HOME > 琥珀ブログ > アーカイブ > 2017年7月

琥珀ブログ 2017年7月

洗濯で開運・厄落としする方法

今日は洗濯で開運ポイントについてお伝えいたします。梅雨どきに限らず、冬の渇きにくい時期や、お仕事の都合などで部屋干しされる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
本当なら外でぱりっと乾かしたいところですが、なかなかそうもいかない場合もありますね。
少しでも、梅雨のお洗濯が楽しくなりますように。洗濯で開運ポイント、よろしければご参考になさってみてください。


・洗う前
洗濯する衣服は、汗や垢、ホコリなどのほか、外でもらってきた悪い気などもついています。
こまめに洗うのはもちろんですが、脱いですぐに洗うというわけにはいきませんから、洗うまでの保管にも気をつけてください。
汚れた衣服はまとめて保管し、フタなどで見えないように、悪い気がもれないようにしてみてください。
洗濯機がバスルームにあるという方も多いかと思います。バスルームや洗面所は元々湿気が多く邪気がたまりやすいところです。洗濯物の悪い気が加わってしまうとよくありません。

また、部屋に脱ぎっぱなし、着たものをまたそのままタンスにしまう、など思わずしてしまいがちですが、これでは邪気があちこちに散乱してしまい、悪い運気を呼び込むことにもなってしまいますので気をつけてくださいね。
一度着た服で、毎回洗えないようなものは、タンスにしまう前に陰干しをして風を通し、ほこりなどを落としてからしまうようにしてみてください。

・洗うとき
洗濯するときには、洗剤と一緒に粗塩を入れて洗うと厄落としができます。一度身に着けた衣服には汚れだけではなく、ネガティブなエネルギーや悪い気もついています。粗塩を入れることで、邪気や厄を落とすことができます。

洗濯を、お風呂の残り湯でされている方もいらっしゃるかもしれません。お風呂の残り湯には、入浴時に体から落ちたけがれやマイナスエネルギーなど、負の気がついています。洗濯に残り湯を使うと、そうした悪い気が洗濯ものにうつってしまいます。
節約を考えられるようでしたら、最後にすすぎをするときだけでもきれいな水を使って洗ってくださいね。


・部屋干しするなら
リビングに干している方もいらっしゃるでしょうか。家族が集うリビングに干してしまうと、見た目も悪く、せっかくのんびりリラックスしたい場なのに気が乱れてしまいます。
できれば洗面所やバスルームに干していだたくと、元々水の気がある場所になりますのでまだよろしいかと思います。

万が一場所がない、またはバスルームは乾きにくいのでリビングに干すという場合は、ついたてなどで見えないように工夫してみてください。その場合は、あまり隅に干さず、ある程度風が通るように隙間を確保してみてくださいね。

また、カーテンレールに干すのはあまりよくありません。元の用途を外れた使い方をしない方がよいのと、窓から光や風が入りにくくなり、洗濯ものの湿った空気が部屋中に広がってしまいます。
部屋干しではなく、外に普通に干す場合にも、しっかりと風が入るように余裕をもって干すと、風や光が十分に届いて運気がアップします。

・毎日洗いましょう
服には一日の汗や垢、臭い、そして色々な気や厄ももらってきています。毎日洗いましょう。特に下着はこまめに洗ってください。
また寝ている間にも汗とともに厄落としもしていますので、パジャマやシーツもできれば毎日洗うのがベストです。寝具はなかなか洗えないという場合もあると思います。コインランドリーや乾燥機も、上手に使ってくださいね。

幸せになる!と決めた人が幸せになれるヒント

皆さま、今日もご訪問くださりありがとうございます。
毎日暑い日が続きます。お体ご自愛くださいませ。
さて、皆さまこうしたい、こうなったらいいなという願望がおありだと思います。目標があるからこそ、毎日張りも出ますし、がんばる力にもなりますね。

ご自分の人生は、自分が思い描いたように動いていきます。
「幸せになりたいと思っているのに、幸せになれない」と思われるようなこともあるかもしれません。
あることに意識をしてきちんと決めさえすれば、誰もが幸せになることができます。
今日はそんな願望を叶えるコツをお伝えいたしますので、よろしければ最後までご覧くださいませ。

・自分が思ったように、決めたように現実化していく
「収入アップさせたい」と思っているけど、全然上がらないどころか支払が増える一方なので、買う物を厳選して節約している、全然望みは叶わない、なんて思われている方がいらっしゃるでしょうか。
たいていの方は、願いがあるけれど、「でも叶わないだろう」と思われています。これは実は「収入アップしたらうれしいけれど、どうせ叶わない」という願いが叶っているということになります。
ですから「願いは叶っている」状態なのです。

お金がほしいと思いながら、半額の商品ばかり買っていたり、節約しなければと必要なところも削って生活したりしていたら、入ってくるものも入ってきません。
決めるだけではなく、行動も伴うことが大切です。

・願いをオーダーしたら信頼して待ちましょう
願いを決めたら、宇宙(神様など、なんでもあなたが信じられるものでかまいません)に伝えます。そして叶うという前提で、信頼して待つだけなのです。
途中で違う方向へ行っているように見えても、より劇的な形で叶うようになっているので、くじけてはいけません。そこで、やっぱりだめなんだと思ってしまうと、それが現実になってしまいます。
決めたら、あとは信頼して忘れるくらいがちょうどいいのです。そして、叶う前から叶う前提で感謝の気持ちを持つことも大切です。

・願いを叶えるために大切なもの
「ありがとう」「おかげさまで」「感謝します」この言葉を意識していると、より宇宙に願いが届くようになります。感謝の気持ちはとても大切です。
当たりまえだと思わず、いろいろなことに感謝していると、それだけでも願いが叶う速度が上がります。
そしてもうひとつ、普段から感謝するだけではなく、定期的に神社にお参りすることもとても大切なことです。感謝のエネルギーが、より宇宙に届きやすくなります。
間違っても、お参りに行って願いごとをしないようにしてくださいね。神社は宇宙に、感謝を伝える場だと考えてください。

普段から感謝していると、もちろんそれもきちんと伝わっていますし、感謝は日々の生活の中で欠かすことのできないとても大事なことです。
さらに神社といったエネルギーの強い場所で感謝を伝えることで、より宇宙とつながることができます。
近所にある氏神さまに、定期的にお参りすることをはじめてみてください。エネルギーは循環しますから、感謝や信頼の気持ちを伝えることを続けていると、それは必ず返ってきます。
お賽銭も、気持ちをこめて丁寧にお供えしてください。
神社にお参りするからうまくいくのではなく、うまくいくことはもう決まっていて、それに対して感謝をすることで、さらにいい循環ができていきます。
循環がよくなってくると、宇宙からのヒントがさらに受け取りやすくなっていきます。
いい循環ができてくると、もう一歩踏み込んで、願いを見つめ直してみましょう。
たとえば「仕事で成功したい」という願いがあるとしたら、「仕事で成功して家族を幸せにしたい」「仕事で成功してお客さんに幸せになってほしい」そんな風に意識してみてください。
願いとは、感謝と信頼と愛情でまわっていくものなのです。願いが叶うことで、周囲がどうなるのか、自分だけではなく、周りの人たちもいい方向にいくような目標を立ててみましょう。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

お金持ちになる人の特徴

本日もご訪問ありがとうございます。
世の中にはお金に愛される人がいます。
お金にそれほど愛されない人のタイプというのは実は様々ありますが、お金に愛される人にはある共通の特徴があります。
お金に好かれる人は、普通の人と少し違う考え方や行動をしていることが多く、そんな生活習慣が成功する秘訣とも言える…かもしれません。
よりお金に愛されるために、今よりもさらにお金が入ってくるようになるために、ご参考になさってみてください。
よろしければ最後までお読みいただければうれしいです。

・時間を大切にする
「時は金なり」この言葉の通り、お金持ちは時間をとても大切にします。
お金と同じくらい、むしろお金より大事にしていることも多いものです。
1日24時間というのは誰に対しても平等に同じです。お金持ちは、時間を有効に使えるように、早寝早起きするなど規則的な生活をしています。
規則的であるということは、時間を守れるということで、信頼されるという利点もあります。
また使える時間を増やすために、移動にお金をかけて時間短縮したり、余計な遠回りせずお金を出して新しい情報や学びを得たり、専門的なプロにお願いできるところは依頼するなど、お金をかけるべきところがはっきりしています。
時間の損失は、お金の損失でもあるということです。

・決断が迅速
ぐずぐずしていると、チャンスを逃がしてしまいます。
お金持ちはここぞという時の決断力があります。
悩んでいる時間ももったいないですし、行動こそが変化をもたらすことをお金持ちは知っています。普段から情報収集を怠らず、長期的な視野を持ち、その上で瞬時に決断を下すことで機会を逃しません。

・お金を大切にしている
お金持ちはお金があるからといって、何でも手当たり次第に物を買うということはありません。
自分の気にいったもの、使いやすい機能的なもの、長く使えるものなどを愛用しています。お金があるからといって、高級ブランドや使わないようなものを手当たり次第に買ったりはしません。
どちらかというと、質素で倹約している方が多いイメージです。無駄なお金を使わないと言った方がいいかもしれません。
その代り、自分の成長に関することにはお金を使います。自己投資は、さらに仕事の質を上げることができるからです。また利益を生むことができる資産にも、投資を惜しみません。

・健康管理に気をつけている
時間と同様、健康もかけがえのない大切なものです。
高級料理ばかりを食べているわけではなく、健康的で栄養バランスのとれたものを食べ、適度な運動をしているのがお金持ちです。
病気になってしまえば元も子もありません。入院するようなことになれば、お金がいくらあっても人生を楽しむこともできません。

また意外ですが、お金持ちは案外家事をしている人が多いもの。普段忙しく仕事をしていたり、考えなければいけないことも多かったりすると、家事のような単純作業で頭の中がリセットできると言います。
お皿を洗ったり、トイレ掃除をしたり、ちょっとした家事を毎日欠かさず行っていると、ふとしたひらめきが降ってきたり、アイディアや仕事の効率が上がる打開策なども浮かぶのだそうです。
そのため、お金持ちの家は日ごろから掃除が行き届いていることが多いものなのです。

・お金持ちの人づきあい
お金持ちは誰に対しても温和で平等に接します。
人の悪口もほとんど言いません。
どんな人からも、いつの日か自分に有益なお返しがあるかもしれないものです。親切にするということは、めぐりめぐって自分の信用にもなります。人間関係には信用がとても大切なのです。
あの人は信用できると思われれば、ビジネスにおいても何かあった時に助けてくれたり、仕事をまわしてくれたり、役立つ情報などをこっそり教えてもらえたり、いいことが必ずあるのです。

また友人関係においては、誰とでもつきあっていては時間のムダが出てしまいます。そのためお金持ちは、友達の数を厳選します。
自分が成長できる、学びのある友人を好みます。また、ネガティブな思想がある人や、目標とする人物像とかけ離れている人とも、親しくはつきあいません。なぜなら、思考やエネルギー、生活レベルなどは、普段よく会っている人の影響を知らず知らずのうちに受けてしまうからです。親しくしている友人数人の収入の平均値が、自分の収入であるとも言われています。
自分がより成長できるような友人とつきあうことをお金持ちは好みます。


最後に、本物のお金持ち、成功者は自分の話はあまりしないものです。自分がしていること、持っているものをあまりひけらかしません。その代りとても聞き上手です。人の話には、何かしらの学びがあるからです。
他人の話には新しい気づきや、情報、ビジネスチャンスなどがあるため、自分の話をするよりも人の話を聞く方が有益だと考えているのです。

お金持ちになるには、自分をしっかりと持ち、流されず、人や情報や学びを意識し、お金が入ってくるような流れを作り出すことが大切です。まずは自分から行動を起こしてみてください。最後までお読みいただきましてありがとうございました。


成功を阻む心理とは?

本日もブログへご訪問いただきありがとうございます。皆さまの何かのヒントになることがあれば幸いです。

誰もが成功したい、幸せになりたいと思っているはずなのに、そうさせまいとする心理があるということについてお伝えいたします。
人というのは複雑なもので、まっすぐに目標へと向かうことができればいいのですが、その過程で様々な心理的葛藤や無意識の行動を起こしてしまうことがあります。
なるべく早く目標を達成し、自分が望むものを手に入れるために、自分の気持ちを少しのぞいてみましょう。

・成功したいはずなのに、わざと成功を避ける?
人は、変化を恐れることがあります。
自分がこんな風に変わりたい、これを達成したいなどと思っていても、なかなか着手しなかったり、最初の一歩すら出なかったりすることはないでしょうか。
人は現状維持を好むものです。
何かを始めようとすることには、大きなエネルギーが伴います。
また、失敗してしまった時に受けるショックと同様、成功することにもプレッシャーやさらなる成功への期待、嫉妬、目立ってしまうことの恐れなど、ストレスがあると感じてしまい、成功を無意識に避けようとしてしまうことがあります。

こうした心理的な障害のほかにも、もちろん成功への道のりは平たんではありません。少なくとも自分の内側に原因がある障害は、できるだけクリアにしておきましょう。

・成功を阻む3つの心理とは
〇成功に対する恐れや不安がある
嫉妬されるのではないか。
成功しなければとプレッシャーがある。
目立ってしまうのが嫌だ。
グループの中心にいたくない。
自分は成功する器ではないと思っている。
など、成功に対するマイナスの面を見てしまい、尻込みしてしまう場合があります。
失敗するような行動を取ったり、あと少しクリアできればチャンスをつかめるのにあえて違う道を選択したり、成功を回避するような言動をしてしまうのです。
「自分と向き合って、何が原因でそう思うのか、そう行動してしまうのかを考えて気づく」ことが大切です。
その上でしっかりと成功したい、自分は成功に値する人間だと認めることです。

〇目的到達よりもそこに至る過程を成長と考えている
成功したらそれでいい、ではなく、人間として成長する過程を大事にする場合があります。
社会的な成功を求めるなら、あまり自分の内面を見つめることや、自分と向き合うことばかりをしていると回り道になってしまいます。
現実的にすべきことをしっかりと実行していくことも、成功するためには大切なことです。

〇深層心理で成功をのぞんでいない
自分にしっかりと向き合い、成功すると決意し、実行していても、深層心理では成功をのぞんでいないこともあります。
潜在意識は意識のほとんどを占めているため、そちらに従った行動を取ってしまうからです。
なぜかぐずぐずと先延ばししてしまう、すぐに動くことができない、朝すっきりと起きられない、ここぞというときに決断できない、そんなことがたびたびある場合は、無意識に根付いている感情を考えてみてください。
子供時代からのトラウマであったり、世の中の不条理に対する深い諦めであったり、自分を守ろうとする強い自己中心的なものであったり、さまざまです。
成功を阻むのは、大抵自分の感情にあります。

根っこが深そうだと思えたら、まず何が嫌なのか、それはどうしてなのか、思いつくことを書きだしてみるのもひとつの方法です。
また、嫌だと思えるけどやらなくてはいけないことは、リミットを決めてその中で行動するようにしてみましょう。
「書き出し」て「期限を決めて」行動することは、想像以上に効果があります。

最後に、成功を決意した時に大切な2つのことをお伝えいたします。
ひとつは、自分の価値を自分自身で認めること。あなたは成功するに値する人物です。
もうひとつは、楽しいという感情を持つこと。これは仕事でも趣味でも家族でもなんでもかまいません。楽しいと思える時間が少しでもあると、ゆとりができてぶれなくなります。
心理的な部分はなかなか難しいところもありますが、時々自分自身を見つめ、軌道修正しながら目標達成を目指してみてください。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

自然と敬意を集める人の特徴とは

こんにちは、今日も琥珀のブログをお読みいただきまして、ありがとうございます。
日々がんばっていらっしゃる方たちの何かヒントになるようなことがあれば、幸いです。

さて本日は、心理的に見た態度・印象についてお伝えさせていただきます。
人生を成功に導くためには、色々なアプローチが必要です。
その中でも、人間関係はどんな分野においても大切ですね。
人とのかかわりの中で、自分も学ぶことがあり、協力しあって成長できたり、助けてもらったり、プライベートでもビジネスでもよい人間関係を築くことは大きな財産になります。

そんな中で、はじめからすべての人に好かれ助けてもらい、順風満帆な人間関係を持てる人はそういません。
経験から得られることも多いものですが、少し意識するだけでいい印象を与えることができるようになります。
どんなに才能があり、スキルも豊富で、お金もあるとしても、「人柄」はにじみ出るものです。せっかく持っているいいものを帳消しにしてしまうことのないよう、ご自分の態度や与える印象について見つめ直してみましょう。

・威張る人、偉そうな人、自分のことばかり話す人
自分はそんなことはないはずと思っていても、案外部下や周りの人からは「いつも偉そう」「威張ってばかり」「文句ばかり言って何もしない」「自慢話ばかりする」などの印象を持たれているかもしれません。
自分ではなかなか見えにくいところもありますし、元々意識していなければ気づくこともできないものです。

本当に能力のある人、すごい人というのは、自分のことをあまり話しません。あるエステに長年来られている上品な女性が、実はある業界では有名な社長さんだったという話があります。特にひけらかすことも、自慢することも、また威張ることもなく、施術中は穏やかで品のいい女性だったため、エステのスタッフも社長だったと知って納得だったということです。こうして素性というのはなんとなく知れるものですし、さらにこの女性は株を上げられたことでしょう。

どれだけ才能があり、お金があり、地位や名誉があったとしても、それをひけらかし威張るような行動があると、あっという間にその人の価値を下げてしまいます。
自分がどれだけすごいのかを知ってほしい、がんばってきたのだから自慢したい、相手より自分の方が格が上だと分からせたい、そのような思いはとても子供じみたもので、予想するような効果がないどころか、せっかくのあなたの価値が台無しになります。

・謙虚で腰が低い人が尊敬される
どんな相手にも、謙虚に丁寧な対応をする人は、相手に好印象を与え、敬う気持ちを生みだします。腰を低く接してくれる人が実は、地位があり博学で自分よりもすごい人だったなどということが分かると、自然に尊敬する気持ちが芽生えるものです。
威張るから敬われるわけではなく、すごい人なのに謙虚な態度だからこそ尊敬されるのです。

そうした相手からのプラスの想いが、自分に返ってくることになります。
人の気持ちというのは波動となって返ってきますから、人によって態度を変えたり、気分次第でムラのある言動を取ったりしていると、マイナスの想いが自分にはね返ってきます。
自分の態度というのは、まわりまわって戻ってきますから、結局は自分のために意識した方がいいということになります。

自分の価値を上げるのは偉そうにふるまうことでも、自分が持っていることをこれみよがしに自慢することでもありません。
相手を敬い丁寧な態度をとることで、尊敬の念を起させるのです。
さらに笑顔が加われば、最強です。愛想笑いではなく、穏やかな笑みがあれば、相手からも同じような感情が返ってきます。
人との関係、仕事、様々な局面で、笑顔があればすんなりといい方向に行くことは多いものです。
そのあたりを頭に置いて、人と接する時に自分の態度を意識してみてください。あなたの印象やにじみ出るものが、とても好感度の高いものになっていくはずです。
最後までお読みいただきましてありがとうございます。

やりたいことの見つけ方と目標設定

皆さま、今日もブログへご訪問いただき、ありがとうございます。
さて、生きていくためにはお仕事をしなくてはいけません。
仕事が生きがい、仕事が趣味、仕事が楽しくて仕方ないという方は、どのくらいいらっしゃるでしょうか。
あまり好きではない仕事だけれど、食べていくために仕方なく働いている、という方も多いかもしれません。
仕事=やりたいことであれば言うことありませんが、それはとても運のいい方ではないでしょうか。

ご自身の「やりたいこと」が、何か分からないという方もいらっしゃるでしょう。
漠然と毎日が過ぎていくだけ、毎日が同じことの繰り返し、あっという間に休日が来てまた出勤する日が来る…

または、「やりたいこと」はあるけど、そのためのお金がない、余裕がない、時間がない、自分には到底できない、達成できない、協力が得られない…そんな風に思って、あきらめてはいませんか。

・本当にやりたいこととは
どんな方でも、朝起きてから寝るまで、ずっと活動しっぱなしということはないですね。
休憩したり、ゆっくり食事を取ったり、のんびりお風呂に入ったり、本を読んだり…スマホを常にさわってしまう方も多いかもしれません。

これが、本当に楽しいこと、心からやりたいと思えることをし始めると、人は時間も忘れて没頭してしまうものです。
まさに寝食を忘れるという状態ですね。寝ることすら忘れ、睡眠不足になっても全然かまわないという状況を経験されたことはあるでしょうか。

またどうしてもどうしても欲しいと思うものには、人はなんとしてもお金をかき集めることができたりもします。
つまり、時間がない、お金がない、ということを言っている間は、それは本当にやりたいことではないのです。

・やりたいことを見つけるには
やりたいことだと思ってそれに向かってがんばっていても、実はそうではないのかもしれません。
何をしたいのかが分からない、このまま何もなく人生が終わってしまうのではないかなど、焦りを感じている人もいるかもしれません。

人は、学び成長するために生まれてきます。それぞれの人生の目的は様々です。あなたにはあなただけの目的があります。
無理に見つけようとしても見つからないならば、何もしないこともひとつの方法です。流れに任せてみると、気づかなかったことが色々と見えてきたりします。
それでもさらに流れに任せ、目の前にあるもの、起きるものをしばらく見つめてみてください。
より深いところで、気づきが出てくることがあります。

また、何もしないでいると逆に、やりたいことが思い浮かんだりします。
今ある現状というのは、それがよくても悪くても、意味があるものです。まずそこを見つめてみてください。
今自分が置かれている状況は、与えられているものであり、その先にステップアップできることが待っていたり、乗り越えてはじめて気づくことがあったり、それを経験したからこそ後でおもしろいようにつながっていったりします。

今与えられている仕事、友人、家族など、何の意味もなくあるわけではありません。
色々な経験や感情を味わい、その上で人は成長していくことができます。
やりたいことはつまり、自分が成長できるもの、楽しく満足できる人生を送るためのものでもあります。

自分の目の前にある世界、与えられているもの、すべて自分をうつす鏡のようなものであり、必ず意味があります。
何をしたらいいのか分からないという時は、逆に焦らず今の自分を見つめる時間を取ってみてください。

・目標設定したあと
これがやりたい!と決めて目標を設定しても、そこへ至るまでの過程がとてもしんどくて辛いようなら、ちょっと見直してみてくださいね。
目標設定があまりにも高くなっている場合は、まず手近なところに目を向けてください。

起業してこういう商売がしたい!と思っても、日々の仕事があり、それ以外の時間で目標達成への準備を進めていくだけで毎日疲弊してしまっているなら、それはやりたいことと少しずれてしまっています。
やりたいことをしているなら、それは寝食を忘れるくらい楽しいことのはずなのです。
目標を達成するから幸せで満足な人生になるのではなく、楽しいことをやっているからすばらしい人生になるのです。

起業する!という前に、ちょっと休日に副業として少しやってみる、仕事が大変で起業準備に手が回らないなら、仕事内容をよく考えいつくらいまでに辞められそうだと見当をつけてみる、時間が取れそうな部署に異動希望を出してみる、など現実的に達成できそうな、そしてワクワクできることを挙げてみてください。

焦る必要はありません。今の状況の中で、できることを十分やれていると考えてみてください。日々楽しいと打ち込めるものが少しでもあれば、それがさらにいい流れを引き寄せてくれます。
今やりたいことが分からない、これでいいのかどうか悩んでいる、やりたいことはあるけれど…と思っていらっしゃるなら、まずは自分が置かれている状況の中で、幸せや喜びを感じることを見つけてみてください。

どんなにやりがいのある仕事でも、天職だと思える仕事についても、仕事である以上嫌なこともしなくてはいけません。楽しいことばかりで毎日が過ぎていくわけでもありません。
けれど、喜びを感じられたり、自分が成長できていると実感できる瞬間があったりするなら、その方向は間違っていないのです。


一気に仕事運を高めるポイント

皆さま、本日も琥珀のブログにご訪問ありがとうございます。
成功するためには、日々の努力はもちろん大切です。情報収集を怠らず、人脈をコツコツと築き、とにかく売上をアップするために仕事をする。
ところがある一定以上の成功を収めるには、努力だけではなく目に見えないもの、運も大切になってきます。
琥珀の鑑定でも、風水を用いて開運のお手伝いをさせていただいておりますが、ご自分でも運気をアップさせるポイントを今日はお伝えいたします。
どれも当たり前のように思えるかもしれませんが、まずは意識して実践するようにしてみてください。
運を上げる行動は、習慣化するのが一番です。簡単に思えるからこそ、普段の生活にぜひ取り入れてみてください。

・仕事運アップに効く3つのポイント
①無理のない範囲でいいものを使う
あまり背伸びしすぎては逆効果になってしまうこともありますが、自分が持てる範囲でいいものを使うのは自分への投資にもなります。まずはひとつ、何か新調するところからはじめてみてください。
少しずつ増やしていきましょう。
ビジネスに使うもの、靴、シャツ、ネクタイ、スーツ、ハンカチ、ペン、時計、財布、カバン、ベルト、名刺入れなどをいいものに変えていきましょう。
高級なものやブランド品というのは、素材やデザイン、質などもよく、仕事をする時に持ち歩くことで自分自身を刺激します。いいものを持つだけで、自分の質も上がっていきます。物にこめられた製作者の意識も、相乗効果となっていい効果を生みだします。安物では、自分もチープになっていってしまいます。
また、いいものは長持ちするので結局はきちんと元が取れるようになっています。

②職場をきれいに保つ
こちらも当たり前のように思えるかもしれませんが、実際に実践できている人がどのくらいいらっしゃるでしょうか。
雑然としている方が使いやすいのだと言う方は、ご自身の運気がよいと断言できますでしょうか。また、デスク周りをすべて新調してピカピカで、収納もしっかりとあって書類などもすべて整理されて片付いている、というデスクと今のあなたのデスク、どちらがいいですか?それでも今のデスクを選ばれるでしょうか。
スペースがきちんと確保され、必要なものがきちんと定位置にあり、パソコンなども手入れされてほこりなどがついていない、そんなデスクの方が仕事の能率も上がりますね。やる気も、仕事への情熱もわいてくるのではないでしょうか。
片付ける時間がないと言われる方も、綺麗にした方が圧倒的に仕事の効率が上がりますので、ぜひ毎日少しの時間でいいので整理する時間を取ってみてください。

また、職場のトイレを率先して掃除する、というのは最強の運気アップになります。他の人も使う汚れた場所を、自分の手を使って掃除するという意識は、あなたの人間性をアップさせ、器を何倍にも大きくしてくれます。
職場のトイレを掃除していることは誰にも気づかれなくても、あなた自身のオーラが輝きを増し、人としてパワーアップしていっていることは気づかれるはずです。掃除の方が職場にいらっしゃる場合でも、手洗いを使用後にさっとぬぐうくらいからはじめてみてください。

③他人のために何かをする
さきほどの、職場のトイレ掃除と同じことでもありますが、人のために何かするという行為は、必ず自分に返ってきます。
逆に、人を妬む、恨む、憎しむ、人と比べてひがむという行動も、すべて自分に返ってきます。

朝出勤するときに、ひとつゴミを拾ってみましょう。
倒れている自転車があれば、起こしてみましょう。
レジの横にある募金箱に、少額でもいいのでお金を入れてみましょう。
職場のスタッフ、お客様、家族、友人、まわりにいる人にありがとうなどのプラスの言葉を伝えましょう。

人の幸せや成功を、一緒に応援し、喜びましょう。これはなかなか難しい方もいらっしゃるかもしれません。まずはこの人なら純粋な気持ちで応援できそうだ、という人を決めてはじめてみましょう。
実践しているうちに、自分自身も清々しく気持ちよくなることが分かると思います。
人に対する自分の意識は、周囲の人があなたに向ける意識と同じなのです。


最後にもうひとつ。
成功者の人達は、かなり読書家であることが多いものです。
知識は大きな財産になります。何を読んだらいいのか分からないという場合は、本屋に行くことからはじめてみてください。ピンとくる本が必ずあります。
本に投資することは、将来に大きな影響を与えます。本代はけちってはいけません。自分自身の投資だと思って、隙間時間にでもかまわないので、必ず本を毎日読むようにしてください。

当たり前のように思えることこそ、実際に意識して継続してみてください。できる範囲で無理なく、が続けるコツです。この記事を読んだ今が意識を変える時です。お読みいただきまして、ありがとうございます。


お金と人間性の関係

こんにちは、今日もご訪問ありがとうございます。
生きていく上で、切っても切り離せない大切なものが「お金」ですね。
ところでお金の使い方・扱い方には、その人の人間性が出てしまうものです。その人がどのようにお金を使うのかを見れば、どんな人なのかがある程度分かってしまいます。
毎日使う「お金」だからこそ、お金は生活の中でもいろいろなものにつながり、絡んでいるのです。
お金と上手につきあうことで、よりお金にも人にも好かれるように心がけてみませんか?
よろしければ最後までご覧ください。

・お金の出し方・支払い方でここが分かる
お金を出し渋る方というのがいらっしゃいます。
割り勘の時に上手に逃げようとする、今大きいのしかないから後で清算すると言って忘れる、タクシーで一番に降りて払わない、飲み会を常に断るなど、お金にまつわるこういった状況は、誰もが感じたことがあるのではないでしょうか。
ある程度節約家でないと、お金はなかなかたまりません。どれだけ収入があっても、それ以上に浪費家であれば、どんなにお金があっても出ていくばかりで何も残りません。
ですが、何にでもケチな人というのは、お金にも嫌われますし、自分自身もそれなりの人になっていきます。
趣味や食事にお金をかけるなんてもってのほか、人付き合いもなるべくしない、とにかく損をしたくない、そんな人と仕事はもちろん、プライベートでも会いたいと思うでしょうか。
色々なチャンスというものは、人が運んでくるものです。
周囲を嫌な気持ちにさせたり、自分自身が無理な節約をしたり、必要以上にケチなことばかりしていると、節約は達成できても、お金が増えることはありません。

お金に好かれるとはすなわち、人に好かれるということです。
そしてお金も、人を選びます。気持ちよくお金を使う人が、お金も好きなのです。度をすぎた節約はなるべく控えて、自分のため、人のためには潔く使ってみるのも、長い目で見るとちゃんと返ってくるものですよ。

・気持ちよくお金を使う
では、気持ちよくお金を使うとはどういうことでしょうか。これは何にでも湯水のようにお金を使うということではありません。
ここぞという時に、幸せな気持ちとともに、お金を送り出しましょう。

誰が払うかでもめるくらいなら、ご自分が一括して支払ってみましょう。次は私が払いますねという人が集まってきます。
お金はきちんと保管し、きれいな状態で丁寧に扱いましょう。くしゃくしゃに丸めて無造作にポケットにいれる、支払の時に投げ捨てるように払う、少しでも値切ろうとする、お金を払うときにこの内容で高すぎるなど文句を言わない、など、気持ちよく支払えるように心がけてみてください。
お金をおおざっぱにしか扱わない人は、何事においてもおおざっぱな人が多いものです。
またお金にルーズな人も、やはり他の部分でもルーズで、管理能力がしっかりしていない場合があります。

また、儲けているという話を普段からしているのに、安いコーヒーも一切おごらないというのでは、人はついてこなくなります。誰かれおごればいいというものではありませんが、人はそういう部分に人間性をしっかりと見ています。
お金の使い方には、その人の信頼度や誠意などがすけてみえるからです。

・お金の扱い方でお金に好かれるようになる
「お金があればあれもこれもできるのに」なんてことを言っていませんか。お金に転嫁する人は、お金に嫌われます。
お金がなくてもできることはたくさんあります。あるお金を大切に扱い、使う時には感謝して使うようにしていると、お金にも大切にされる人になります。

お金の管理も気をつけてください。お金もきれいなところが好きです。お財布は居心地のいい空間にしてあげてください。お金を大切に扱うことにもつながり、お金が寄ってくるようになります。

お金があるからと、何にでも金に物を言わせて乱暴に使う人や、逆にケチで気持ちの余裕がなくなっている人も、お金に好かれません。

自分のために、そして周りの人が幸せになるように思いながら、お金を送り出すようにしていれば、お金はまた返ってくるようになります。ご自分がお金を出すときには、負のエネルギーをのせないように、プラスの気持ちをこめてみてください。
ちょっとしたプレゼントや、タクシーでの端数をさしあげる、募金箱に小銭を入れるということも心掛けてみてください。心が少しあたたかくなる上に、喜ばれるので相乗効果が大きくなります。そのうち、そういうことができる相手がいることに、喜びを感じ、感謝できるようになると、さらにお金を引き寄せることができるようにもなりますよ。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

1

« 2017年6月 | メインページ | アーカイブ | 2017年8月 »

このページのトップへ