HOME > 琥珀ブログ > アーカイブ > 2017年8月

琥珀ブログ 2017年8月

メンタルを強化するポイントとは

皆さま、今日もご訪問ありがとうございます。
最近メンタルヘルスという言葉が注目されています。心の病などの精神的な理由で、日常生活に支障が出るようなケースが増えています。
そこまでではなくても「メンタルが弱い」ことが原因で今までに苦労した経験がある、という方は少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

メンタルが強い・弱いというのはよく言われますが、実際のところは人間ですから、誰でも落ち込むことはあります。常に平常心で気持ちに波が全くない、という人はいないでしょう。
メンタルが弱いというのは、何かが起こって精神的にショックを受けた時に、その状態を長く引きずってしまうことです。そして気持ちがとても不安定になったり、深く傷ついてしまったりします。
逆にメンタルが強いというのは、精神的にストレスをおぼえても、すぐに切り替えられたり、その出来事をバネにさらに上を目指そうとしたりするような人のことを指します。
例えば身近な人が亡くなったり、大きな仕事で大失態をしてしまったり、親友に裏切られたりなど、精神的にとてもショックな出来事があった場合に全く動じることがないとしたら、それは実はメンタルが強いとは言えません。
もしそんな方がいらっしゃったら、人間としてはむしろ問題があると言えるのではないでしょうか。本当につらいことが起きた時は、落ちこむのが人間というものです。

・メンタルが弱いのは悪いこと?
あなたはメンタルが強い方でしょうか、それとも弱い方?そう尋ねると、大体の方は弱いと答えられることが多いものです。
そしてメンタルを強くしたい、精神的に鍛えたい、と口をそろえます。

メンタルが弱いというのは、ダメなことなのでしょうか。
精神的に落ち込みやすい、引きずってしまいがちというのは、逆に言うと周りのことを考えられる優しい人であったり、責任感がとても強い人であったりします。
そしてあまりにもメンタルが強いと言われる人は、逆に感情がないロボットのようなところがあったり、何かで失敗しても自分は悪くないと全く動じなかったりします。

メンタルが弱いのは、人間としてとても豊かな感情を持っているということでもあるのです。ですから、自分をダメだと思ってしまう必要はありません。
ただ仕事などではある程度の精神力も必要なので、メンタルを鍛えることも大切です。
一部の人を除いて、最初から強靭なメンタルを持っている人というのはいませんから、様々な経験を経てメンタルを強くしていくという風に考えてみましょう。

・メンタルを強くしていくには
無理に精神的に強度を上げようとすると、どこかにひずみが出てしまいます。
落ち込んだり不安になったりするのは人間としては当然の感情です。
無理にメンタルを強くしなくては!と気負ってしまうと、自分の気持ちにフタをしてしまったり、本当は辛い感情をだまし続けたりしなくてはいけません。
それが成功して本当に強くなっていく方もいらっしゃるかもしれませんが、大抵は長続きせず、逆に大きなストレスとなっていつか爆発してしまう可能性があります。
また、どんどん人間味のない、感情がなく独り善がりで周囲とうまくやっていけなくなってしまうような人になる可能性もあります。

無理に心の強度を上げるよりは、精神的なショックを受けた時にいかに立ち直っていくか、どのように受け流していくか、小さなことからストレスを上手に逃がしていくことを上手に習慣化していく、そのあたりに注目してみましょう。

〇楽観的に
落ち込むのは人間だから当たりまえです。誰もが通る道だと考え、経験値となり将来の糧になると思いましょう。失敗しない人間はいませんし、平坦な道だけを歩いていては成長はありえません。

〇考えすぎない
そのことばかり考えていると、人間は思考が先走りしてしまいます。仕方ないことは考えすぎない、過剰に悪い事態を想定しないことが大切です。不安は増幅しがちです。とりあえず進むことで道はできていくのです。

〇楽しみを見つける
趣味でもなんでもかまわないので、自分が没頭できる何かを見つけておきましょう。
それがゆとりとなり、ゆとりがある人は、ピンチに陥った時にもただ悩むのではなく、これはチャンスかもしれないなどと多角的に考えられるものです。

〇1人を楽しむ
周囲の目を気にしたり、誰かの評価を気にしたりしてしまう人というのは、誰かと群れていないと不安になる場合が多いもの。なんでもいいので、1人でも楽しめるものがあると、いざという時にも腹を据えて自分で決断し行動することができます。

〇今を生きる
「いつか」「そのうち」そんな非現実な夢物語を見ていないで、しっかりと現実を生きましょう。
逆に過去にいつまでも縛られていたり、昔のことをくよくよしたりせず、今に目を向けるよう切り替えましょう。

〇習慣化しましょう
なかなかいつもの考え方や、行動パターンを変えるのは難しいものです。
普段と違うことをしようとすると、脳は変化することを恐れてストップの信号を出してきます。
毎日生きていると、人間なので必ず何かミスをしているはずです。
例えばゴミだしをうっかりしていた、見たいテレビを録画していなかった、友人との約束を忘れていた…そんな時に、「大丈夫、ゴミ収集はまた来る、次回は忘れないように」「テレビを見る時間を他のことに有効に使える」「友人にきちんと謝ったら許してもらえた」など、小さなミスをきちんと挽回できるように意識してみてください。

大きなミスの挽回も、小さなことが普段からできているからこそ自信を持って対応できるようになる…かもしれません。

一朝一夕には人は変わることはできません。
けれど逃げずに自分と向き合い、起きることをきちんと受け止めて対応することを意識していれば、必ず精神力も上がってきます。
自分自身の気持ちと行動のみが、自分を変えることができるのです。

世の中にあふれる奇跡を自分のものにしよう

今日も琥珀のブログへご訪問ありがとうございます。
世の中には、奇跡のようなことが起きて人生がひっくり返ったり、とんとん拍子に上昇気流に乗ったりしている人がいらっしゃいます。
そういう方は特別だと思われるでしょうか。
「奇跡」は誰にでも起こるものです。自分がそれを望んでいるかどうかだけ。
「そんなうまい話はない」と思われたでしょうか。
その意識こそが、奇跡を呼び込めるかどうかを決めているのです。「そんなうまい話があるわけがない」=「奇跡なんて自分には起きるはずがない」とご自分で決めているのですよ。

自分がしっかりと決めて宇宙にオーダーしたことは、叶います。どこまで自分でしっかりと決めているかどうかです。
ものは試し、奇跡を起こす方法をやってみませんか?ただオーダーするだけで無限に願いは叶います。よろしければ最後までご覧になり、ぜひ実践してみてください。

・自分の人生は自分で決めている
奇跡のようなことでも、しっかりと決めれば叶います。上手に宇宙にオーダーしましょう。
叶うわけがない、自分はどうせこのままだ、奇跡が起きるような人間ではない、そんな風に考えているならとてももったいないことです。
少し前の世界長者番付で10億ドル以上の資産でランクインした日本人は、24人いらっしゃいました。
遠い世界の話だと思うか、自分にも可能性があるかもしれないと思うかでも、未来が分かれてきます。
宇宙は、誰の望みも叶える準備が常にあります。あなたがするのは、ただ望みを決めてオーダーするだけです。

・なぜ叶わないのでしょう
宝くじが当たらないのは、当たる確率が低いからではありません。1等が当たる人数が少ないから当たらないのではなく、あなたが当選するならそれがすべてなのです。枠は1つでかまわないのです。そこに入るかどうかだけ。
けれどあなた自身が、「どうせ当たるわけがない」「買っても無駄だし」と決めてしまっているから、当たらないのです。
と言われても、急に「心底当たると思う!当たる気がする、ありがとう!絶対当たるんだから、もう何を買うか決めておこう!」なんて思えないですよね。
(予断ですが、実際に高額当選した人が知人にいらっしゃる方がいました。その方は絶対に当たると信じきっていて、まだ当選番号の発表もされてない段階で数百万の新車を買ってしまったのです。そして見事に、数千万の高額当選を果たしました。と言っても、新車を買ってしまえば当たるのだ、というのとは違いますのでご注意くださいね)

・潜在意識から信じることが大切
ブログでは何度もお伝えしていますが、自分で把握できる顕在意識というのは、意識全体のほんのわずかな部分です。
自分ではどうにもならない、潜在意識を変えていく必要があります。
意識は宇宙とつながっています。意識下で考えていることは、常に宇宙にオーダーしている状態と考えてください。
意識のほとんどを占める潜在意識を変えていくことが、宇宙にきちんと望み通りのオーダーをすることにつながっていきます。

ほとんどの方は、普段から「宝くじが絶対に当たる」とは考えていません。また、他にもたくさんのネガティブな言葉を自分自身にかけ続けています。「どうせ私なんて」「俺はこのレベルだから仕方ない」「また失敗してしまった、どうせまた次も失敗するんだろう」そんな風に、自分を決めてしまっていませんか?
逆に「絶対に成功する」「必ずフェラーリを買う」「来年はロレックスを買う」「自分のようにすごいやつはそういない」そんな風にポジティブなことを思い続けてきた方は、少ないのではないでしょうか。

そうしたマイナスの言葉がけ、ネガティブな感情を持ち続けていると、潜在意識と宇宙のつながりが弱くなってしまいます。まずはそこを直していく必要があります。
一番てっとり早いのは、ネガティブさをなくすために、ポジティブな言葉を意識すること。最強の言葉は、感謝の言葉です。
「ありがとう」「おかげさまで」「感謝します」時間があるときは常につぶやいてください。長年マイナスの言葉で凝り固まった潜在意識をときほぐすには、かなりの感謝の言葉が必要です。毎日毎日、口に出すことを習慣化してください。周りに人がいるときは、心の中でとなえてください。
さらに慣れてきたら、その次に最強の言葉、愛の言葉をとなえてください。「愛しています」「大好きです」こちらも何度も何度もつぶやいてください。
対象は何でもかまいません。自分自身にもささやいてください!
周囲の人にでもかまいません。愛車など物でもかまいません。「いつもよく動いてくれて、ありがとう、大好きだよ」と言葉をかけてください。慣れてきたらすんなり口に出るようになりますよ。
逆になかなか照れくさくて言えないというときは、かなり潜在意識がマイナスの言葉で鬱状態になっていると言ってもいいでしょう。しっかりとポジティブワードを連呼してくださいね。

・時間差があることを意識する
さて、潜在意識もすっきりプラスの方向になり、宇宙へのオーダーも常に意識しているなら、後は待つだけです。
ここは我慢のしどころです。ちゃんとオーダーも通っていて準備されているのに、「やっぱり叶わないじゃないか」と思ってしまうと、「やっぱり叶わない」というオーダーが通ってしまいます。
せっかくもう少しで叶うところだったのに、「じゃあいらないのね」という状況になってしまいます。
願いはいつでも変更可能です。叶いそうになっているオーダーも、自分が取り下げてしまうとすぐに引っ込められてしまいます。
最後まで信じてください。
すべてのオーダーはきちんと通っています。願いが叶わないのは、あなたがそう決めてしまっているからです。


なんとなく、願いが叶うような気がしてきましたでしょうか。それは正しい方向に意識が向いているということです。その調子で、マインドをプラスにしていく言葉がけを習慣化していってください。まずは自分に感謝し自分を愛するところからです。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

【開運】なかなか効果が出ないという時に、運気の勢いをつけるものとは

開運のアイテムを設置したり、運気アップの風水を試したりしたけど、効果が感じられないということはありませんか?
風水は4000年前に中国で生まれた環境学です。そして開運アイテムだけで自分の望みがすべて叶うわけではなく、風水を実施したからといって、高額の宝くじがいきなりすべての人に当たるというわけでもありません。
けれど長く続いているのにはやはり理由がありますし、やはりきちんと実践すれば開運効果があるから続いているわけです。
では効果があまり感じられない場合には、どのような理由があるのでしょうか。

・開運方法について
世の中には様々な情報があふれています。
風水に関するサイトもたくさんありますし、本も選びきれないほど売られています。なんとなく調子が悪いし、試してみようかなと気軽に風水を実践してみる方もいらっしゃると思います。
先ほどもお伝えしたように、全く同じ開運法を試したからといって、すべての人に同じ効果があると考えるのは現実的ではありません。
タイミングや、今のその方の状況、家の中の様子など、人によって全く違います。ただ方角をなんとなく決めて、いいと言われる色のものを飾ったからといって、何かが劇的に変わるのかというと、難しいところです。
さらに自己流では間違えている場合もあります。
また同じ人でもタイミングによっては全く違うものがあう、ということもあります。
開運グッズにもエネルギーがありますから、それをきちんと発揮させられるようにしなくてはいけません。
(ご興味のある方は、ぜひ琥珀の鑑定をご検討ください。あなたの天命を見させていただいた後、運気を上げる風水と受け止める心、両方からのアプローチを個人的にお伝えしています)

・意識改革
きちんと開運法を実践していても、運気を受け取る側の準備ができていないなどの場合、効果を感じにくいこともあります。
風水を実践したら、「これで変わる、運気がよくなっていく」としっかり意識することが大切です。意識することで、いいエネルギーが出てきますので、相乗効果で結果が出やすくなっていきます。
また逆に、風水に頼りきりになるのもあまりよくありません。これをすれば全て解決するはずだ、というように依存してしまっていると効果が見えにくくなります。
開運法を実践しながら、自分でも努力したり、運気を手に入れるためにアクションを起こしてみたりすることが大切です。
他力本願では、なかなか物事は進んで行きません。
やりたいこと、叶えたいこと、掴み取りたいものは、自分でまず動かなくてはいけません。その追い風となってくれるのが開運法です。
積極的に自分が動くからこそ、はじめて効果が見えてきます。
動くから、変えようとするから、運も動きます。
特にすごいことをしようとしなくても、ちょっとしたことを変えてみるのもおススメです。いつもの通勤路を変えてみる、少し違うテイストの靴を履いてみる、髪型をちょっと変化させてみる、ハンカチを新調する…なんでもかまいません。
とにかくまず変えてみる、動いてみるということを実践してみてください。
いつもと同じでは、なかなか運気も変わることができません。新しい風をまず吹き込んでいきましょう。

・もっと叶えていくために
さらにぐっと運気を上げていくためのポイントを、いくつか最後にお伝えいたします。
叶えたい願いにあまり固執しないようにすることも大切です。
必死にこだわりすぎると、かえって叶いにくくなることもあります。何がなんでもという思いが強ければ強いほど、ネガティブな思考も生まれてくるからです。どうしても成就しないと困る、しなかったらどうしよう、他のことはいいからこれだけは、多少人に迷惑かけても…そんな思いは、やはり効果が出るのを妨げてしまいます。
 ○やるだけやったのだから、後は流れに任せよう。
 ○結果を楽しみに待っていたら、きっといい方向に行く気がする。
 ○最善の道が開かれていくように思えて、毎日気分がいい。
そんな風に過ごしてみてください。
自分の望み以上の、幸せや運が巡ってきている可能性もあります。効果がない…と言いながら、実は違う方面で望みがしっかりと叶っているのかもしれません。
今の状況を柔軟に受け止めましょう。運を手にいれやすくしたなら、あとはきっと大丈夫と信じて楽しみに待つのがいいですよ。そうすれば、めぐってきている運にも気づきやすくなります。


また、自分以外のものに依存しない、動かそうとしない、言い訳にしないということも大事です。
「上司がこうしてくれたら」「取引先がオッケーを出してくれさえすれば」「売上が今月だけ増えたら助かる」ではなく、「人脈を増やすためにこうしてみよう」「波動を高めるためにいい食事を取ろう」「運気アップに役立ちそうだから、強力なエネルギーを持っていそうな人と会ってみよう」と自分中心に考えてみてくださいね。
そして自分だけではなく、周りの幸せも一緒に望んでみてください。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました

【心理学】すぐにイライラしたり、腹を立てたりしていませんか?怒りの奥にあるものとは

皆さま、今日も琥珀のブログへようこそいらっしゃいました。
今日は「怒り」という感情についてお伝えいたします。

誰でも人間であれば、腹を立てることは必ずあります。他にも恨みに思ったり、憎しみを抱いたり、理不尽に逆切れしたり…今までの人生で、そういった感情で失敗したことなど、思い当たることが誰にもあるのではないでしょうか。
子どもの時に友達や家族、先生などから受けた理不尽な仕打ちや、自分ではどうしようもないことに対してのイライラなどはどうでしょう。
色々な経験をして、大人になってからは上手に「怒り」に対処できるようになった方も多いかと思います。

上手にマイナスの感情をコントロールできるようになるといいのですが、つい怒ってしまう、イライラしてしまうという怒りグセのようなものがある場合は、その奥にあるものを見つめてみましょう。
腹を立てることで解決できることというのは、ほとんど無いと言ってもいいかもしれません。怒りという感情は、あまり持たないにこしたことはありません。

・まずは自覚するところから
あなたはすぐに腹を立ててしまうタイプでしょうか。
人によっては、常にイライラしていて、自分が怒りグセを持っていることにさえ気づいてない場合があります。

また、怒ると言っても、程度は様々です。
ちょっとしたことで常にイライラしてしまう場合もあれば、年に一度くらいの頻度で、どうしても許せないことに怒りの感情が爆発してしまう場合もあるでしょう。
さらに、相手が嫌いな人だったから、普段なら許せることが許せないということもあるかもしれません。
気分次第で、感情の起伏がある人もいるでしょう。怒りと言ってもいろいろあります。

また怒りをすぐに素直に出すタイプ、徐々にためこんでいって爆発するタイプ、八つ当たりするタイプ、親しい人にだけ感情を吐きだすタイプ、物に当たる人、じっと抑える人もいます。
まずは自分がどのようなタイプか考えてみてください。

・怒りの裏側にあるもの
脳の障害などで常に怒っているような人でない限りは、「怒り」の前に別の感情があると言われています。
何かきっかけになる負の感情があり、その感情から自分を守るための防衛反応が「怒り」なのです。
〇自分がバカにされた
〇大切にされていないと感じた
〇共感してほしい
〇メンツを傷つけられた
〇不安
〇悲しい
〇寂しい
〇手助けしてほしい
〇愛してほしい
「怒り」は、そういった感情にフタをしてくれるものです。
大切にしてほしいのにされなかった、それを伝えて拒絶されたらもっと傷ついてしまう、そんな時に怒りがこみ上げてきたりします。
怒りは自分を大きく見せることができるように思わせてくれる、強いエネルギーがあります。自分自身でも、怒りを出すことによって優位に立っているような錯覚をおぼえます。
愛してほしいのに、愛されなかったらどうしよう、と思ってむちゃくちゃな反抗をしてしまうのは、思春期の子どもに見られたりしますね。
裏側には怖いという感情があります。本当の気持ちを伝えるのが、とても怖く、不安になってしまうんです。

けれども、怒りという感情をぶつけても何も解決しないどころか、自分もエネルギーがとても必要になり消耗してしまいます。
できれば怒りという感情を、上手にコントロールしたり、うまくつきあっていったりすることが大切です。
まずは自分が怒っていることを認め、なぜ怒っているのかを考えてみてください。
相手が存在する怒りなのか、漠然とした不安からの怒りなのか、不必要なことをさせられている怒りなのか(たとえば渋滞に巻き込まれたなど)、分析することができそうなら、してみてください。

自分の感情を紐解いていくことで、自分の中で解決できることもあるかもしれません。
怒りで武装しなくてもいいように、自分の中にある声に耳を傾けてみてください。
怒りでごまかさず、きちんと自分の本当の感情に気づいてあげてください。

怒りを出すことで、自分の価値が上がることはまずありません。
大人の対応ができる方が、株が上がります。
怒るということは、動悸や血圧の面でも自分の体にも負担をかけていますから、なかなか怒りグセを治すのは難しいことですが、少しずつ努力してみる価値はあります。

怒りの感情は誰にでもあるものです。上手にコントロールできるようになると、人間関係やストレスの面でも利点があります。

ちょっとしたことでイライラしてしまう場合には、「おかげさま」ととなえてみてください。渋滞に巻き込まれてしまったなら、事故を起こしたのが自分じゃなくてよかったと思えたりしますよ。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。


【開運】物を捨ててすっきりしたら、体内の毒素もすっきり排出しましょう!簡単な2つの排出方法

最近は断捨離ブームです。余計なものは減らして身のまわりをすっきりシンプルにすれば、風もよく通りますし、悪い気や想いも一緒に捨てられて運気も上向きになります。
余分なもの、古いもの、使わないものは思い切ってどんどん処分しましょう。
捨てて空いたスペースには、新しい風が入ってきて、色々なものを一緒に運んできてくれます。
新しい運気、いい運気は、いいご縁などは、スペースがないと入ってくることができません。
そして物が減ると、掃除もしやすくなりますね。整理整頓も、物が少ないとやりやすくなります。

断捨離はいらないものを捨てるだけではなく、他にもメリットがあります。ブームだからというわけではなく、ずっと続けていただいて家の中をリフレッシュしていってください。
もちろん家だけではなく、職場や車の中など、自分の身の回りは定期的にすっきりさせることを心がけてくださいね。

・物だけではなく、体内もすっきりさせましょう
家の中がすっきりしていても、一番大切な自分の体はどうでしょうか。
物は捨てるけど、体内環境は余分なものでいっぱい…人間生きていれば、いらない物がどんどん増えてしまいますが、体内でも余分な毒素などをためこんでしまっています。

仕事もお金も大事です。肩書や人間関係もとても大切ですし、時間もとても貴重なものです。
けれど一番大切なのは、やはり健康ですよね。
自分自身の体をちょっと見直してみてください。自分は大丈夫と過信していませんか?
時々体も、断捨離=体内毒素の排出を意識してみましょう。体に余分なものは、どんどん捨ててさらに開運体質を目指しましょう。

・簡単な毒素排出
まず一番簡単な排出法は、水を飲むことです。
体内にたまってしまう毒素は、ほとんどが排泄物として排出されます。特にお通じがないことが続くと、有毒物質をずっとためこんでいることになってしまいますので、きちんと排出できるようにすることが大切です。
そのためには、毎日お水を飲んで体内をリフレッシュさせてください。
あまりたくさん飲んでも腎臓に負担がかかりますので、1.5リットルを目安に、体の声を聴きながら無理のない範囲で水分補給してください。
コーヒーやアルコールなどは、水分補給とは言えませんので注意してくださいね。
何かを洗う時は、水を使って洗いますね。体内も同じことです。
また、冷たいものは負担がかかりますので、できればぬるめのお水や常温のものを飲んでください。

女性の方はむくみを気にして水分を控えることもありますが、水を控えるほどむくみが出るので気をつけてくださいね。
足りていないので、体がためこもうとします。
きちんと水分をとって、体内を循環させましょう。
体内で水分が滞ると、身のまわりでも仕事が滞るなど、色々なものが滞ってしまいがちになります。
まずは自分自身をきちんと「循環する体」にしていきましょう。

・血のめぐりもよくしましょう
お水を飲んで循環する体作りをはじめたら、次は血行も意識してみてください。
軽い運動で筋肉をつけるのもおススメです。有酸素運動、特に少し早目のペースでのウォーキングは効果的です。血流もよくなり、一定のリズムを刻むので、幸せホルモンの分泌も促されます。また自律神経も整い、腹部周りの筋肉もつくのでお通じにも有効です。

入浴や岩盤浴などで体を温めることも大切です。さっとシャワーばかりでは、なかなか代謝や血行が滞ってしまいがちになります。
夏でも、冷たいものの取りすぎには気をつけてください。

自律神経を整えるには、ある程度の規則正しい生活も大切です。
どうしても、という徹夜や飲み会は仕方ない部分もありますが、あまり無理ができなくなる年齢というのもありますから要注意ですよ。
また無理しすぎると後で響いてくることもありますので、長い目で見て生活習慣を見直すことも、健康を保っていくには大切なことです。

きちんと循環する体を手に入れたら、人間関係や仕事など自分の周囲のことも、いい流れで循環していくようになります。
たまりがちな余計なものは、どんどん出して捨てていきましょう。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

【開運】風水の厄落としで運気アップ

ようこそ琥珀のブログへご訪問ありがとうございます。

風水は衣食住の環境を整えることで、いい運気を呼び込む環境学です。風水のパワーで、運命をいい方向へと導くことが可能になり、状況をよくしていくことができます。
風水で運気を上げることができても、それを受け取ることがうまくいかないと、せっかくのパワーも半減してしまいます。
受け取り側の器を大きくする心理学メソッドもありますが、いい運気がしっかり入り込めるスペースを作っておくことも大切です。
身のまわりの環境を整えるだけではなく、悪い運気をしっかりと落していくことも意識してみましょう。
人によっては、毎日の人間関係や、人ごみの中にいるだけでも色々な厄やマイナスのエネルギーをもらってしまうことがあります。
今日はそんな厄落とし風水をお伝えいたします。しっかりよくないものを祓って、開運していきましょう。

・まずは換気
気の流れをよくするのが風水ですから、風を通すことはとても大切です。
大地を覆ってしまう家や道路の上にいると、それだけで自然のエネルギーが遮断されてしまっている状態です。
少なくとも、毎日窓を開けて空気の入れ替えをしてください。空気が淀むと、陰の気が発生しやすくなります。

特に家の中でも暗いところ、廊下の隅、下駄箱の中、押し入れ、クローゼット、あまり人が入らない部屋、また水の気が多いトイレ・お風呂・キッチン・洗面所、そんなところを中心に、こまめに換気してくださいね。

・自分自身の厄落とし
特に朝の換気がおすすめです。
起きたら朝の光を浴びて、さらにパワーアップしましょう。
体が重たい、悩みがある、なんだか調子が悪いといったときには、朝日はとても効果のある自分自身の厄落としにもなります。

あれこれ考えすぎてしまうときには、しっかり早めに寝てしまいましょう。夜に考えるよりも、朝考えた方がプラスの方向に向かうことも多いものです。シーツなどをきれいに洗い、アロマなどを炊いたりして、リラックスできる状態で睡眠をとってください。よく寝るだけでも悪いものが落ちていきます。
一晩で足りなければ、お休みの日に一日中布団に入っているというのも、いい厄払いになります。時間が許せば、とことん弛緩してゆっくり寝てください。
しっかり寝てリフレッシュしたら、家中の窓を開け、普段しめている扉も開けてみましょう。すっきりと新しい風が、自分の中にも通っているのが分かると思います。

温泉に入るのも厄落としになります。温泉には大地のエネルギーがたっぷり詰まっています。出たり入ったり、のんびりと温泉を楽しんでみてください、たっぷりとお水を飲んでくださいね。アルコールはできれば控えてください。
岩盤浴もおすすめです。汗をしっかりかいて、体内の厄も一緒に落しましょう。
温泉に行くひまがなければ、お風呂に日本酒と塩を入れて入浴してみてください。しっかり厄落とししたいときには、いいお酒とお塩をたっぷりいれてください。厄が落ちますので、自分専用にして出たらすぐに流してしまいましょう。
邪気を払って浄化してくれる塩は、持ち歩くのもおすすめですよ。
天然塩を紙に包んで持ち歩きます。カバンの中でもいいですし、下着の中に入れるのも効果があります。数日、できれば1週間以内には使用済のお塩は流してください。

・とにかく捨てる
物には想いが宿ります。また古いものや、人からもらったものにも、念や陰の気がこもってしまうこともあります。
いるものだけを残して、不要なものはどんどん捨てるクセもつけてください。
それだけで大きな厄払いの効果が得られます。

写真や絵、ぬいぐるみ、お財布、服、下着、お守り、使っていないもらいもの、本、古いものは捨ててしまいましょう。
お守りやおみくじは、そのまま捨てずに神社やお寺に持っていってください。写真や人形などは、感謝の気持ちとともに見えないように紙袋などに入れて処分しましょう。
お天気のいい日に、すっきりとした気持ちで処分してください。


より開運できるように、定期的に厄落としをお試しください。最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

【成功理論】ビジネスを伸ばし続ける方法

皆さま、ようこそ琥珀のブログへ。いつもご訪問ありがとうございます。
まだまだ残暑が続きます。暑さに負けず、体調を整えられて、一気に飛躍し成長できるようにしていきましょう!

さて、ビジネスにおいて成功する秘訣はいろいろとあります。
今日はその中でも、「エネルギーなどを出し惜しみしない」ことが、ビジネスを伸ばしていくポイントである、というお話をさせていただきます。
これはビジネスだけではなく、人間関係や恋愛などにも応用ができますので、よろしければ最後までご覧いただき、ご参考になさってみてください。

・とことんやりぬく
ビジネスを成功させようと思うと、1人ではなかなか難しいものです。
利益を出さないといけないわけですから、支払をしてくれるお客様やクライアント様などが必要です。
まずは知ってもらうところから、そして外に出る、人に会う、ノウハウや知識を得る、人を巻き込んで協力してもらう…
色々な過程がありますが、もしその中で誰かにアイディアを先に発表されたら。苦労して得た情報をすべて持っていかれてしまったら。やり方を真似されたら。
しかもそれがよい結果を出していたら、大抵は心中穏やかではないはずですね。

もちろん違法なやり方で真似されるのはいけませんが、そうでなければ、真似されるくらいのものを自分は持っていたのだと自信を持ってください。
真似されてそれでダメになるくらいなら、それまでのものなのです。
本物は、真似されることで輝きを失うことはありません。
1つ2つ、何かを持っていかれたからといってつぶれるようでは、結局はどこかで続かなくなります。

本当に成功したいなら、常に全力でアイディアを絞りだす、寝食も忘れてノウハウを構築する、誰も知らない情報をかき集めまとめて自分のものにして世に出す、そういった労力を惜しまないでください。
一流の人というのは、自分が培ってきたものを出し惜しみしません。それら全てを出したところで、到底普通の人には真似できないところまで到達しているものです。
常に全力でやり続けるからこそ、成功への道が見えてくるものです。

真似されてもいいと思うと、それがいい意味でもプレッシャーになります。
よりいいものを、さらに独自性をと常に上向きでいられます。自分自身を追い込み、いい緊張状態を保っていつも上向きでいてください。
そして緩める時はしっかり緩めてくださいね。走り続けていては、やはり続かなくなってしまいます。

・出しているものがあなた自身である
全力で得てきた知識、アイディア、やる気、ノウハウ、お金、情報、そして本音の自分自身も出し惜しみせずに出していきましょう。
中途半端であったり、表面的だったり、何より出し惜しみしているケチくさい雰囲気を漂わせていると、人は魅力を感じず、興味も持たれなくなります。そして同じようにケチくさい人が集まってきます。

せっかく100のエネルギーがあるのに、10しか出していなければ、周りはあなたを10の価値の人だと思ってしまいます。
逆にセーブせずに出していると、喜ばれますし、その恩返しをしようと動いてくれる人も増えます。
持っているものはセーブせずに出してみてください。
自分が持っているものを貯めこもうとすると、循環しませんし、相手は本当に自分のことを考えてくれているのかを敏感に察知し、去っていくものです。
人に与えることは、「愛」なのです。持っているものを出して与えるから、あなたの魅力が増し、人が集まってきます。

・愛の循環
相手のことを考えて行動しているのか、徹底的に与えているのか、「自分のため」が強くなっていないか、時々振り返ってみてください。
たくさんのお客様もクライアント様も、まずは目の前の1人からです。
自分の持っているものを出すというのは、自分自身の体験や恥の開示なども含むこともありますから、泥臭いものです。
差し障りのないものは、あまり響きません。

これは人間関係や恋愛などにおいても同じことが言えます。相手のことを思い、自分が持っているものを与え続けるからこそ、持続して広がっていきますし、たくさんのものが返ってくるのです。
与え続けられる人であるために、常に上を向いて努力を怠らないからこそ、信頼が生まれ、自分自身の価値も上がっていきます。
もちろん、時に緩める時間も必要です。ほっとする自分だけの時間も、確保してくださいね。


お金に好かれる人とお金との関係

皆さま、暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。外を歩いていると本当にうだるような暑さでクラクラしてしまいます。
熱中症などには皆さまもお気をつけて、過ごされてくださいね。

さて、世の中には「お金持ち」と言われる方がいらっしゃいます。
どのくらいのお金を持っていれば「お金持ち」と言えるのか、というのは個人によって基準が違うと思いますが、ある程度の収入や蓄えがあり、生活に困っていないということが目安になるでしょうか。
いわゆる「お金持ち」の方とお会いしたり、お話に聞いたりするたびに思うのは、お金持ちはとても『お金と仲良し』だということです。『お金とお互いに相思相愛』だとも言えます。

お金のことがとても好きなので、お金にも大変好かれています。そしてお金に好かれるようになると、さらにお金がどんどん戻ってくるようになるのです。

・お金のことを好きになる
お金が嫌いだという方はいらっしゃらないかもしれません。けれど、お金に対してあまりいいイメージがない、お金に対して何らかのブロックを持っている、という方も実は結構多いのです。

お金を好きになると言っても、難しいことではありません。
〇フルーツが大好き。
〇スポーツ観戦が好き
〇旅行が好き
〇ペットが大好き
〇毎月ゴルフに行くのが楽しみ
〇友人とツーリングに行くのが好き
〇あの俳優さんの大ファン
〇朝のコーヒーが好き
〇お金が好き
お金だけが特別なのではなく、自分の「好き」と同列に、「お金」があるということです。
色々と皆さまお好きなものがあると思いますが、その中の1つがお金という感覚です。

例えば次のような「好き」はどうでしょうか。
〇お金があれば贅沢三昧ができて自慢できる
〇優位に立てるからお金はあればあるほどよい
〇お金がないと困るから必要最低限しか使わないようにして、できるだけ貯める
〇自分で稼いだ金は、自分のためだけに好きなようにどんどん使ってしまえばよい
このような意識でいると、一時的にお金が入ってくる状況になったとしても、不思議と長続きせずお金に困るようになることがあります。

お金自身は、汚いものでも悪いものでもありません。
私たちはお金に意識やエネルギーをのせていますが、お金に「がめつい意識」や「お金のせいで大変な苦労をしてきたからなるべく貯めこんでおこう」、「あいつを見返したいからとにかくどんな手段でも荒稼ぎしよう」などといったマイナスの思いがあると、お金に好かれなくなってしまい、金運が下がることになります。

・お金が好きということ
恋人のことが大好きなら、いつも一緒にいたいし、その方を大切に扱いますよね。
また、普段あまり食べられない大好物をいただいたら、うれしくてニコニコしてしまいますね。

同じように、お金が入ってきたら「ありがとう、戻ってきてくれてうれしい」と迎えてあげてみてください。
大好きなお金がめぐってきたら、心地よくお金が過ごせるようにしてあげたくなるし(お財布など)、気持ちよく行ってらっしゃいと声をかけたくなるし(お支払いの時)、またたくさんお友達を連れて戻ってきてねとつぶやきたくなるものです。

車好きの人が新しい車を買ったら、うれしくて毎日磨いてあげたり、一緒にドライブをする時にもいとしくてハンドルをなでてあげたり、「今日もかっこいいね」と声をかけてあげたりされると思います。
お金も同じように、やさしくなでてあげたり、声をかけてあげたりする感覚です。そうするとどんどんお金と相思相愛になり、お金もうれしくて集まってくるようになります。

そんな意識で「お金が好き」だと言う方が、お金持ちの人には多いのです。
お金が特別なわけではなく、純粋にお金のことを好きになってみてください。
そうすれば自然と、お金が喜ぶ扱い方、使い方、増やし方が身についていきます。
少し意識を変えることで、お金に好かれるようになっていきますので、ぜひ実践してみてください。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

思い通りの人生を歩きたい!そう思ったら

今日もご訪問ありがとうございます。お忙しい日々の、貴重なお時間をいただけること、本当に感謝いたします。ブログを読んでいただき、何かのヒントになることがあれば大変幸いです。ゆっくりとご覧くださいませ。

人生、振り返った時に何もなかったと思われる人はまずいないと思います。
長いようで短い人生、それぞれに様々なドラマがあるのではないでしょうか。
生きていれば色々あります。
必ずいつの日か、終わりが来るのが人生ですが、今のところ思い通りの人生を歩いている!と言い切れる方はそれほどいないのが現実かもしれません。

誰もが、こんな人生を送ってみたいと思い描くものがあると思います。
成功して豪邸に住むという大きな夢や、日々好きな人に囲まれて楽しく暮らせたらというような願いもあるでしょう。

・理想の生活を手に入れるには?
それでは思い通りの人生を手に入れるには、何が大切なのでしょうか。
それには「感情」が重要なキーワードになってきます。
気持ちや感情というのは、実は現実世界にいろいろなことに影響を及ぼしています。。

普段からネガティブな思考のクセがある方の場合、ネガティブなことが次々と起こったりします。
事故に遭いたいと思う人はいないと思いますが、なぜかよく事故を起こす人がいます。そのたびに文句を言い、相手のことを悪く言い、自分の不運を嘆くのですが、不思議とまた事故を起こすのです。
おそらく、心のどこかで、これだけ事故を起こしてしまうのだから、また起こすだろう。そしてまた嫌な思いをするのだろう。そういえばあの事故の時は、ケガをして通院して辛かった…など、思考がネガティブなスパイラルに入ってしまっている可能性があります。

ネガティブな思考クセのある人には、ネガティブなことが起きがちです。
同じように、1人でいつも寂しいと思っている人は、ずっと1人だったりします。
常にちょっとしたことでも怒っている人は、さらに腹が立つことばかりが起こるようになります。

逆に、ちょっとしたことで幸せだなあ楽しいなあと思える人は、楽しいことが舞い込みます。
いつも感謝して前向きな人は、感謝できるようなことがさらに起こります。

・簡単には変えられない
ではがんばって、毎日笑顔で楽しく、いいことばかり考えていたらいいのかというと、そう簡単にはいきません。
いきなりそれまでの習慣や性格を変えるのは、なかなか難しいものです。
ネガティブな思考の人が、いきなり180度考えを変えるのはかなり大変です。

ではどうしたらいいのかというと、「気にしない」クセをつけてみましょう。
思い通りの人生を送りたいのに、思い通りにならないことが起きた時には、「簡単に思い通りにならないのが人生、この試練を超えたらきっとご褒美が待っている!」と考えてみてください。

願いごとをすると、「お試し」が来ることがあります。
ですから、思い通りに行かないことが起きたら、「願いが叶う前兆だ、ラッキー」くらいで構えてみましょう。
「思い通りに行かない」ことが、「思い通りにいくために予定通りに起きていること」なのかもしれません。

そう考えて、後は気にしないことです。

・悩みはなくならない!
ついつい考えてしまったり、気づくとネガティブスパイラルに入ったりしまう人は、仕方ないので、期間を決めて悩んでみましょう。しっかりとぐるぐる考えてみてください。
いくら考えても解決方法が見えないなら、それ以上考えてもムダだということです。
人生は思っているより短いものです。
なるべくムダな時間をはぶいて、もっと自分に必要なこと、目の前にあること、うれしいこと、本当にやりたいこと、そんなことに注目してみましょう。

思い通りにいかずにぐるぐるスパイラルに入ってしまう。
自分が望んでいる人生にならず、方向性を悩んでしまう。
結局どうやっても、そんなことは起きるものです。なくなることはありません。悩みは尽きないのが人生です。
色々なことを経験し、学び、成長するために生まれてきているのですから、「思い通り」にならない事態こそが人生の醍醐味です。
予定外のことも含めて、すべてがあなたの人生です。

そう思っていれば、結局予定通り、思い通りの人生になっていくものです。目先の悩みにとらわれすぎず、気にせず、お試しの1つだと思って気にしないことです。
思い通りにならなくて、そこばかり気にしていると、どんどんしんどくなっていきます。
思考をがらっと変えるのは難しいので、少し思考の方向をずらす感覚です。
最後までお読みただきまして、ありがとうございます。

気持ちに余裕がなくなってしまったら~燃え尽きる前に~

今日も琥珀のブログへお越しいただきまして、ありがとうございます。
貴重なお時間をいただきまして、感謝です。何かのお役に立てるような記事をお伝えできたらと思っています。
ふと目にしたものや、ピンと来るものがあるということは、それもご縁があるということですので、よろしければ最後までお読みいただけますとうれしいです。

今の社会は、やや生きにくいところがあるのが事実です。
色々な場面で、がんばりすぎてしまってエネルギーがなくなってしまったり、自分を追い込みすぎて動けなくなってしまったり…。
お仕事や、家族の問題、学校、パートナーシップ、人間関係など、様々なジャンルで燃え尽きてしまう方がいらっしゃいます。

ふと、ご自分の心のエネルギーがなくなってきているかもしれないと思ったら、ちょっと立ち止まって今の状況を見つめてみてください。
燃え尽きるところまではいっていない、と思われる場合でも、時々心のメンテナンスをするのはとても有効です。
いつもお忙しく、前だけを向いて走り続けている方も多くいらっしゃると思いますが、どんな機械でも必ずメンテナンスが必要です。実際にどこか調子が悪くなってからでは、取り戻すのが大変なこともありますので、定期的にご自身のメンテナンスを心がけてみてください。

・ご自身の気持ちに問いかけてみましょう
人はみな、生きるためにとにかく毎日やらなくてはいけないことがあります。
それがあまりにも過度になってしまうと、人間らしく生きることや、本来自分が思い描く人生と大きくかい離していってしまう場合があり、そのストレスで心のエネルギーが減ってしまうことがあります。

その状態が続くと、気持ちも麻痺してしまい、そのうち完全にエネルギーがなくなり、ガス欠で動けなくなってしまいます。

〇今一番ほしいものは何ですか
時間、睡眠、自由、お金、満足な人生…何かを我慢したりあきらめたりしていませんか。そんな時は、自分がほしいもの、幸せなこと、そういったものをリストアップしてみてください。
本当にほしいものを手に入れることが今はできなくても、リストアップしているとワクワクできると思います。そんなうれしくなるような時間を少しでも持つところからはじめてみてください。
〇自己否定ばかりしていませんか
「~でなければいけない」「まだ全然だめだ」「もっと上を目指さなければ」そんな気持ちばかりが強くなっていませんか。
突っ走ることも大切ですが、自分を認めてあげる時間もとても大事です。
〇ないことばかりフォーカスしてしまう
ないことばかり数えていても、状況は変わりません。
これだけしかできなかった、よりも、これだけできたと意識を転換させてみましょう。
「ある」ことも、ピックアップしてみると、案外たくさんあることに気づかれるでしょう。がんばられている方ほど、「ない」ものにフォーカスしがちですが、時々意識して「ある」ものを挙げてみてください。
〇長い目でものごとを見る
しんどくなってしまう方は、今に注目していることも多いものです。
もう少し長い期間で物事を考えてみてください。
どんな人生にしていきたいですか。
自分らしい人生になりそうですか。そんな視点に立った時に、見えてくるものがあります。

・最後に
本当に気持ちがしんどくなってしまっていたり、心のエネルギー残量が少なくなってしまっていたりすると、まずはそこを回復させないと前向きな行動を取るのは難しいこともあります。
自分の状況は、自分にしか分からないものです。本当の自分と離れていっていると感じるようなら、まずは自分自身を取り戻してみてください。
ちょっとしたこと、例えば朝起きた時はおいしいコーヒーでほっとしてみる。寝る前に、瞑想して真っ白な時間を作る。ほんの数分、いろいろなことを忘れられる時間を作ることは、心を楽にするひとつの方法です。
時々セルフチェックしながら、いい状態を保つように心がけてみてくださいね。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

12

« 2017年7月 | メインページ | アーカイブ | 2017年9月 »

このページのトップへ