HOME > 琥珀ブログ > アーカイブ > 2017年6月

琥珀ブログ 2017年6月

出会いがない、友達から発展しない仲「恋愛運」アップ!色を取り入れる風水

皆さま、いらっしゃいませ。いつも訪問いただきありがとうございます。お出かけになることの多いシーズンですが、もっと楽しめるように風水を取り入れてみませんか?

今回は「色」で、ご紹介する風水です。本来ならば、色や方角というのは、必ずしも皆さんが同じ効果を得られるというものではないのです。個々にもつ全てのことから、導かれる必要な設置方法があります。鑑定をさせていただかなければ、個人にあった風水をお伝えするのは難しいため、一般的に言われている風水をご紹介させていただきます。

お色は様々な効果を見出してくれるものですね。明るい色を身に着けると、気持ちまで高揚するような感覚があるのではないでしょうか。その効果を、さらに受け取りたい運とあわせて身に着けられればいいですね。
今日は色風水「恋愛運」の開運に集中してご紹介いたします。



ピンク色
最近では、王道とも言われる恋愛のピンクをご存じの方は多いかもしれません。
男性でも女性でも、ビジネスシーンのシャツが薄いピンクや、ネクタイなど豊富になりました。
ピンク色は、恋愛運を向上させるだけではなく、女性ホルモンの分泌を促す効果が期待できるとも言われています。特に女性であれば、ホルモンの分泌は異性を引き付ける女性の魅力が自然に放たれるというのは魅力的な効果です。また、印象もやわらかく感じますので、人間関係の縁を円滑にするという点では、初対面の方にも優しい印象をあたえてくれます。
普段ピンクを使うことのない方には、いきなり衣類の色を変えるのは勇気がいることです。最初は、下着や靴下、小物やアクセサリー、女性であればチークや口紅など、ポイントから取りいれてはいかがでしょうか。

赤色
赤は自分自身をアピールする色として、積極的な恋愛運への効果が伝えられています。恋愛運を上げる色として紹介されますが、生理学的には、体温を上げる色と言われており、女性であれば色気をアピールする色だとも言われています。

緑色
人に慕われ、縁を運び、良縁に恵まれる、まさに出会いの色とも捉えられています。燃え上がる出会いというよりも、協調する「和」の効果が高く、長期的な安定した恋愛などに繋がる色です。友達カップルとも聞きますが、友人関係から恋愛に発展する色だとも伝えられています。

その他
白色も恋愛効果が高いとも言われますが、ほかの色と混ざる色彩のため、色配分も難しいかもしれません。また黄色も効果が高いと言われますが、色調や方角によっては別の運に向いてしまう可能性があります。

色は人の目から入り刺激をしてくれるものです。一度ついた人の印象は、そう簡単に変更させるのは難しいですね。できるだけ良い間を作るためにも、ちょっとした色を取り入れて、出会いや発展、そしてより深い絆をつくってみてください。


病は気から?自然治癒力を高めて健康に

今日もブログへご訪問ありがとうございます。
健康な体作りは何をするにおいても、とても大切なものです。毎日お忙しくされていらっしゃると思いますが、時に立ち止まってご自分の体のことを考える時間を持つのも大事です。今日は潜在意識と病と脳の関係についてお話させていただきます。ご参考になれば幸いです。よろしければ最後までご覧ください。

・病は気から
「病は気から」という言葉があります。知らない方はいらっしゃらないと思いますが、きちんと実践できている人は、実はあまりいないのが現状です。
人の体には、自己治癒力があります。すべての病を治せるのは自分自身なのです。
病気になったり、体に不調が出たりするのは、気が弱っていることが原因と考えられます。
どうすれば気を強くしていくことができるのでしょうか。

・なぜ病になるのでしょう
例えば腰痛に悩まされている人は、とても多いですね。同様に、首が痛い、膝が痛い、手がしびれるなどの体の不調を訴える人は多いのですが、調べても原因が分からないことがあります。
腰痛を訴えるので調べてみても、骨には異常がないので医学的には分からないということも多いと言います。また逆に、腰痛がない人でも、骨が少し曲がっていたりすることもあります。
痛みを感じているのは、実はその部位ではなく脳が感じています。
ですので、原因が分からない痛みがある場合は、脳が「痛い」という指令を出しているのです。

人は生まれてからずっと、様々なストレスを抱えて生きています。ネガティブ思考や、怒り、憎しみ、嫉妬、不安、そういったマイナスの気持ちがたまってくると、どこかで爆発してしまいます。
その爆発をおさえ、体を守るために、脳が腰痛を感じさせたりする場合があるのです。脳が自分の体を守るために、体の不調を作って、そこで発散させるのですね。

栄養が足りていて、適度な運動をしていても、心が健康でなければそんな風に体に不調が出てしまうことがあります。

・前提を変える
健康でいたいと口では言っていても、病気になっても仕方ないと思っていては、病気になる前提で生きていると言えます。
また病気や体の不調がある人が、治したいと言っていても、やはり悪化する前提で生きていては治すことはできません。
「自己治癒力」を信じるところからがスタートです。
病気になっても、「必ず治る」と思えば治ります。気持ちをしっかりとぶれないように持つことが大切です。

原因の分からない腰痛があれば、脳がそう思わせているのだと疑ってみることです。自分で気づけば、治る場合があります。実際に医療の現場でも、そういう話は珍しくないそうです。
仕事に行きたくないという気持ちが心の底にあり、もう骨は完治しているのに、「まだ痛いんです」という場合がありますが、それも「仕事に行きたくない」というストレスがあるためなのです。
本当は治っているのに、痛みがあるから残念ながら仕事に復帰できないという理由づけになっているわけです。まさに病は気からという状態になってしまいます。

・ストレスに上手に対処する
長く怒りを抱え込んでいる人、家族に問題がある人、常に将来の不安がある人、そういった自分の中にストレスがある場合は、あまりためこまず、上手にストレスを発散することが大切です。
人は幸せになるために生まれてきています。不幸になるためにではありません。何か今問題を抱えているとすれば、それは次のステージに上がるために与えられたヒントだと思ってください。

ストレスを発散するために食べたり買い物したりすると、上手にしないと太ってしまったり、買いすぎたりいらないものを買ってしまったりすることがありますので気をつけてください。
ストレス発散という意識よりも、自分が楽しいと思えることを見つけてみてください。
どんなにすごい人でも、休みなく働き続けていては無理が来ます。時々自分のための時間を持ってください。
ストレスに上手に対処できるようになってくると、気が強くなっていきます。

もうだめかもしれないと思うと、悪化しますが、治ると思うと治癒の方向へシフトします。
病や不調の原因となっている部位や体も、すべて自分自身です。不調があるから、気づくことや学びが得られる可能性があります。腰痛があるなら、自分の腰に感謝してねぎらってあげてみてください。
同じ治療でも、あきらめながら治療を受けるよりも、前向きに治る前提で受けていると結果が違ってきます。無限の自分の治癒力を信じてくださいね。大丈夫だと気づいていくことができれば、自分の中の気がさらに強くなっていきます。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

良縁を引き寄せるためにまずすることとは

皆さま、琥珀のブログへようこそいらっしゃいました。今日もご訪問ありがとうございます。
今日はいい縁を引き寄せるためのポイントをお伝えします。
今までの恋に疲れていませんか?新しい縁を呼び込むには、まず今持っている古い縁、悪い縁などをバッサリ切ることが必要です。

他にいい人がいないから、今の人と惰性で続いている。
既婚者だけど心を埋めてくれるし好きだと言ってくれるから…。
優しくないし好きだとも言ってくれず、つきあっているのかどうかも分からない。
その場限りの恋を繰り返してしまう。
何度も浮気されてしまう。
普段は温厚なのに、いらいらされたり暴言を吐かれたり、モラハラ?

恋愛は本来、とても楽しくうれしいものです。悲しくなる恋や辛くなる恋愛をしているなら、それは本物ではないのかもしれません。
自分自身に、今のままでいいのかを問いかけてみてください。

・すぐにできる悪縁を切るポイント
有名な縁切り神社に行くのも1つの方法ですが、遠方だったりなかなか時間が取れなかったりする時には、すぐに効果のある簡単な縁切り法を試してみましょう。
新しい縁を取り込むには、十分なスペースが必要です。
不必要なものや、現在のよくない縁・厄でいっぱいになっている状態では、いい運気や縁が入る余地がありません。

〇まずは物を捨てましょう!
「いるかもしれない」
「必要になる時が来るかも」
「思い出があるから」
「開かずの間がある」
などなど、ささいなことのようですが、せっかく運気が巡ってきても物があふれていると、いいものを十分に取り込めなくなってしまいます。
特に思い出のものは、ばっさりと処分することをおすすめします。
物には想いも宿ります。
想いや念もろとも物を捨てて、過去も現在もすっきりとさせましょう。

〇しっかりと念じる
縁を切りたい相手を明確にしましょう。絶対に関係を終わらせたい、二度と自分の人生において関わりを持ちたくない、わずらわされることのない生活を送りたい、そして新しいいい縁を呼び込む!と決意してください。
別れたつもり、きっぱり決めたつもり、というのはどこかでまだつながっている場合が多いものです。
決意がきちんとできていないと、細くつながっている部分が残ってしまっている状態で、新たな縁が入ってくるのをじゃましてしまいます。しっかりとコードを断ち切りましょう。

また、これまでの恋愛も振り返ってみてください。
それぞれきちんと、縁切りできていますか?なんとなく終わってしまったような恋や、自然消滅のような恋があったなら、それも含めてすべて終わらせてください。
こちらもゆるく見えないコードで細く結ばれている可能性があります。
細い縁も、自分自身がきちんと決意することで切ることができます。

なんとなくずるずる続いているような関係がありませんか?
寂しい時や人恋しくなった時に思わず未練が出てしまい、また会ってしまったりすることのないようにしましょう。
しっかり覚悟を決めてください。
フラれてしまったけど、忘れられないなんていう恋も、自分の中でしっかり決別してください。
自分自身の中でしっかり決意した時、本当に縁切りになるのです。

・分かっているけど難しい時
しっかり覚悟を決めた方がいい…というのは分かるけれど、なかなか難しいのが現実ですね。そんな時はちょっと風水の力を借りてみましょう。(ブログでは一般的な内容でお伝えしていますので、ご自分にあったものを知りたい場合は琥珀の鑑定をご検討くださいませ)

〇風を取り入れる
風が縁を運んでくると言われます。家の中の風通しをよくしましょう。こまめに換気が大切です。
〇対の観葉植物を置く
植物で気を浄化し、さらに対の観葉植物で縁をつないでもらいましょう。丸い葉のものがおすすめです。
〇塩
邪気を払い、運気をアップするのに塩を使いましょう。お風呂で頭に塩をのせ、そのままお湯で流します。悪縁が流れていくイメージでやってみましょう。
盛り塩や、紙に包んで持ち歩くのもいいですよ。
〇布ものを見直す
縁に関係があるのが、下着や服です。よれよれのものや、古いものを身に着けていませんか?良縁を呼び込みたいなら、布ものを定期的に新調しましょう。


新しいいいご縁を引き寄せるためには、今もっている悪縁や厄をきっぱりと落とす必要があります。ずっとつながっているコードがあるなら、それも断ち切りましょう。
すべてはあなた次第です。本気でいい恋愛を呼び込みたいなら、これまでの縁をしっかり終わらせて次に進みましょう。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

お金を受け取る器を大きくする方法


皆さま、今日もご訪問ありがとうございます。

今日は、お金を受け取る器を大きくするには、というお話をさせていただきます。
おそらくこれをお読みになっていらっしゃる方は、成功したい、お金を稼ぎたい、収入をアップさせたい、金運を上げたいと思っているのではないでしょうか。
現代社会はお金というシステムで動いていますので、生活をするためにもお金は必要です。生活のために働くという場合も多いでしょうから、「宝くじさえ当たったらもう仕事なんてやめてやるのに」、なんていう方もいらっしゃるでしょう。

ところでお金に愛されるためには、お金が入ってくる流れを大きくした上で、さらにお金を受け取る器を大きくする必要があります。
ただ必死に稼ぐだけでは、ある程度のお金は入ってきても、ずっとお金がめぐってくるようにしていくのは難しいのも事実です。
また、将来が不安だからとやみくもに貯金に励まれている方もいらっしゃいます。不安や自分の安心を得るために貯めこむという行為は、実はお金に愛されなくなる原因のひとつになってしまいます。

そうは言っても、貯めておかないといざという時に生活が行き詰ってしまう!
その通りです。
それならどうしたらいいのでしょうか。今日は「お金はエネルギーである」ということをお伝えいたしますので、お金に対する意識を少し変えてみませんか。

・「お金はエネルギー」である
現代社会のお金、紙幣や硬貨というのは、生活を便利にするためにあるものです。元々は農作物と機械を交換する、労働力と物質を交換するなどといった物々交換で成り立っていたものが、それでは不便だということでお金が使われるようになりました。
お金自体はただの物にすぎません。
そこに価値をつけているのは人ですね。
人はお金に「エネルギー」を乗せて循環させています。

人は、呼吸しないと生きていくことができません。吸って吐いてを繰り返しています。
お金も同じように、出して入るということを繰り返すものです。
入るから出しているのですが、実は出しているから入るということでもあります。
同じように見えますが、ここで一度お金の流れを整理してみましょう。

・出すから入る
お金がないのだから、出せるわけがない、と思われるかもしれません。
「お金がない」という考えは、実はお金を受け取る器も、お金が入ってくる流れも、小さく細くしてしまいます。この意識をまず変えることができると、ぐっと金運がよくなっていきます。

すごく借金もあるのに、お金があるなんて思えない。
これも発想の転換をすれば、借金ができるということです。借金ができるということは、それだけお金があるということであり、信用がないと借りることができませんから、返すことができるお金だということです。
お金を借りることができるというのは、実はすごいことです。

また、10円や100円単位で考えると、みなさま「お金がある」状態ではないでしょうか。10円を寄付の箱に入れることは可能ですか?
おそらくYESですね。
それなら私にはお金がある、と考えてみてください。
寄付する10円をお持ちだということです。
「お金がない」と常に口にしたり、意識していたりすると、それが現実になってしまいます。(少しでも)自分には「お金がある」のだという風に考えましょう。

〇お金が出ていく
〇お金が入ってくる
お金の流れをこの2点で考えた時、自分で動かせるのは「お金を出す」方です。
お金が入ってくる方法をいくら考えて実行してみても、出す方がずっとそれに比べると簡単にできるのではないでしょうか。

お金はエネルギーであり、循環することでさらに巡ってくるものです。
お金にいいエネルギーを与えて、気持ちよく出すことで、循環する流れが作られていきます。今持っているお金を、気持ちよく出す、出すことができるお金が自分にはある、と考えましょう。
そうすれば、受け取る器も育っていきます。

・お金を出す時に気をつけること
入ってくるお金を増やし、お金を受け取る器を大きくしていくために、「お金を出す」ことが必要なのですが、ただ使えばいいというわけではありません。

エネルギーとして循環するように、また返ってきてもらえるように、出すことが大切です。
「お金を使う」というよりは、「お金をまわす・流す」というイメージで出してください。
お金はどこにも出さないでためこんでいると、淀んでマイナスのエネルギーを帯びてしまいます。
お金を守ろうとしたり、お金が減るのを嫌がったりするのも同じです。守ったりなくなったりすることを不安だと感じてしまうのは、執着になってしまいます。

お金は循環させましょう。
まずは気持ちよく出すところから。
そして「お金がない」という意識から、「お金がある」という発想に変えてください。
10円でも構わないので、レジの横にある寄付の箱に入れてください。
そんな一歩から、気持ちよくお金を出すことをはじめてみましょう。
さらに、寄付した先で、そのお金が誰かの幸せのために役立つようにと思うと、さらにお金が入ってくるパイプが太くなっていきます。
お金を出す時には気持ちよく出し、使った先で誰かの幸せをイメージするのがおススメです。
自分のできる範囲でかまいませんので、少しずつ意識を変えてみてください。お金の流れがよくなり、受け取る器も大きくなっていきます。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

インナーチャイルドを意識して、本来の自分に戻ると人生が変わる②

こんにちは。今日も琥珀のブログにご訪問ありがとうございます。
前回の記事に引き続き、インナーチャイルドについてお話させていただきます。

子供時代に受けたストレスや、辛い経験、ちょっとしたトラウマ…そんな傷ついた子供時代の自分自身が「インナーチャイルド」であると言えます。
そういう経験はないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、まったく傷ついたことのない子供というのはいないものです。
ちょっとしたことで不安になったり、ショックを受けたり、ふと言われた言葉をずっと引きずっていたり、程度の大小はあってもなんらかのインナーチャイルドを誰もが持っているのです。

そんな自分の中で小さくなって泣いている、子供時代の自分と向き合う時間を作ってみましょう。
今、なんとなく生きづらい、どうしてか分からないけれどついついこんな言動をしてしまって後悔することが多い、時々不安定な気持ちになる…などといったことがある場合には、インナーチャイルドを癒したり、寄り添ってあげたりすることで、少しずつ幸福感が増えたり、穏やかな気分になることが多くなったり、生きづらさが減ってきたりすることがあります。

琥珀の鑑定でもインナーチャイルドなど、過去のトラウマを解消するお手伝いをさせていただいております。心理学的アプローチで、より運気を受け取ることができる大きな心を目指します。天命を鑑定し、さらに風水にて運気を上げていく中で、あなたの気持ちを癒し、しっかりと「決めて」いくことが大切になってきます。
ご自分でもインナーチャイルドにアプローチしてみたいという場合は、簡単な方法をお伝えしますので、お試しいただければと思います。

・イメージで癒していく
どんな時に気持ちが揺れるのか、少し自分の内面に意識を向けてみてください。
たくさんの人がいるところが苦手ですか?
ちょっとした人の言動で気持ちがモヤモヤしたりしますか?

そんな自分の深層心理を見つめるワークを時々してみてください。それから、子供時代の経験や思い出の中で、何かつながるようなことがないか、記憶をたどってみてください。
その時あなたは何歳くらいでしょうか。
あなたは、何に対して傷ついていますか?
不安で寂しい気持ちでいっぱいでしょうか。
悲しくて泣いていますか?
我慢しすぎて無表情になってしまっているでしょうか。

そんな自分をそっと抱きしめてあげるイメージをしてみてください。
抱きしめて、「大丈夫、あなたは何も悪くないから大丈夫」と言葉をかけてあげてください。
そして本当はどうしたかったのか、どう対応してほしかったのか、問いかけてみてください。
焦らなくてかまいませんので、少しずつ進めてみてくださいね。

原因や本当の気持ちが分かってきたら、その上で希望通りの選択をしていくようにインナーチャイルドに働きかけてみましょう。
今のあなたは大人です。
子供時代には難しかったことが、今ならできるということもあるでしょう。

自分は親に愛されてなかった、もっとそばにいてほしかったとインナーチャイルドが言っているなら、「こんなこともあったし、あなたは親に愛されていたよ、お誕生日もこんなに思い出があるよ、大丈夫。愛情はちゃんともらっていたから、少しずつ愛のお返しをしていってみよう」と話しかけてあげてください。
親とぎくしゃくしていたなら、こうしたワークで関係が少しずつ解消されていくかもしれません。

・書きだしてみる
インナーチャイルドは、子供時代のあなたなので、親の影響を受けていることも多いものです。または、友人や先生との間でトラウマなどがあった、ということもあるかもしれません。
自分が傷ついた理由が分かっている場合には、その人をイメージしながら次のようなことを書きだしてみるのも効果があります。
☆まずはその人に対して感謝の気持ちを持ってください。(難しい場合は、ありがとうと口に出してみましょう)
☆思いつく限りの、その人の長所・いいところを書きだしてください。
☆実際にその人にしてもらったこと、言われたことなどを書きだしてください。
その後、本当はこうしてほしかった、こう言ってほしかったという、あなたが希望する内容をイメージしてください。
焦らず、時々繰り返し実践してみてください。

書きだしてイメージすることを繰り返しているうちに、少しずつインナーチャイルドが癒されていきます。
辛かったと思っていた過去が、だんだん「こうしてほしかった」「こう言ってほしかった」という自分が希望する状態に置き換わっていきます。


インナーチャイルドを癒す方法を2つ挙げてみましたが、くれぐれも無理をなさらないように気をつけてください。
あまりにも深く傷ついている場合には、辛い記憶を掘り起こすことが逆効果になる場合もありますし、中途半端にしかご自分ではできなくて、癒していくことができずモヤモヤした状態だけが続いてしまうこともあります。
また、そのまま一緒に仲良くやっていく方がいいインナーチャイルドも存在します。

インナーチャイルドはあなた自身なので、大人になった自分の愛情と包容力で、傷ついた子供時代のあなたを抱きしめ、共感し認めてあげることもとても大切です。
上手に自分自身を癒していくことができれば、穏やかな気持ちで、残りの人生をよりのびのびと楽しんでいくことができるようになります。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

インナーチャイルドを意識して、本来の自分に戻ると人生が変わる①

皆さま、今日もブログをお読みいただきまして、ありがとうございます。
お役に立てるような記事を心がけておりますが、ふと目にすることもタイミングやご縁があるのだと考えます。
当ブログで気になった記事や、ふと目にとまったがあれば、何かのヒントになれば大変うれしく思います。
またもっと詳しく知りたい、自分のことを見てほしい、自分だけの指針を教えてほしいなどのご要望があれば、ぜひ琥珀の鑑定をご検討くださいませ。
鑑定でご自身の運命や吉凶をお知りになり、その上で、風水の力を使ってよりよい方向へ運気を向上させていくお手伝いをさせていただいております。
お問い合わせはお気軽にどうぞ。お待ちしております。

さて今日は、「インナーチャイルド」についてお話させていだたきます。
耳慣れない方もいらっしゃるかと思いますが、文字通り、ご自分の中にいる子供ということです。
誰もが子供時代に、色々な経験をされていると思います。幼少時代に全く傷ついたことがない、という方はいらっしゃらないでしょう。
はっきりとした嫌な過去がある場合もあるでしょうし、気づいていないけれど実は深く傷ついていた、というケースもあります。
また、あまりにもショックを受けたり、心の奥底まで傷ついたりしたような場合には、自分を守るためにその記憶がはっきりしなくなっていることもあります。

辛い思いをしただけではなく、したかったことができなかった、させてもらえなかった、我慢ばかりさせられた、なんていう心の傷もあるでしょう。愛情が不十分だった、家庭や学校で不安な状態が長く続いていた、という場合も。

誰もが持っている子供時代のトラウマや心の傷が、インナーチャイルドであると言えます。
自分には当てはまらない、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、誰の心にも存在するものであり、ちょっとしたワークで癒していくことができます。
少し自分の心の中を見つめて、これからの人生をよりよいものにしていくためのヒントを探してみましょう。

・自分のインナーチャイルドを知る
ご自分がどんなことで子供時代に傷ついたか、分からない方も多いと思います。
(大人の自分から見ると、子供時代にはほんのささいなことで深く傷ついたりしているものです。はっきりとした虐待がある場合だけではありません。)
ご自分の深層心理を少し意識してみてください。

〇ご両親のどちらかに言われることに、極度に反応してしまう。
→子供時代に親の言うことで傷ついたことがある。
〇人間関係にうまく溶け込めない
→幼少時代に友人と何かあり、トラウマになっている
〇外の自分と本当の自分が、違うと感じる
→小さいころに、自分の言いたいことややりたいことを、常に我慢しておさえてきた。
〇どうしても譲れない行動のクセがある
→昔ふと言われたことがずっと心に残っていて、こだわってしまう。

大人になってから、なんとなく不安があったり、生きづらさを感じたりすることがあれば、それは子供時代に傷ついたり、我慢したりしてきたストレスをずっと抱えているせいかもしれません。
インナーチャイルドが癒えれば、そんなモヤモヤしたものがなくなり、もっと生きやすくなり、前向きでより楽しい人生が送れるようになります。

だからと言って、やみくもにご自分のインナーチャイルドを掘り起こそうとしたり、無理に癒そうとしたりすると、かえって逆効果になる場合があります。
特に、深く傷ついた記憶を封印しているような場合には、辛い記憶をもう一度たどる必要が出てきます。
その過程で、さらに傷ついてしまうこともあるので注意が必要です。

次回の記事では、インナーチャイルドを癒す方法をいくつかお伝えいたします。けれど、くれぐれも無理はされないように、そして心の奥底に傷ついたご自分がいて癒すのが難しそうだと思われたら、そっとしておくのもひとつの方法です。
琥珀の鑑定では、ご希望があればインナーチャイルドのセラピーもご用意しておりますので、ご希望される場合はお気軽にお問合せください。
続きます。

運は動く人にもたらされる・運をつかむ「動くもの」

琥珀ブログにお越しいただきありがとうございます。
今日は動くことで運気アップするポイントをお伝えいたします。
「風水」は4000年前に中国で誕生した環境学です。衣食住などを整えることで、気の流れをよくし、状況を好転させて運気を上げていくことができます。
さらに運気をアップさせようと思われるなら、とにかく「行動する」ことです。「運」は動く人にもたらされます。動かない人や現状維持の人にはなかなかいい運気は来てくれません。

今の時代、情報はあちこちにあふれていますから、次々と新しい情報が手に入ります。あれこれかじって知ったつもりになっているだけでは、何も動きません。ネット上の知識をあれこれ集め、本をたくさん読んだだけで満足していては、運をつかむことは難しいものです。
頭でっかちになるだけでは、何も変わりませんし、問題が解決することもありません。

情報だけではなく、セミナーや講座なども今はたくさんの種類があります。セミナージプシーという言葉もあるくらい、とにかく何でも参加してみて知った気分になって満足している人が、最近とても多いようです。結局気づけば何も変わらず、お金だけがなくなってしまったという人も多いかもしれません。
講座に参加するから「動いている」のでは、と思われるかもしれません。
このセミナー・講座を受けたからきっと何かが変わるだろう、と思ってただ参加しているだけでは、なんとなく流れに身を任せているとも言えます。流されていないで、自分の意思で行動を起こすことが大切です。
知識が増えたなら、実際に意思を持って動くことが大切です。

このブログでもいろいろとお役立ち情報やヒントをお伝えしていますが、読むだけではなく実際に実践してみることが大切です。
簡単なように思えますが、実践するということ、さらにそれを継続していくというのは、なかなかできている人は少ないように思います。動き続けるというのは、運をつかむためにはとても大切なことです。

ただ動けばいいというものではありません。
今の自分ではダメだから何かしないと、と焦ってとにかく何でもやってみようとすると、空回りしてしまいがちです。
自分を成長させ、さらに学び、さらによくなりたい、幸せになりたい、人生を楽しみたいと前向きに動く人に、運や奇跡は起きるものです。

さてここで、動く人におすすめの、運をつかむ動くものをお伝えいたしますので、ぜひご参考になさってみてください。

〇バッグ
動く時に持つもの、そして「行動力」と「行動してつかんだ運をためる」というアイテムでもあるのが、バッグ・カバンです。
あまり重いバッグは行動力も運気も下げてしまいますので、使わない不要なものは入れない、またカバン自体もそんなに重たい素材ではないものがいいでしょう。自分のステイタスを上げるためにも、安っぽいものではなく、ある程度いいものをチョイスしてください。
また、運をためるものでもありますので、カバンの中は常に整頓してください。すぐに携帯や財布が出せるようにできていますか?
男性はカバンを持ち歩く習慣がない方もいらっしゃいます。運をためるせっかくの開運アイテムですから、ぜひカバンを持つようにしてみてください。

〇時計
時を刻み、動き続けるのが時計です。時間がよく見える文字盤のものがおススメです。また、仕事での運をつかむなら、木の気が増えて仕事運がアップするので、木目の時計がいいですね。携帯の待ち受けを木目調の時計にするのもいいでしょう。

〇靴
靴は幸運を運ぶ開運アイテムであり、実際に動くときに欠かせないものです。やはり少しいい靴を、きちんとお手入れをしながら履いてください。汚れた靴は、恋愛運も家庭運も下げてしまいます。
いい靴は、持ち主を運が向いてくるいい場所へと連れていってくれます。また、いい靴は、大地のエネルギーと一緒に金運も取り込んでくれます。
きちんとお手入れをしている靴は、それほど高価な靴でなくても開運アイテムになりますが、いざという時にはやはり高価な靴というのがあると運気アップします。お金は同じようなところに集まってきますので、ある程度いい靴を履いていると、金運をさらに取り込めるようになります。

〇海
水は金運や健康運と密接な関係があり、さらに海は「常に動いている」ものです。自然のパワーももらえますし、何か大きな行動をすることを決めたら、海へ出向いてパワーアップするのもおススメです。海まで出向いて行動した、ということも大きな意味がありますので、ぜひピンと来たら行かれてみてください。動画で波を撮影しておけば、時々見直すこともできますよ。

この記事を読まれたことも、ご縁があると考えます。行動を起こすこと、そして実践していることを継続すること、日々お忙しいと思いますが、ちょっと意識して「動いて」みてください。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。

やってみたいけど、〇〇だから無理だろうと思えば本当に不可能になる。達成するためのスキルは必ずついてきます!

皆さま、今日も琥珀のブログにお越しいただきありがとうございます。
6月に入り、蒸し暑い日も増えてきました。
体調にはお気をつけて、これからの季節を乗り切ってくださいませ。

さて、この世でひとつだけ確かなことは何かと言われたら、「いつの日か人の人生は終わりがくる」ということです。
これは間違いのない事実であり、どんなにすごい人でも例外ではありません。
限りがある人生だからこそ、後悔のないように日々を生きた方がいいですね。

ところで、最後の瞬間を迎えた時、あなたは何を思うでしょう。その日はいつ来るかわかりません。その時に、自分の人生をまったく後悔しないという人は、おそらく1人もいないのではないでしょうか。
また、何をどう思うかは、人によって違うでしょう。その時に「ああ、それでもいい人生だった」と思えるかどうか、それは今この瞬間にかかっているのかもしれません。

大人になってからの時間は、子供の時よりも早く過ぎていくと思われたことはありませんか?忙しく毎日があっという間にすぎていく中では、少し立ち止まって考えるということも難しいかもしれませんが、より満足できる人生を送るヒントをお伝えいたしますので、最後までお読みいただけましたら幸いです。

・最後の瞬間に思うこと
おそらく、多くの人が、最後の瞬間にこんな風に思うのではないでしょうか。「思ったよりも、こんな風にあっさり人生終わってしまうんだったら、あれもこれもやっておけばよかった」
この地球で何か行動を起こし、挑戦するために生まれてきているはずなのに、そのチャンスがある時にはいろいろな言い訳をして動かない人が本当に多いものです。

お金がないからできない。
家族に反対されて…。
仕事が忙しくて、自分が本当にやりたいことなんて時間がなくて。
やってみたいけど、そんな度胸ないから。
失敗したら恥ずかしいからやめておこう。
告白しても断られるだけだろうし。
あの資格を取りたいけど、どうせ無理だ。

しっかりと願いが叶うことを信じて宇宙(神様、なんでもかまいません。あなたが信じられるものなら何でもいいのです)にオーダーすれば、本当に願いは叶います。
宇宙はすべての人に幸せになってもらいたいのです。すべての人に奇跡は起こります。

新たに挑戦したいこと、昔からやってみたかったこと、やりたいけど一歩が踏み出せないこと、なんでもかまいません。今あなたがしていることは、本当にやりたいことでしょうか。やりたいことがあるけれど、挑戦するなんてと尻込みしていませんか。

あまりしゃべらないで、毎日会社の隅っこでデスクワークをしているけれど、実はずっとコツコツ勉強している事があり、ブログを何年も書いていて読者もかなりいる。本当は大勢の前に立ってセミナーを開催してみたい。でも自分はそんな器ではないし、誰も話を聞きになんて来てくれないだろう…。ましてや上手になんてしゃべれないし…。
そんな風に否定的に思っていては、何も進みません。
あなたが「やりたい」と思ったことは、必ず実現可能なのです。
自分で、「そんな器ではない」「誰も来てくれない」「上手にしゃべれない」と決めているので、そのオーダーが通っている状態です。

自分がそんなタイプではなくても、絶対に実現する、実現できると決めてしまえば、その能力も、挑戦を助けてくれる人も、そうした場も、次々と現れるようになっています。
「できない」のは、すべて自分が「できない」と決めつけているだけです。
その「できないという願い」が聞き届けられている状態です。
すべて自分の思い通りに行くのが人生です。ただ自分でどうしたいかを決めるだけです。

人生最後の日に、なるべく後悔することを減らし、満足できるものにしていくために、まず残された人生で何をしたいのか、何をしなかったら後悔するのかを時々考えてみてください。
また、「今日が人生最後の日かもしれない」と思ってみるのも効果的です。
今日が最後の日だとしたら、あなたは何をしますか。何を考えるでしょうか。
明日がまた来るということが、なんて素晴らしいことかと思われませんでしょうか。すべてのことは当たり前ではありません。
明日がまた来るという保証なんて、どこにもないのです。毎日忙しくされていると、つい忘れてしまいがちなことかもしれませんが、あなたの人生をすばらしいものするために時々立ち止まって考えられてみてください。

そして後悔することのないように、やりたいことにはどんどん挑戦してみてください。
新たなことに挑戦する時には、「そのための力も、助けてくれる人もすべてがついてくる!大丈夫だ!」そう信じて、あとは実行するのみです。
生まれ持った才能や性格は、個人個人で違いますが、決めたことは必ずできるようになっています。自分なんかには無理だというマインドを、まず変えていきましょう。そして宇宙を信頼して、しっかりと行動しましょう!
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

褒める・認める・愛することで、潜在意識からパワーアップ

皆さま、今日もブログへご訪問ありがとうございます。
早いものでもう6月です。じめじめした日々に気持ちまで湿ってしまわないように、今日は強い自分自身を作るためのポイントをお伝えいたします。

人は精神状態が常に同じではありません。ちょっとしたことで傷ついたり、落ち込んだり、腹が立ったりとマイナスの気持ちになってしまうことは、誰にでもあることです。
普段は大丈夫なのに、なぜかちょっとした一言でへこんでしまい、なかなか立ち直れなかったというような経験を、一度も感じたことがないという人の方がまれではないでしょうか。

私たち日本人は、謙遜することが美徳だとされているようなところもあります。
褒められても、いえいえそんなことありません…と自分を卑下するような言葉を使ってしまうシーンはよく見られる光景です。

自分だけではなく、身内が褒められたときにも同じようにへりくだってしまったり、打ち消してしまったりしていませんか。自分の子どもが褒められたときなど、子どもの目の前で「とんでもないです、全然だめなんです」なんて打ち消されたら、子どもさんはうれしいでしょうか。
子どもはとても素直で正直で、受け取り上手です。褒められれば喜びますし、さらに実力以上にがんばれるものです。お子さんが褒められたら、ぜひ目の前で肯定してあげてください。それがさらに自信となって、ぐんと伸びていくことができます。

大人も同じように、褒められたらうれしいはずです。成長するにつれて、遠慮したり謙遜したりすることが増えてしまうのですが、「いえいえそんなに大したことないんです」なんて否定してばかりだと、潜在意識にも「自分は大したことない」というネガティブマインドがすり込まれてしまいます。

「すぐあきらめてしまう」
「自分はこんな程度なんだ」
「どうせがんばってもムダだから」
最近では自分に自信が持てない人が増えています。
ネガティブマインドに支配されてしまうと、実力以下の成果しか上げられなかったり、もっているものを全く発揮できなかったりしてしまいます。
とてももったいないことですね!

・無意識レベルで自己肯定力を上げていきましょう
いつも謙遜・遠慮ばかりしていると、本当に自分自身が「大したことのない」人間になってしまいます。
私たちは思っている以上に、自分に対する評価や言葉に影響されています。
自己肯定が下がってしまうと、脳は自己防衛のために、現状を打開するような高い目標設定をしても、その目標を下げようとしたり、あきらめようとしたり、現状を維持し心地いい状態を保とうとしたりします。
その結果、さらに居心地のいい状態を保とうとして目標を下げていくということを繰り返してしまうことになり、気づけば思うような成果が上がらず現状打破することがとても難しくなっていくのです。

自己肯定力を上げようと思うなら、そして実力以上に成果を上げたいなら、逆のことをすればいいのです。
褒めてもらったら「ありがとうございます」と感謝の気持ちを伝える、それだけです。

日本人は特に受け取ることが下手だと言われています。ありがとうございますと、言われたことを素直に受け取るだけで、自己肯定力はぐっと上がります。

・さらに自己肯定を上げる方法
人に言いことを言われたら、遠慮や謙遜をせずに素直に受け取ってください。
さらにもっと潜在意識から自分に自信をつけていくには、「人からではなく、自分で自分をほめる」ことを実践してください。
自分のことを一番理解しているのも、自分の一番の味方である存在なのも、「自分」です。
元手も何もいらず、とても簡単にできる方法です。
自分を信じて、自分を褒める。自分を愛する。自分を肯定する。

日々生きていれば色々なことがあり、批判されたり、失敗したり、嫌味を言われたり、無視されたり…
嫌なことをしなければいけないとき、苦手なことを避けられないとき、腹が立つことを言われたりされたりしたとき。生きていれば色々なことがあります。そんな時に自分をどう保つか、どうモチベーションをコントロールしていくかが大切ですね。

自分で自分を肯定するということは、自己暗示にもなります。日々の習慣にすることで、本当に現実になっていきます。
あるがままの自分を認めて、自分にプラスの言葉をかけてみてください。
その時に、自分の心の奥に意識を向けてみてください。人から褒められた時と同じように、喜んでいるもうひとりの自分が胸の奥にいることに気が付かれると思います。
心の奥にいる自分に意識を向けることで、潜在意識の自己肯定力がさらに上がるようになります。

「自分を褒める」というのは、簡単なようで習慣にできている人は多くありません。
植物でも、感謝やねぎらい、かわいいねというような言葉を毎日かけてあげていると、成長の仕方や実の出来具合が違うといいます。
自分自身を、ご自身で積極的に褒めてあげてください。どんな小さなことでも構いません。
習慣化すれば、何があっても「いや自分はこんなものではない。もっといいところがたくさんある。絶対に大丈夫だ」と、ぶれない確固たる自分を作っていくことができます。
今からすぐに実践されてみてください。きっと1か月もたたないうちに、効果を感じられるようになってくるはずです。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。


1

« 2017年5月 | メインページ | アーカイブ | 2017年7月 »

このページのトップへ