 
自分の仕事は終わっているのに周囲の目が気になって帰れない人、
 
仕事の内容よりも長時間仕事をすることで安心する人、出来を気にしていつまでもやり直してしまう、
 
といった場合は、自分に自信がなく、長く仕事をすることで満足を得ようとします。
 
 
・他に心配事がある
 
家庭内に不和がある、パートナーシップがうまくいっていない、別件の仕事のミスなど、
 
心配事があり目をそらすために仕事に打ち込み過ぎることがあります。
 
その場合は、きちんと問題点に向き合っていない自分に対して、罪悪感を持ってしまい、
 
ますます働くという悪循環になってしまいます。
 
 
 
楽しく順調に成果を出しながら、仕事ができていればいいのですが、
 
「最近疲れがかなりたまっている」「朝が辛い」「必要以上に仕事をがんばりすぎている」など、
 
SOSのサインが出ているようなら、働き過ぎではないのか、どうしてオーバーワークをしてしまうのか、
 
ご自身を見つめ、解決策を講じてみましょう。
 
 
自分の仕事量が多いのでは、という声を上げてみましょう。案外すんなりと受け入れられて、
 
改善するかもしれません。もしかすると、その仕事が自分にはあっていない可能性もあります。
 
個々の適性がありますので、思い切って職場や配属を変えることで、能力を活かし、
 
効率よく仕事できるようになることもあります。
 
 
上手に周囲に頼んでみましょう。
 
周囲の人が育てば、チームとしてより幅広い仕事ができる可能性が増えます。
 
また、人を信頼することで、自分も信頼してもらえるようになります。
 
人間ですから、何もかもが完ぺきじゃなくてもかまわないのです。
 
自分がいなくても、仕事というのは案外まわるものだと思うようにしましょう。
 
 
仕事だけの人生は、いつの日か空虚に感じる時が来ます。
 
人生とは何か、時折立ち止まって考えてみてください。きちんと自分に向き合い、
 
一度しかない人生で本当にやりたいことは何か、
 
頭を空っぽにしてリラックスして楽しめるものが何かないか、
 
このために仕事をがんばろうと思えるものはあるか。自分に向き合えた時、
 
オンとオフを上手に切り離し、今後のスケジュールを仕事ばかりではなく、
 
バランスよく予定することができるようになります。
 
 
有給消化率を見ても、日本はまだまだ頑張ること、
 
一生懸命働くということが推奨されているところがあると思いますが、
 
働き過ぎることは体と心に負担をかけてしまいます。
 
できる範囲で、ご自身の人生がより幸せなものになるよう、ご自身のワークスタイルを見直してみましょう。
 
 
 
LINE@限定の特別鑑定を配信しております。ぜひ登録してみてください。
 
https://line.me/R/ti/p/%40woe8250b

デスク周りの風水で運気アップ!パソコンで開運

本日も琥珀ブログにお越し頂きありがとうございます。
 
東京・恵比寿で風水・占い鑑定をしている琥珀です。
 
 
今や毎日の暮らしや仕事に欠かせないコンピューターですが、
 
皆さまの職場やご自宅でもパソコンは置き場所が大体決まっているのではないでしょうか。
 
ちょっと運の流れを変えたい、運気を上げたいという時には、「
 
置き場所を変えてみる」ことで、効果を感じられるでしょう。
 
また、パソコンは電磁波が出ていてその場の気が乱れることもありますので、
 
周囲に置くと気の流れがよくなるものもご紹介します。
 
パソコンは日々頻繁に使うものですので、風水を意識していい流れを呼び込みましょう。
 
(ブログでは一般的な内容の風水をお伝えしています。
 
個人差やその時のタイミングなどで、効果には差があります。
 
詳しくご自身にあったものをお知りになりたい場合は、琥珀の鑑定をご検討くださいませ)
 
 
・パソコンの置き場所
 
お使いのパソコンが大きめのデスクトップなどでは、
 
動かすことが難しい場合もあるかと存じますが、
 
できるだけ良い方向や場所に置くことをおススメします。
 
 
〇東
 
電化製品は、東の方角と相性が良いとされています。
 
東にパソコンを置くと、動作や機能性が安定します。
 
また東は太陽が昇る方角です。様々なことが発展に向けて始動しますので、
 
これから大きなプロジェクトがある、何か資格試験を目指しているという時には、
 
パソコンを東に置いて使われると「行動力」や「発展性」「意欲」などがアップします。
 
情報が入りやすくなったり、またこちらから発信したりすることが多い場合にも良い方角です。
 
東は音と相性がいいので、音楽を流しながら作業をすると対人運がアップし、
 
人とのご縁に恵まれます。
 
 
〇南
 
南は火の気があり、電気製品は通常ならあまり相性がよくない方角ですが、
 
パソコンにはおすすめです。
 
ひらめきやアイディアを元にお仕事をされる場合には良い方角です。
 
思いもよらない才能があふれてきたり、
 
スピーディに作業をこなすことができたりという効果もあります。
 
 
〇北
 
北は静かな空間、安定した雰囲気の中で、
 
集中して思慮深く作業をすることに向いている方角です。勉強したり、
 
文章を書いたり、論文を書いたりする場合にはぴったりです。
 
陰の気が強い方角でもありますので、手元やお部屋は明るくしてください。仕事運アップも期待できる方角です。
 
〇西
 
リラックスや余暇、楽しみをつかさどる方角でもあるので、
 
あまり集中して作業をするのは難しい場合があります。
 
気が散漫になることも多くなりますので、注意が必要です。
 
パソコンを使って映画を見たり、タブレットで本を読んだりすると、とてもリラックスできる方角です。
 
お仕事をされる場合は、時間管理を意識して作業をしてください。
 
エンターテイメントにかかわることや、金運にも関連がある方向ですので、
 
そのようなお仕事をされるには相性が良いでしょう。
 
 
・パソコン周辺に置くとよいもの
 
パソコンは、プラスチック(火の気)と金属(金の気)でできていますので、
 
相克の関係にあり、気の流れが落ち着かない状態です。
 
火と金の間にある、土の気を入れてあげることで、場の状態がよくなります。
 
小さな観葉植物や、陶器や石でできたものを近くに置いてみましょう。
 
また、デスクトップの壁紙を、土や大地に関連するような写真にすると良いですね。
 
できれば季節ごとに変えると、運気がさらにアップします。デスクトップは、
 
あまりごちゃごちゃとアイコンを並べないように、こまめに整理・削除しましょう。
 
そうすることで、より壁紙が目に入りますので、効果も上がります。
 
 
パソコンは電気製品ですので、電磁波やよくない気が出ています。
 
あまりにも長時間使っていると、イライラして判断力も低下し、作業効率が落ちてしまいます。
 
植物を対で置くことで、その場の気が安定しやすくなります。
 
ほかには備長炭を置いたり、空気を入れ替えたりすることで、気の流れもよくなりますのでお試しください。
 
 
 
LINE@限定の特別鑑定を配信しております。ぜひ登録してみてください。
 
https://line.me/R/ti/p/%40woe8250b

【風水で仕事運】お仕事に欠かせない「名刺」で開運

 
皆さま、本日もブログをお読みいただきましてありがとうございます。
 
東京・恵比寿で風水・占い鑑定をしている琥珀です。
 
さてお仕事をされていると、欠かせないものが色々とあります。
 
携帯電話やパソコン、きちんとした服装やビジネスバッグ、ネット環境など、
 
ビジネスをする上で必要なものが皆さまにも色々とあるかと存じます。
 
相手に何をしているのか、どういう人なのかがすぐに伝えられ、
 
ビジネスチャンスも広がる名刺は常に携帯し、
 
またいただいた名刺もきちんと保管しているという方は多いのではないでしょうか
 
名刺と言っても色々なデザインのものがあります。
 
どのような名刺が仕事運アップにつながるのでしょう。
 
ブログでは一般的な内容になりますが、吉となる名刺について、ご紹介いたします。
 
名刺はただの紙ではなく、その人そのものを表す大切なものです。
 
あまりよくない名刺を使っていると悪い影響を受けて、運気が低下したり、
 
スピードが遅くなってチャンスを逃したりしてしまいます。
 
せっかくですので、風水的によい名刺を使って運気を呼び込みましょう。
 
 
名刺はご自身の情報を伝えるものです。
 
バランスよく、シンプルで、分りやすい名刺がよい名刺です。
 
奇をてらった形やデザインの名刺は、何か特別なお仕事や目立った方がよい場合などをのぞき、
 
あまりおススメできません。もらった側も、形がイレギュラーでは整理しにくく、
 
面倒で捨てられてしまう可能性もあります。
 
普通の名刺サイズのもので、角も直角のもの。
 
色は白で紙の材質もノーマルなものがよい名刺です。
 
書体や種類もシンプルにまとめ、読みやすく大きさも全体のバランスを考えましょう。
 
そして、名刺いっぱいに文字やロゴなどで埋めてしまわないようにしてください。
 
さらにロゴやコピーを入れるのがいいかどうかというのは、
 
そのロゴそのものが運気にどう影響するかという点もあります。
 
あまりよくないロゴになっている場合は、名刺にそのロゴを入れることで、
 
やはり運気が下がってしまう傾向があります。
 
また、裏は何も書かない方がよい名刺になります。
 
すっきりとバランスよく、情報が端的に伝わる名刺にしてください。
 
デザインで色や模様を入れている名刺もありますが、できればあまり色などは入れず、
 
ごくシンプルな名刺が運気アップにはよい名刺とされています。
 
 
もし、会社で決まったフォームで名刺を作らないといけない場合は、
 
別に個人的にご自身の名刺を持つことで運気をよくすることができます。
 
配らない名刺でもかまいません。会社の名刺があまりよくないと思われるなら、
 
ご自分の名刺を作ることで、それが自分の人型となります。
 
自分を表す名刺だという意識を持ってその名刺を持ち歩くことで、

運気を上げることができます。
 
逆に、いただいた名刺も、その人や会社などを表すものです。
 
名刺によっては、持っていると運気を下げてしまうこともありますので、注意が必要です。
 
 
ざっと一般的なことをお伝えいたしましたが、個人的にも差がありますし、
 
同じものがある方にはいい方向に当てはまり、別の方には運気を下げてしまう場合もあります。
 
ブログを読んでいただいても効果を感じられない時は、
 
個人鑑定してみると結果が異なる場合がありますので、
 
ご興味がおありの方は琥珀の個人鑑定をお気軽にご検討ください。
 
 
LINE@限定の特別鑑定を配信しております。ぜひ登録してみてください。
 
https://line.me/R/ti/p/%40woe8250b

【風水で仕事運】捨てづらい名刺をきちんと整理・処分して、対人運や仕事運をアップ

本日も琥珀ブログにお越し頂きありがとうございます。
 
東京・恵比寿で風水・占い鑑定をしている琥珀です。
 
さて、お仕事されていると増えていくものと言えば、名刺ですね。
 
会社名や相手方のお名前もありますし、名刺によっては写真入りのものもあります。
 
必要な名刺や古い名刺も、どうも捨てづらくずっと持っているという方も
 
多いのではないでしょうか。処分に困るという声もある一方で、
 
名刺はご縁でもあるので捨てずにきちんと整理しておくべきという声もあります。
 
 
風水では、環境を整えて良い運気を呼び込む学問です。
 
人によっても運気はもたらされますので、良いご縁や人脈は大切だと考えられています。
 
 
名刺は人の分身とも言えるものですので、
 
整理せずに適当にしまっているというのはご縁を粗末にしていることになります。
 
ご自身がいただいた名刺を乱雑に保管していると、他の人から軽く扱われたり、
 
理解してもらいにくくなったりするなど、人付き合いに支障が出やすくなってしまいます。
 
なるべく早くいただいた名刺は整理し、整理した名刺は目の届くところに置いて、
 
出会いをチャンスに変えていく機会がまた来るようにしておきましょう。
 
せっかく整理しても、引き出しの奥にしまいこんだり、
 
どこかの棚に紛れてしまったりすることがないようにしてください。
 
名刺をきちんと整理することによって、さらに新しい人脈を呼び込むことにもなり、
 
対人運も上がってビジネスチャンスが広がります。良縁は、さらに良縁を呼びますので、
 
よいご縁は循環するように意識したいものです。
 
 
ところで中にはあまりよくないご縁もあり、処分した方がいい名刺もあります。
 
不要な名刺をため込んでいると、良いご縁まで停滞し、
 
邪気が発生してしまうことになりかねません。
 
何もかもため込むのもよくない結果になることがあり、
 
逆に何もかも捨ててしまうのもせっかくの良いご縁が失われてしまう可能性があります。
 
 
名刺は気づくと増えていくものであり、人脈につながる大切なものです。
 
けれどもご縁も日々変化していきますし、今のリアルなつながりにフォーカスを当てることで、
 
さらに新しいご縁にもつながります。定期的に名刺を確認して処分することも必要です。
 
過去のもう不要だと明らかに思われるものや、その方の職場や肩書が変ったようなとき、
 
かなり昔のもので顔ももらった場所も思い出せないような名刺は、
 
白い紙に包んで感謝の気持ちとともに処分しましょう。
 
不要かどうかの判断が難しい場合には、デジタル処理してから捨ててもかまいません。
 
名刺入力サービスやソフトなども今はございますので、
 
そういったものを利用されるのもいいですね。
 
基本的に風水では、新しいものを取り入れることは、
 
新しい気が入ってきて良いとされますので、
 
デジタル化するというのも対人や仕事運にはプラスになることが多いでしょう。
 
 
増えていく名刺を上手に保管・処分することで、さらに人脈を広げ、
 
よいご縁につながるようにして、仕事運も上げていきましょう。
 
 
LINE@限定の特別鑑定を配信しております。ぜひ登録してみてください。
 
https://line.me/R/ti/p/%40woe8250b

風水開運アイテムで仕事運アップ

本日も琥珀ブログにお越し頂きありがとうございます。
 
東京・恵比寿で風水・占い鑑定をしている琥珀です。
 
今日はオフィスでの開運アイテムについてご紹介します。
 
仕事運をアップしたい!という方は是非取り入れてくださいね。
 
 
・デスクに観葉植物を置きましょう
 
観葉植物をデスクに置くことで仕事運が上がります。
 
植物は発展の気を持っているので、デスクに置くと出世が望めます。
 
また、気持ちが安らぐ効果もあるので、是非デスクに置いてみてください。
 
植物がデスクにあると、明るくなるので不思議と片付け癖もついてきます。
 
 
・仕事道具は上質なものを使いましょう
 
スケジュール帳やボールペンは質の高いものを使いましょう。
 
質の良い仕事道具は格の高い仕事を呼び寄せます。
 
上質なスケジュール帳はマネジメント能力がアップする効果もありますので
 
より良い仕事に恵まれます。
 
ボールペンも同様に、上質なペンを使えば自分の格が上がり
 
仕事のレベルもアップします。
 
また、色によっても、シルバーは集中力を上げてくれたり
 
効果が様々ですので、是非お気に入りの一本を見つけて下さい。
 
 
・社内履きも質の良いものを選びましょう
 
社内履きはついつい楽なものを選びがちですが
 
きちんとした見た目のものを選びましょう。
 
安っぽいものだと自分の格を下げてしまいます。
 
 
 
・名刺入れにもこだわりましょう
 
初対面の方を一番初めにするのが名刺交換です。
 
人の印象は初対面で決まりますので、名刺入れも品格のある革製の
 
名刺入れを選ぶようにしましょう。
 
相手に「デキる人」という印象を与えることができます。
 
 
・自分のマグカップを使いましょう
 
オフィスでは自分で選んだマイマグカップを使いましょう。
 
自分専用のマグカップを使うことで職場での居場所ができて
 
仕事運が安定します。
 
 
 
仕事場で使うものには気を抜かず、質のいいものを選びましょう。
 
質の良いものには自分の品格を上げる効果があります。
 
また、意外と周りの人は職場の人の持ち物や身なりを見ています。
 
身なりが悪かったりすると、仕事もだらしないのかなといった印象を与えてしまします。
 
できるだけ上質なものを使って運気も印象も上げていきましょう。
 
 
 
LINE@限定の特別鑑定を配信しております。ぜひ登録してみてください。
 
https://line.me/R/ti/p/%40woe8250b

このページのトップへ