HOME > 琥珀ブログ > アーカイブ > 2018年1月

琥珀ブログ 2018年1月

寝室風水のポイント『布団カバー』で開運

今日も琥珀のブログへご訪問ありがとうございます。
日々お忙しく過ごされている皆さまですので、ゆっくりできる時間や空間で過ごす時間は大切です。いつも走っていては、疲れてしまいますので、気力やエネルギーを回復できるように、普段から意識されていると、お仕事でも生産性がさらにアップするのではないでしょうか。
どうしても無理しがちな年代の方にこそ、時々ほっとする時間を設けていただきたいと思います。

体を回復させる一番の方法は、睡眠ではないでしょうか。
あまりしっかりと眠る時間が取れなくても、ちょっとした心がけで良質の休息時間を取ることができます。
お部屋の明かりは真っ暗にするのがいいという方や、寝具にはこだわっているという方、寝る前にはあたたかいお風呂に入る、少しだけアルコールを口にする、本を読む、スマホは遠くに置くなど、すっと眠りに落ちることができるように工夫されている方も多いかと思います。

睡眠は毎日取る場合がほとんどでしょうから、今日はそんな寝室での開運風水をお伝えします。ご自分の寝室はいかがですか。リラックスしてぐっすりと眠れるような空間になっていらっしゃるでしょうか。
12月で寒い毎日ですので、あたたかなお布団を使用されているかと思います。そんな布団のカバーについて今日はお伝えいたします。

長い時間くるまれるものですから、カバーを意識するだけで眠っている間に大きく運気アップすることも可能です。最近少し調子が悪い、なんだか停滞しているかも、など思われている方は、布団カバーを変えるだけですので、ぜひ参考にされてみてください。
睡眠は、体力や気力の回復、そして運気アップにとても大切ですよ。

・寝ている間にいい気を取り込みましょう
人は寝ている間に汗をかくので、水の気が強くなります。布団カバーは水と相性のいい、木の気を持った天然素材がいいでしょう。綿で、できればオーガニックなものが良いとされます。
シーツやカバーが汚れていると、悪い気が発生します。こまめに洗濯をして、天日に干してください。
頭から気を吸収するとも言われますから、枕カバーは特に清潔に保ってください。
特に最近不調だと感じる時は、布団や枕自体も干して太陽の光にあててみましょう。

・布団カバーの柄
大きなストライプやチェックの柄は、運気の良しあしが激しく変動する傾向があり、安定しなくなります。できれば避けてください。
また黒色のカバーも、風水ではあまりよいとされていません。成長がストップしたり、人と縁遠くなったりします。
金運にいいのは、黄色や金色、ピンク、白色です。ピンクは恋愛運や子宝にもよいでしょう。白は、浄化作用やリセットしてくれる作用もあります。
仕事運には、赤色、青色、緑色。緑は健康運もアップします。また緑には木の気があるため、汗をかいて水の気が増える寝室ではバランスを取ってくれます。青は落ち着いて眠れるでしょう。
全体的な運気アップや自分を高めたい時には、紫がおススメです。

また、寝室のカーテンの柄や色もとあわせて、布団カバーを考えると効果がアップします。
カーテンの柄が派手なものなら、布団カバーは無地を選ぶと、バランスが取れて安定します。色合いはカーテンと布団カバーをそろえる事で、部屋の印象も統一感が出て、気持ちよく眠れるでしょう。
※ブログでは一般的な風水をお伝えしていますので、記事にあることを参考にされてもどうも調子が出ない場合もございます。個人的に最適な風水は、個人鑑定でお伝えできますので、よろしければお気軽にお問合せください。

とにかく布団カバーや枕カバーは清潔にしてください。できれば、毎日取り換えるようにすると、短期間でぐっと運気アップしますのでお試しください。また布団や枕を長く使い続けているなら、定期的に新調するようにしてみましょう。
一番大切なのは、ご自分が眠る時にリラックスできているかどうかです。布団カバーが自分の好みにあっていて、眠っていて心地よいか、ほっとして安心できる場になっているかを意識してみてください。

布団の中は1日のうちでも長い時間過ごすところです。布団カバーにもぜひ注目して、眠っている間にいい運気をしっかりと取り込めるようにしてみてください。

【開運】風水で気をつけるとよい「水」について

本日は、私たちの生活に欠かすことのできない「水」についてです。

風水では、「水」はとても重要なものです。
風水は古代中国で生まれましたが、昔の中国では水の流れがよい場所に住んでいた人が、財を成していました。また川や海の近くは、発展しやすく成功しやすい場所だと考えられました。
現在でも、水の流れを作ることによって、水に財を運んできてもらい、金運を上げようとすることが一般的に行われます。

流れる水を「流水」、そして逆に止まっている水を「止水」と言います。もちろん風水でよいとされるのは「流水」です。
金運アップを目的として、庭に水が流れるようにしたり、家の中に水槽を置いて水を循環させたりすることがあります。
水は流れるからこそ循環し、いろいろなものを運んできてくれます。止まってしまうと、淀んで悪い気が出てきてしまうのです。

気をつけなくてはいけないのは、「止水」です。家の中を見ると、止水があるおうちというのはとても多いのです。
止水は凶とされますので、家の中の止水はなるべく避けてください。

・止水の例
止水の例としては、お風呂に水をためている、トイレの水、使っていない井戸、買い置きのペットボトルの水、また花瓶や仏壇の花器の水、流しにためっぱなしの水などが挙げられます。

洗濯に使うためにお風呂の水を置いてある、というご家庭も多いと思います。
お風呂には、厄が落ちていますので、本当は使わない方が吉なのですが、どうしても使いたいという場合には、すすぎはきれいな水を使っていただくようにしてください。
そして水をためている間は、フタをしておいてください。フタをすることで水の気が上がってきて、家の中に拡散することを防ぐことができます。

また同様に、流しで食器の漬け置きをしている時も、何かフタができればよいでしょう。
トイレももちろん、常にフタをしておいてください。
花瓶の水は、毎日換えてください。
家で全く家事をしないので、水道水を使わないというのも、止水になります。時々は使って水を流すようにしてください。
子供が独立して2階のトイレを使っていない、という場合も、たまに使って水を流しましょう。

止水を減らすことによって、またフタをして水の気を抑えることで、運気は好転します。

・止水の場所について
止水に関してもうひとつ気をつけることがありますが、それは止水のある場所です。
家の運気に関して大事なのは、いい気が入ってくる玄関、そして家の中心です。
玄関近くにお風呂がある場合は、フタをしていても残り湯を置いておくことは避けた方がいいですね。トイレもまめに掃除をして、水をきれいに保ってください。

家の中央にキッチンシンクがあるような場合は、水をためて食器をつけておくということはしない方が吉です。さらに食器もなるべくすぐに洗って片付けるようにするといいですね。

また、玄関ふきんや家の中央あたりに、大量のミネラルウォーターや水のサーバーなどを置いている場合は、場所を動かした方がいいでしょう。こちらもフタがされている状態であっても、置き場所を選んでみてくださいね。

なんとなく不調だ、運気が停滞している気がする、そんな時は、家の中の止水に注目してみてください。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

要らないものを捨てるだけで、次々といい運気が舞い込むヒント

今日も琥珀のブログをお読みいただきましてありがとうございます。
大雪も降り寒い日が続きますので、お身体に気を付けてお過ごし下さい。

さて、年末の大掃除はもうしばらくやりたくない、大変だった、という方もいらっしゃると思います。ですが、簡単な運気を上げる方法、それは「捨てる」ことです。時には風水も意識してしっかりと捨てることで、浄化と運気アップを目指してみましょう。

住まいの環境は、とても大切です。
ご自分がリラックスして長い時間を過ごされるところ、外でお仕事などで疲れて帰る場所でもありますから、できるだけいい気に満ちていて、外でもらった邪気や悪いエネルギーを祓う場になっていることが理想です。
けれども、長期にわたって住んでいると、どうしても余分なものや、必要ないもの、放置されて悪い気が発生してしまっているものが増えてきます。
また、物が増えて風通しも悪くなっていると、新しい風や運気も入ってきにくくなります。

「まだ使えそう」
「高かったから」
「思い出がある」
「面倒だからそのままでいい」
「多少散らかっている方が落ち着く」

すべてのものは、出すから新しいものが入ってきます。
呼吸もそうですね。吐くから、次に吸うことができます。
現代は食事においても、飽食の時代で食べ過ぎる傾向があります。食べ過ぎると健康にもよくない影響が出ます。そして、内臓も余分なものがたまって、体内もよどんでしまいます。断食など、食べないくらいがちょうどよいとする説もあり、健康上でもやはり余分なものを排出し、適量・必要量を取り入れることが大切です。

また、すべての物には波動があり、エネルギーを発しています。
物が多いということは、ごちゃごちゃとたくさんのエネルギーがあふれてしまっているということになり、結果として運気が下がる空間になってしまいます。

捨てることにはたくさんのメリットがあります。
思い切って、ばっさりと家の中の大掃除をしてみてください。案外なくても大丈夫なものは、想像以上に多いものです。
記事後半をお読みいただければ、今すぐにでも物を捨てたくなるはずですので、よろしければ最後までお読みくださいませ。


・捨てることで自分と向き合える
要らない物がたくさんあるということは、捨てるという行為を放置していたことになります。
「そのうち片付けよう」と思いながら、そのままにしているということは、自分自身と向き合う時間も取れない日々ということでもあります。
つまりきちんと時間を取って要らない物を捨てる行為は、物理的に片付くだけではなく、精神的にもすっきりと落ち着くものです。

不用品を捨てることは、家の中にある気が整うばかりか、自分が放置し後回しにしてきたことをひとつずつ片付けることにつながります。

すっきりとしたシンプルな空間に住居が生まれ変わることで、必要だと思っていたものがなくても大丈夫、素のままの自分で十分なのだという自信にもなります。自分と向き合う時間にもなるため、自分自身を取り戻す機会にもなります。

・さらなる行動へとつながる
たくさんの物に囲まれ、それらの思い出や、物理的な満足感などに浸り、いつもの変わらぬ姿である自分のテリトリーにいると、それなりにリラックスもでき、落ち着くものです。
けれども、いつでも誰かを呼べる空間になっているでしょうか。
ちょっと汚いけれど、わが家はやっぱりいいものだと表面的な思いでごまかしていませんか。

人は誰でも、現状を壊したくないものです。行動を起こさず、とりあえず守りに入っていると思えば、安心感はあります。
現状維持では、上を目指すことは不可能です。
何か行動を起こしたいなら、まずは自分の殻を破らなくてはいけません。
新しいことにチャレンジしたり、知らない世界へ羽ばたいたりするのは、誰でも不安やおそれといった感情が伴います。
人は色々な言い訳をしては、現状を守ろうとしてしまうものなのです。

何かしたいけど突破口がない、という状況の場合にも、住空間を片付けて整えることは効果があります。
まずは自分の一番身近な環境を、ばっさりと変えてみましょう。それには、自分がためこんできたものをがっつりと捨てることです。
自分自身のやり方にしがみついてしまう、まずはそんな自分自身を捨てましょう。
部屋がすっきりとするころには、自分自身の奥深いところにも変化のきざしが出てきていることに、気づかれるはずです。

最後に、特に捨てていただきたいものがあります。
それは、女性なら古い服や下着、男性なら履き古した靴です。

女性は身に着ける布から、運気をあげていると言われます。あまり着ない服、1年以上たった服や下着(少なくとも3年以内!)は、思い切って買い換えてください。

男性は、身に着けるもので一番ご自分の運気をあげ、様々なご縁を運んできてくれるという靴を大切にしてください。成功者は、靴を見れば分かるとも言われます。靴は定期的に磨き、ある期間で新調することをお勧めします。

自分の人生は自分だけのもの!すべての人が、自分の人生に責任があり、そして楽しむ権利があります

時の流れは、年を経るごとに早くなるといいます。1週間があっという間だと思っていたら、1か月、1年も、振り返ると何も達成しないまま終わろうとしている…ということはないでしょうか。
人生も、振り返るとあっという間なのかもしれません。
せっかく命をいただいて、楽しむために生まれてきているのだとしたら、めいっぱい人生を満喫したいところですね。ご自分の人生をよりよいものにするためのヒントを、今日はお伝えしたいと思います。


すべての人は、幸せな人生を楽しむために生まれてきています。その時は分からなくても、そういうことだったのか、と後から分かることもあります。
どうしようもなく苦しいことばかり起きる、悲しくてたまらない、1人で寂しい、つらい試練ばかりだという方もいらっしゃるかもしれません。
どうしようもない状況で何の希望も見いだせない、これからどうすればいいのか…と自転車操業のような日々を送っている場合もあるでしょう。こんな人生を送るために生まれてきたのかと嘆きたくなるかもしれません。

ところで、大人になると忘れてしまいがちですが、誰でも子供時代はもっと純粋で素直な心を持っていたはずですね。守られて、愛されて、ずっと幸せな日々が続くと信じて疑っていなかった人も多くいらっしゃるでしょう。

「なぜあの人は赤信号なのに渡っているの?」と親に問いかけていた子供たちも、成長するとご自分が率先してそういうことをしているかもしれません。

さて、ここで少し考えてみてください。
周りを見回して、そんな風に人に迷惑をかけたり、自分さえよければいいという行動をしたりしている大人がいませんか?その人たちは、幸せそうでしょうか。人生を、楽しんで満喫しているように見えますか。
逆に、ちょっとしたことにも感謝の気持ちを持って、上手に周囲に気配りができ、自転車が倒れていたらそっと戻すような人はどうでしょうか。そんな人は、なんとなく運も味方しているような気がしませんか?その人自身も、おそらくは笑顔で楽しそうに、日々を送られているのではないでしょうか。

子どものころは、素直に色々なものを信じていて、好きなものは好き、楽しいことをやっていたい、まっすぐな気持ちをもっていたなど、実は引き寄せや願いが叶いやすい状態だったといえます。
それが成長するにつれ、親の期待に沿えない自分、兄弟間のトラブル、親に十分愛されなかったなど、家族の中でまず様々な葛藤や悩みにさらされます。
そして大人になるにしたがい、世間のマイナスの面も見えるようになり、自分自身の力が及ばないことが増え、自分の弱い部分を見せつけられたり、挙句の果てには「自分なんて」「どうせ」とネガティブな殻にこもるようになってしまったりします。
そうなると、状況はなかなかよくならず、ますますネガティブなスパイラルにはいってしまいがちです。

願いを叶えるのに大切なことは、感謝の気持ちと愛と信頼です。それが大人になるにつれて、減ったりなくなったりしてしまうことが多く、人生がうまくいかなくなってしまう原因になっていることがあります。

今現在、どうしようもない状況だと感じることがあっても、それも願いが叶うためのお試しだと思ってみて下さい。
まずはしっかりと自分がどうなりたいのか、何がほしいのか、人生をどのようにしていきたいのかを決めましょう。すべての人は、自分の望み通りの人生を送るために生まれてきています。
「どうせ自分なんて」と思うクセがあるなら、「自分なんてこの程度の人生しか送れない」という人生が目の前で展開します。それも「自分が望んでいる人生が起きている」ということです。すべて、「その人が望んでいる」ことが現実化しています。

子どもの頃の純粋な気持ちを思いだし、自分は愛されている、愛と信頼を感じすべてに感謝する、さらに自分と周囲の幸せを望むということを少しずつ意識するようになれば、願いは叶い始めます。
まずは自分の人生に、責任を持ってください。自分が自分の人生を幸せに満喫するようにすれば、周りも変化してきます。
自分の人生は自分だけのもの。家族といえども他人であり、他人の人生も、その人だけのものです。
自分がまず楽しんでかまわないのです。

子どもが不登校だから、パートナーが失業して落ち込んでいるから、友人が離婚で悩んでいるから、親が不仲でもめているから、それはそれで、まずは自分の人生をできる範囲で楽しむことです。そして大切な人も、それぞれの人生を楽しんでいいんだとそっと背中を押してあげたり、見守ったりしてあげてください。
それが本当の愛情と言えるかもしれません。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

潜在意識から幸せ開運体質になる簡単なワーク

皆さま、本日もブログをお読みいただき、ありがとうございます。
2018年も、「開運幸運体質」目指していきましょう。
努力と才能に、運気の味方もあれば鬼に金棒。人生を成功へ導くために、様々なアプローチが効果的です。

意識には、自分でコントロールできて、行動したり悩んだり考えたりする、理性的な「顕在意識」と、意識の9割を占めると言われている自覚できない「潜在意識」があります。
潜在意識には、これまでの記憶もしっかりと残っていますし、自己イメージや意識しなくても自然とできるようになったこと、など様々なことがインプットされています。

「幸せになりたい」と思っていても、潜在意識で「どうせ私なんて」「こんな私が幸せにはなれない」「幸せになるのが怖い」などと思っていたら、なかなか意に反して幸せになることはできないのです。

逆に言うと、潜在意識を上手に変化させることができれば、理想の自分に近づくことができます。そのためには何を意識して行動すればいいのでしょうか。
よろしければ最後までお読みいただき、参考になさってみてください。

・てっとり早く幸せ体質になる方法
一番「幸せだ」と思える状態とは、どんな状態でしょう。
落ち着いていて、安定していて、うれしいと思えるような状態でしょうか。
これに一番近い感情は、「感謝」している状況です。
ありがたい、感謝しかない、本当にいつもありがとう、そんな風に思っている時は、自然と幸せな気持ちも湧き上がってきています。

感謝の気持ちなんて持てないという方もいらっしゃるかもしれません。
今の状態が辛くて悲しくて、ありがたいなんて思えない。
散々嫌な思いばかりしてきて、生きていることがもう苦しい。

そして自分のせいだと自分を責め、誰かのせいだと恨み、環境が悪かったからと親や学校や友人などを憎む、そんなスパイラルに入っている方もいらっしゃるでしょう。

それでも、誰にでも「感謝」できる対象があります。
それは自分自身です。自分の健康な体、いつも動いてくれる臓器、きちんと見てくれる目、今日も一日乗り切ってくれた自分自身に、感謝することは誰にでも可能です。
また、今日自分を助けてくれた人や物があるはずです。相棒である車やバイク、自転車。情報を運んできてくれるパソコンや携帯。近所の食堂。帰り道にお世話になるコンビニ。

ちょっと視点を変えると、たくさんの感謝があるはずですね、そんな感謝できることを、1日1つ見つけてください。
起きた時、寝る前、トイレやお風呂でリラックスしている時、電車や車に座った時、ふとした時に、「ああ今日は〇〇でよかったなあ」など、何か1つ考えてみてください。
それを少し、続けてみましょう。
その瞬間は、少し幸せな気持ちになれるはずです。その瞬間が続くことによって、目に見えないいい変化が起きてきます。

・感謝の継続
この感謝することを毎日継続すると、潜在意識に変化がでてきます。
脳は日々起きている色々なことを全てインプットしています。
けれど本当にすべてのことを記憶すると大変なことになりますので、必要な情報を取捨選択してくれています。
「毎日感謝する」ことを続けると、それが日々重要なことだと脳は認識しますので、「感謝できること」を取得しようと日々アンテナを張りめぐらせてくれます。そうすると、感謝できることが目の前に起きるように、感じることが増えてきます。

さきほど、リラックスしている時間に考えるのがおススメと申し上げましたが、リラックスしている時というのは潜在意識に書きこむことが可能になる時間でもあります。
そんな時に感謝して幸せな気持ちになることで、潜在意識に幸せだという状態がインプットされていくのです。
すると潜在意識から、幸せ体質に変わっていくので、なんでもないことでも「ありがたいな」と自然に思えるようになってきます。
空に浮かぶ月を見ただけで、ああ、きれいでありがたい、なんて思えるようになりますよ。

もうひとつ、潜在意識には今まで生きてきた中でインプットしてきた多くの情報やメッセージであふれています。なかなか希望通りにいかなかったり、願いがなかなか叶わないと思ったりする時は、ネガティブなもので埋め尽くされているのかもしれません。
日々感謝することを継続することで、潜在意識を浄化しクリアにしていくことができます。
望む現実を引き寄せていくためにも、潜在意識の浄化は大切なことです。

このように、ちょっとしたことに感謝することで、幸せだと感じることができ、それを継続することで潜在意識に働きかけて、ちょっとしたことでもありがたいと思えるように変わっていきます。
そうなると、幸せだと思えることがどんどん増えていきますので、執着も減り、より一層願いが叶いやすくなります。

まずは、1日1つ、リラックスしている時に感謝するというクセをつけてみてください。2018年は、皆さまがより幸せになれるよう、お祈り申し上げます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

【家運】引っ越しで運気もアップさせましょう

皆さま、今日も琥珀のブログへご訪問ありがとうございます。
2018年が皆様にとってよりよいものになるよう、ブログを通して何かのヒントをお伝えできれば幸いです。よろしくお願いいたします。

さて例年、年があけるとさらに時間の過ぎるのが早くなると言われています。
1月から3月は、振り返るとあっという間に過ぎ去ってしまう、という方も少なくないのではないでしょうか。

春を前に、心機一転の予定がある方、場所を変えて新しい門出の方、気持ちをリフレッシュしたい方、色々な都合でお引越しを考えていらっしゃる方もいらっしゃると思います。
引っ越しは何かと大変で、手続きや、実際に体を動かす労力も大変なものです。
細かい部分は後回し、ということも多いでしょうけれど、お引越しでも風水を意識していただくことができます。せっかくですから、お引越しの予定がある方はぜひ参考にしていただけると幸いです。
なんといっても、引っ越して古いところから新しいところへ動かれる場合は、最高の厄落としができます。普段からいらないものを捨てている、いいものを購入するようにしている、そんなものとは比べ物にならない大量の不用品を処分して、新しいものと交換することが可能です。引っ越しで大きく開運しましょう。

・引っ越し先を決める
大体の場所が決まれば、次は実際に住むところを見にいきますね。
その時に、いくら環境がよくて家賃も手ごろでも、ご自分がなんとなく嫌だなと感じたり、暗い雰囲気があると思ったりしたら、あまりその物件はおススメできません。
特に暗いと思ったのが、本来明るいはずのリビングなどである場合は、何か理由があるかもしれません。
風水も自然の流れや気のエネルギーなどを上手に用いて運気を上げるものです。
人間も、無意識に自然の運気を感知しています。
直感的に感じるものは、ご自分のエネルギーやタイミングなどにあっていることが多いので、しっかり自己主張して決断しなかったり、なりゆきで言われるままに決めたりしてしまうと、後悔することになりかねません。
無意識になんとなく気乗りしないという感覚があれば、別のところにした方が無難です。

どうしてもそこに引っ越さないといけないなら(社宅、親と同居する家がすでにある、家賃的に他のところは難しい、知人や親せきに住んでほしいと言われたなど)、いくつか対策があります。

〇日光と塩
特に滞っていそうなところには、塩をまいてしばらく置き、掃除機ではなく、悪いエネルギーも一緒にほうきなどではきだしてください。重たい邪気は下にたまりがちです。
また日光を入れるのもとても効果があります。
暗くなりがちなところや、行き止まりなどで停滞していそうなところには、明るくなるように照明を置いたり、観葉植物を置いたりするなどして、気がスムーズに流れるようにしてみてください。
〇香り
お香をたくのもおススメです。
〇自分の居場所作り
前に住んでいた方がいたり、所有者が別にいたりする場合は、明確に自分の場所にしていく必要があります。
前の方が使っていたようなものがあれば処分するか、一か所にまとめて片付けてしまいましょう。物にはエネルギーが宿ります。
自分の住みかは、自分の場所にしていくことが大切です。
自分のお気に入りの小物を置いて飾ったり、好みの明るい絵をかけたり、「自分色」で「自分がゆっくりと過ごせる空間」を作っていきましょう。


・地名や地形を意識する
その土地の名前からは、その場所がどんなところなのかを知ることができます。
「田」「泥」「梅(埋めに通じる)」「川」などがついているところは、以前の状態を想像することができます。
低湿地を連想させるような名前であれば、注意が必要かもしれません。
また、家と同様、土地にもエネルギーの流れがあります。周囲の環境を見て、あまりにも道路や川の様子が複雑だったり、なんとなく迷いそうな感じがあったりするなら、こちらも少し考えた方がいいかもしれません。
どちらにしても、地名や環境も自分の感覚で、少し嫌な気がしたり合わないと直感的に感じるようであれば、別のところが無難ですね。

同様に、すぐ近所に住んでいる方や事務所やお店などの様子もチェックしてください。よどんでいるような家や、汚いお店、人の手があまり入っていなさそうなうらぶれた印象があるような建物がある場合は、その場所に何か問題があるのかもしれません。
またよく人の入れ替わりがあるようなところも、注意が必要です。


・引っ越しは最高の厄払い
引っ越しは大変な作業でもありますが、普段できない大規模の大掃除ができます。
目に見えない不用なものは、どの家にもたくさんしまわれているので、一気に処分できるチャンスです。
壊れて動かなくなった家電や、タンスや押し入れの奥に死蔵状態になっているもの、ベランダや庭の隅にずっと置かれ二度と使わないもの、ずっと箱に入ったままのもの、そのほかにも食器や鍋、服、本、荷造りする時に次々と捨てるいい機会です。
不用品や使われていないものは、悪いエネルギーを帯びることがあるので、そういったものを処分するのはお祓いをするのと同じような効果があります。
引っ越す予定があるなら、ぜひ運気アップできるように意識してみてください。

1

« 2017年12月 | メインページ | アーカイブ | 2018年2月 »

このページのトップへ