HOME > 琥珀ブログ > アーカイブ > 2017年10月 > 2ページ目

琥珀ブログ 2017年10月 2ページ目

どうしても嫌いな人

皆さま、琥珀のブログへようこそいらっしゃいました。いつもご訪問いただき、ありがとうございます。

さて、日々生きていると、楽しいことばかりではありません。
特に様々な場面で人間関係に疲れてしまっている方もいらっしゃると思います。
この人がいると、パッと明るくなる、たのしくなる、話していると癒される、学びがあるから会うのが楽しみ…なんていう方もいれば、この人だけはどうしても好きになれないという人もいるものです。

話しているとモヤモヤする、いちいち言動がすべて癇に障る、とにかく嫌い!、理由は色々あると思います。すべての人に好かれるという人は存在しませんから、嫌いな人がいるのは当たり前のことです。
ただ嫌な人のせいで、ネガティブな気持ちになるのはなるべく避けたいですね。嫌いな人が近くにいる場合は、どんな風に対処したらいいのでしょうか。ちょっとしたヒントをお伝えします。

・距離を置く
無理に嫌いな人とつき合うことはありません。適度な距離を保ってみましょう。嫌いなものは仕方ありませんから、なるべく顔をあわさない、SNSでも目にしない、同じ空間にいる時もできるだけ遠くにいるなどしてみましょう。
嫌な人のせいで、嫌な気持ちになることを少しでもなくすのが賢明です。

・距離を置くのが難しい時
同じ敷地にいる義家族、職場の直属の上司、デスクが隣の同僚、毎日来るお客さん、ゼミが一緒の友人…。
嫌だなと思っている人と、ある程度の距離を持つのが難しい場合もあります。
もしかしたら夫婦で、もうこれ以上は無理かもしれないという状況の時もありますね。同じ家の中で逃げ場もなく、とてもつらいですね。

そういう時の心構えとしては、相手の立場になってみることをおススメします。それができたら苦労はしない…という声が聞こえてきそうですが、ここは状況を少しでもよくできればもうけものだと思ってください。
こちらが嫌だなと思っていることは、ほぼ100%相手にも伝わっていると思っていいでしょう。向こうもちょっと苦手だ、と少なくとも思っている場合が多いと思います。
そしてあまりにも嫌だ、嫌いだと思っていると、ますますそのフィルターで接してしまいますので、さらに嫌いになり、ますます関係が悪くなる悪循環になります。

本当は言いたくないけど、相手を褒めてみるというのもひとつの方法です。探してみれば、どんな人でもなにか必ずいいところがあるはずです。どうしてもなければ、挨拶で構いませんので、声をかけてみてください。
笑顔で声をかけてくる人に、悪印象を持つ人は少ないものです。何かが変わるきっかけになるかもしれません。
返事があることを期待しないでやるのがコツです。

・なぜ嫌いなのでしょうか
なぜ、その人が嫌いなのでしょう。
もしかしたら、問題はその人ではなくて、自分自身の中にあるのかもしれません。
いつも楽しそうな毎日を送っている友人にイライラするなら、うらやましいのかもしれません。同僚のことが気に入らないのは、上司にひいきされているのが自分ではなく、彼だから。自分にはSNSでコメントが全然つかないけど、あの人はたくさん友達がいて毎回盛り上がっていて、モヤモヤしながらこっそり全部読んでしまう。
相手に問題があるわけではなく、実はこちらが勝手に嫌だと思っている場合があります。自分で認めてみましょう。ああなってみたい、うらやましい、いいなあと声に出してみてもいいですね。
上手に思えるようになってきたら、前ほどはその人のことが気にならなくなっていませんか?

・自分の中の正義
正論をいつも口にするけれど、ゆとりがなくてどうも疲れる人というのが存在します。
あまりにも自分の中の正義が強いと、周囲には煙たがられることがあります。さらに他人が自分の中の正義と違う言動をすると、どうしても許せなくなる場合もありますね。
主張や主義があることはすばらしいことですが、自分の正義正論を押し付けたり、それを振り回したりしていないでしょうか。自分がいつも正しいのに、あの人は全然ダメだ、どうも苦手だし嫌いだという場合もあるかもしれません。
相手の立場を考えることができたり、聞く耳を持っていたりすると、より自分も成長できるチャンスがあります。

・真似してみる
周りを見てみると、人間関係を上手にこなしている人というのが存在するものです。
私がすごく苦手な人を、あの人はうまくあしらっている。自慢ばかりするから嫌だなと思う人にも、あの人は素直にすごいね!と言えている。
嫌いな人のまわりにいる人を、一歩下がって見てみてください。
そこにヒントがあるかもしれません。
できる範囲でいいので、上手につきあっているなという人の真似をしてみましょう。思ったよりも簡単で、気持ちいいと思えるかもしれません。

いかがでしたか?
様々な場面で人間関係は切り離せないものです。できるだけ、円満な関係が築けるといいのですが、そうではない場合も多いですね。嫌いな人がいる、という状況は自分が成長できる機会でもあります。
何かのヒントになればとてもうれしいです。最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

幸せや奇跡は誰にでも起きる すべてのことが与えられていると知ることから

今日はあなたの周りにあるもの、起きること、すべてがあなたに与えられているものであり、いい方向へと導いてくれるものであるということをお伝えいたします。
どんなに嫌だと思う存在でも、解決できなさそうな問題が起きても、すべては与えられたものであり、その先にステップアップしていけることが必ず待っているのです。

自分の意識を変えれば、見え方も変わります。そしてすべてがつながり、いい方向へと導かれるようになっていきます。
すべてのことは、あなた次第ということを理解していただければ、あなたが望むものはぐんぐん引き寄せられるようになっていきます。
よろしければ、ご参考になさってみてください。

・誰でも幸せな人生を送ることができます
人はこの世に生まれてきて、色々な学びを経験しながら成長していきます。そして自分の望むものを手に入れ、幸せな人生を送ろうと、誰もが目標や夢を持って日々過ごされていると思います。
けれど順風満帆とはいかないときもあります。人に裏切られたり、辛い思いをされたり、大きな失敗をしたり、平坦な道ばかりが人生とは限りません。
次第にあきらめてしまったり、どうせ自分はこの程度のものと投げやりになったり、他の人をひがんだり、そんなスパイラルに入ってしまうのはとてももったいないことです。
すべての人は、幸せになれますし、ご自分の意識次第、行動次第でいつからでもやり直すこともできます。

不幸せになるために生まれてきた人は、ひとりもいないということを理解してくださいね。

・幸せになるためには
現代社会で生きていく上で、ひとりぼっちであるという人はほとんどいません。
あなたのまわりには、家族や友人、同僚、ご近所さん、同じ時間に会う人、よく行くお店の人、近所の犬、色々な人やものに囲まれています。
よく電車で見かける人も、縁があってそこに存在しています。
あなたが目にするもの、これから目にするであろうもの、すべてはつながっています。自分自身のリフレクトであり、自分が引き寄せているものだと言ってもいいでしょう。

自分が幸せになりたいと思うなら、まわりの人も同じように幸せになってほしいと願いましょう。すべてはあなたを反映してそこに存在するので、『すべてはあなた自身である』と考えてください。
自分を愛し大事にするように、まわりにあるもの、会う人、すべてを大事にしてみてください。
(自分のことを愛し大事にできないという人は、そこからスタートしてください。まずは自分自身をすばらしい唯一無二の存在であるということを知ってくださいね)

人・もの・環境など、取り巻くすべてのことが、自分のエネルギーの循環なのです。
自分が変われば、自分の周囲も同じように変わっていきます。
すべてのものに価値があり、すべてを丸ごと認めて受け入れてください。
どんなに嫌な人でも、あなたのために存在し、与えられているものだと理解しましょう。

「あの人が本当に嫌だ、いなくなればいいのに」という意識は、自分にも返ってきます。たいていそう思ってしまう人というは、相手も自分のことを同じように嫌っているはずです。
嫌な人だけど、あの人がいたから事態がこんな風に進んで、結局よかったのかもしれない、なんて思えることがあるかもしれません。
あの数年間はとてもしんどくて辛かったけど、そこでの学びが今になって役立っている、そう思える日が来るかもしれません。

今だけにフォーカスを当てると、未来が読めなくて行き詰まりを感じるかもしれませんが、神様というのは、思いもかけないようなストーリーを用意していたりします。
すべてはあなたのためにあります。
試練のように思えることも、後からつながってきます。
そこであきらめたり、ネガティブな感情を募らせたりするだけではなく、「なぜこれが今与えられているのか」「どうすればこの状況をうまく打開していけるのか」「どんな学びがあるのか」など、時々発想の転換をしてみてください。

・乗り越えられない試練はありません
大きな失恋をしたからこそ、成長できて新しい人に出会えることもあるでしょう。
大失敗をして仕事をクビになったからこそ、火がついてがむしゃらに突き進む原動力になり成功した、ということもあるでしょう。
どんなに嫌な環境でも、逃げ出したいと思うような家庭環境でも、必ず後で実を結んだり意味が分かったりする時が来ます。
すべてはあなたのために与えられたものです。
難しいことも多いでしょうが、時々「ありがたい」という気持ちを持ってみてください。
すべてはあなたのエネルギーの投影です。あなた自身だと思って、すべてのことに愛と感謝を持つように意識を変えようとするだけで、何かが変わっていきますよ。
「もう絶対に無理だ」ということは、この世にはありません。

大きなゴールに到達する前に、小さなゴールが必ず用意されています。
小さな目標達成を見逃さないようにして、そのたびにありがたいと思うようにしてみてください。

すべてはあなたの意識次第です。
神様は、あなたの味方です。
前向きに、愛と感謝を持って進む人には、さらに大きなバックアップを用意してくれます。

願いは叶うというのが真理であり、それをどこまで自分の中で落し込めているかがカギになります。まずは自分から変わりましょう。
まわりにあるものはすべて、与えられたものであり、いい人生になるように導いてくれるものなのです。まずは目の前のことを、ひとつひとつクリアにしていきましょう。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。


<<前のページへ12

« 2017年9月 | メインページ | アーカイブ | 2017年11月 »

このページのトップへ