HOME > 琥珀ブログ > アーカイブ > 2017年5月

琥珀ブログ 2017年5月

成功者が上手に使いこなしているもの


皆さま、いつも琥珀のブログへご訪問ありがとうございます。
成功者が習慣にしていることは色々ありますが、一番手軽に実践できることは、「メモを取ること」です。
アイディアを書きとめるのはもちろん、その日の予定を箇条書きにしたり、目に留まったものを貼りつけたり、メモと言っても無限の活用法があります。またメモを取ることで、成功者にとって大切な要素である、ある能力も伸ばすことができます。

・目標を書きだす
将来の目標を書きだしてみましょう。大きなものから、「今月は毎朝5分早く家を出る」といった小さなものまで、思いついたらメモしていきます。
文字にすることでイメージがクリアになり、今そのために何をするかが明確になります。さらに動機づけや、やる気も大きくなり、潜在意識へのすり込みもできます。

・ツール
メモ帳はなんでもかまいません。ポケットサイズの小さなものでも、スマホのメモでもいいでしょう。その場合は、クラウドにどんどんあげておくと便利です。
ふせんを持ち歩いて走り書きして、後からメモに貼っていくというのでも手軽でおススメです。
ボイスレコーダーもいいですね。この場合は後でさっとまとめるクセもつけてくださいね。
アイディアやひらめきというのは、その場限りのことが多いものです。後で…と思っていると、あっという間に消えてしまいます。また、アイディアをひらめいた時というのは、さらに思いつくことがありますから、そんな時には一瞬立ち止まって、メモをする習慣をつけてください。

・目や耳にしたものを残す
ふと心に響くフレーズを聞いた時、新聞に使えそうな言葉があった時、広告や看板で何かひらめいた時、そんな言葉や文章も書き残してみましょう。単語の羅列でも構いません。メモに残すことで、後から記憶をたどることができます。
自分の新聞や雑誌なら、とりあえず破っておいてメモ帳に挟んでおくのもおすすめです。名刺にメモするのもいいですね。
きちんとメモを取らないと!と思ってしまうと、なかなかうまくいかないこともあります。リラックスして書き流すくらいのメモだからこそ、さらにアイディアが浮かぶことがあります。

・メモを取る利点
ひらめいたものではなくても、思っていることを素早くまとめてみてください。思考というのは、何らかの意味があることも多いものです。その時は分らなくても、あとから点と点がつながることもあります。

また思考を文字にするということは、簡単なようで実は難しいものです。頭の中にあるときは筋も通っていてまとまりがあると思えるようなことでも、実際に文字に書き起こそうとすると泡のようにつかみどころがなくなることがあります。
つまり、メモを取ることで表現力が磨かれます。

また、メモを取る習慣をつけると、観察力も身に付きます。さらに情報収取力も知らず知らずのうちに養われます。
メモは必ず、少し置いてから見直すクセもつけましょう。後から見ると必要ないものもたくさんあるはずです。取捨選択することも大切です。
表現力、観察力、情報収集力、取捨選択する能力といったビジネスで欠かせない能力が、日々の少しの時間で磨かれていくわけですから、メモを取らない手はありません。

・メモの活用法
メモは夜にでも読み返し、目標や予定などは軌道修正したり、いい言葉は読み返して深く落し込んだりしてみましょう。
さらに、メモを取るのはいい言葉だけではなく、その日言われた文句や小言などもメモしてみると、反省点や今後の対応などが思いつくことがあります。

痩せたいと思っている人は、今日食べたものをざっと書くのもいいでしょう。節約しているなら、大体の使ったお金を書きとめておくのも、習慣にすると流れが見えてきます。きちんと管理するとなかなか続かないことでも、ざっくりとメモにすることならできるという場合もありますね。

最後に、寝る前にその日あったいいことを3つメモするという習慣をつけてみるのもおススメです。いいことを毎日挙げるようにしていると、ポジティブなことを見つけるのが上手になります。
幸運体質へとつながり、その後いい気持ちで寝られることで暗示にもなります。

まずはお気に入りのメモ帳を探しに出かけてみませんか?色々と用途に応じて使い分けてみるのもいいですよ。

財運「トイレ編」

皆さま、いらっしゃいませ。いつも訪問いただきありがとうございます。どの場所にも行きやすい気候になり、ついついお出かけが重なる時期ですが、夜もお付き合いや接待が増えてくる頃です。気が付くと接待で出費がかさむようになっている方もおいでかと思います。
今日は、日ごろ頑張っておられる皆様の財運(金運)を、もう少しアップできるお手伝いポイントをご紹介させていただきます。
水が流れる場所は基本的に風水では大事な場所となります。今回はお手洗い「トイレ」で財運(金運)を上昇させるポイントをお話しさせていただきます。綺麗にお掃除をしていただくのは大切ですが、少しでも気軽に行っていただける方法をいくつかまとめさせていただきました。

トイレ掃除の重要性
トイレのお掃除をすると運が上がると言われています。金運や財運や健康運など運気という総合では、いつもきれいにしていただきたい場所にあたります。
企業でも、トイレ掃除に力を入れている話題が流れてきますし、社会貢献として地域のボランティア活動をしている団体もあります。企業が公園や施設のトイレ掃除に巡回する話もニュースになったことがあります。
皆さんが率先して行われるトイレ掃除が運気上昇に関係している重要理由があります。
トイレは、お水を使います。お水を使う場所はいくつかございますが、その中でも、トイレは厄が溜まりやすい場と言われています。厄の溜まりやすい場所が汚れていると全体の運気が下がってしまいます。お仕事で忙しい毎日に、日々トイレ掃除をすることが難しい方もおいでです。ご使用後には、サッと拭ける簡易的な使い捨ての掃除用ウエットなどを使われるだけでも綺麗に保つことができるかと思います。休日には、ブラシをかけたり拭き掃除をしたり、中も外もお清掃に挑戦してみていただければ運気の違いを感じていただけるかと思います。

便座のふた
男性だけのご家庭はつい上げたままになりやすいのですが、便器のふたはその都度閉じられることをおすすめいたします。また、ふたを閉めるのは、お水を流す前にしてください。

トイレのドア
小さいお子様がいらっしゃるご家庭では、度々開いてしまうことがありますが、トイレのドアは必ず閉めるようにご注意ください。厄の溜まる場所の気を、トイレ以外の場所に流れないようにするためですので、できるだけ気を付けていただくことをお願いしています。

トイレの換気
トイレには窓がありますでしょうか。窓がありましたら開けて換気をよくし、滞った気が流れ抜けるようにしてみてください。マンションにお住いの方は、住宅事情で窓のないトイレが多いかと思います。窓がない場合は、空気の流れが止まり気が澱みがちになります。大変かもしれませんが、換気扇をつけたままにすることをお勧めしています。ご不在の時間もあり使用していないときまで、換気扇を回したままにすることに抵抗をお持ちの方もいますが、できましたら回したままが好ましいところです。

トイレの照明
トイレの性質上、陰の気がこもりやすい場所です。掃除をし換気をし、気の流れをつくりましたが、環境的に暗い場所もよくない運が集まります。陰の暗いイメージを明るいイメージに変えるアイテムとして照明の明るさをご検討ください。

トイレの布製品
トイレで使用する備品の中には布製品が多く使われているかと思います。便座カバー・便座ふたカバー・マット・スリッパ・ハンドタオル等、どれもご家庭で普通にセットされている用品です。陰の気が溜まりやすいトイレで気を吸いやすい布製品は、なるべく定期的に交換されることをお勧めしています。
ハンドタオルは手の汚れもふき取りますので、さらに陰が吸い込まれます。こまめに交換するようにご注意ください。便座カバー・便座ふたカバー・マット・スリッパはトイレ専用をいくつか交換して利用される方が多いと思います。しかし、ハンドタオルを洗濯したあとに他の場所で利用する方がおいでです。ハンドタオルの共有は中止され、洗濯後もトイレ専用のみで使用されるようにしてください。また、スリッパなども古くなりましたら半年ごとにでも新調されることをおすすめしています。

以上となりますが、いかがでしたでしょうか?トイレは綺麗に換気のいい空間を作るようにご注意いただければ、しっかりと気の流れる良い状態をつくることができる場所です。いきなりすべての習慣を変えるのは大変ですが、できるところから、始め易い部分からお試しいただければ開運につながります。皆様のさらなる運気アップのお手伝いができたら幸せです。

仕事運「デスク編」

皆さま、いらっしゃいませ。いつも訪問いただきありがとうございます。
新しい職場や新しい部などへの移動で環境が変わられた方もおいでのことと思います。少し慣れてきた頃で、ようやくご自身の力を発揮できるときでしょうか。
本日は、本来の仕事力をさらに上昇できるように運を上げる開運風水「デスク編」をご紹介させていただきます。

ビジネスマンにとって一番長くいる場所は職場か仕事場ですね。その分、プライベートのお部屋よりも、仕事環境は見直しやすいともいえるかもしれません。
毎日どのぐらい仕事環境においででしょうか?7~12時間でしょうか、もっと長い時間を仕事にむけておられる方もいらっしゃいますでしょうか。
時間で考えると、睡眠時間よりも長く滞在する「仕事環境」は、居心地よく感じるために基本をスッキリさせていただくことが大切です。
特にデスクは仕事環境の基本基地になります。職場では各人に自分のお城ともいえる机が用意されているかと思います。
デスクの上を見ると、面識のない方でもどんな方が座っているのか想像できるほどお人柄がでてくる場所となります。普段の生活習慣に近い状況を見ることができるとも言われています。

「有効的な配置」
ビジネスマンにとって情報収集は大切なキーワードになります。情報は外部からもたらされるお届けもので貴重なサインになることもあります。
情報や報告は常に動いている「動」ですが、デスクの上に設置するものの中に「動」を起こすものは右側に配置することが最適です。
代表的なものは、「電話」です。もし構造上無理がないようでしたら、電話はぜひ右側に配置してみてください。必要な情報に限らずチャンスも逃さずに受け取ることができます。

「整理整頓」
忙しいタイムスケジュールで活躍されているビジネスマンにとって、つい後回しにしてしまいがちなデスク上の整理整頓。あとで整理しなくてはと、とりあえずデスクの上に書類や資料を置きっぱなしにしてしまいがちかと思います。
また、主が不在でも、あなたのデスク上に書類がどんどん山積みになってしまうこともあるのではないでしょうか? 日常的に起こりやすいデスクの上の良くない環境です。
書類や資料は電話と逆に動かないもの「静」になります。動かないものの書類や資料や荷物は、上へ上へと重なっていくことで更に「動」が邪魔をされてしまいます。「静」となるものは、「動」とは反対の左側に置いてみてください。
不在中にデスクの真ん中に書類を積み重ねて置かれてしまうようであれば、左側に書類入れの箱をご用意されるのをお勧めいたします。
もし、ご自身の書類も多いと感じる方は、不要な書類を処分したり、USBに保存しておく、PDFに残すなどし、デスク上には最低限の資料を置くようにされることが運気を上げる秘訣になります。

「引き出しの停滞」
デスクの上をスッキリさせようとしますと、物は引き出しの中に納まりがちになります。詰め込みすぎたり、物の分類を無視して何でも混ぜてしまうことがあります。引き出しの中は注意する場所になります。
利用しないものは、長く目に触れないものが多く、使わないことで停滞する運気をもってしまいます。デスク上とペアで整理整頓されることをお勧めいたします。

「避けてほしいアイテム」
できるだけ避けていただきたい物は、ビニール製のデスクマットです。特に、マットの中に大切な人と連絡情報を挟んでしまうことは、動きの巡回を妨げてしまいます。人との連絡は大事なチャンスを運び、発展するきっかけをもたらすことが多いかと思います。
デスクマットは物書や押印等に使いやすいアイテムとして長く利用されている方もいらっしゃいます。もしマットを使われても、電話帳メモや名刺など挟まれないことをお勧めいたします。
また、デスクマットにご家族のお写真を挟むことも妨げとなります。

「デスク足元」
仕事の運気を上げるためには、足元もスッキリさせていたい場所です。設置されている場所によっては難しい場合もありますが、足元に配線が散乱している状況はありませんでしょうか?スッキリと束ねて向きを統一してあげるだけでも美しい足元になります。

「デスクの上もオフ」
お仕事中に口にする、コップやペットボトルをデスク上に置いたままにしがちです。後で飲むつもりや、外勤からもどったら片付けようと思われることがあります。急な予定変更で直帰することもあるかと思いますので、できましたら離れるときはデスク上もオフにしてあげてください。
置きっぱなしはマイナスを集めやすいため、一日の終わりには捨てるか綺麗に洗ってからご帰宅されることをお勧めいたします。
また、デスク上が埃っぽかったり、汚れていると仕事の人間関係に良くない運が流れていまいがちです。仕事開始時と帰る時にウエットティッシュやクリーナー等でサッと拭くようにしますと仕事運も上昇します。

いかがでしたでしょうか?すでに決まっている家具などを変更するのは、なかなか難しいかと思います。小さな環境から見直すことで手軽に開運できることがたくさんあります。皆様のさらなる運気アップのお手伝いができたら幸せです。

表札で運気がアップするポイント

皆さま、今日もご訪問ありがとうございます。今日は、風水でもとても大事だとされている、「表札」の運気アップポイントをお伝えしたいと思います。表札は、間取りや家具などといった大がかりな風水とは違い、比較的手軽に見直すことができますので、ぜひ参考になさってみてください。よろしければ、最後までご覧くださいね。

・表札がないと運気が入ってこない?!
風水では、玄関から運気が入ってくるとされています。家の中にいい気を入れることで、開運につながります。そんな大切な玄関の、一番の顔が、表札です。表札のない家は、「誰が住んでいるのか分からない」または「誰も住んでいない家」ということになってしまい、せっかくの運気も素通りしてしまいます。
玄関の風水を整えても、表札がなくては、いい気が入ってくるのは難しくなってしまうのです。
誰が住んでいるのか、しっかりと分かるように表札をつけましょう!
ただし、女性の一人暮らしなど、防犯的な理由がある場合は難しいかもしれませんね。ですが、表札は家の顔です。なるべくきちんと作って、いい気を取り込めるようにしてみてください。

それでは、どんな表札が運を呼び込むいい表札なのでしょうか。

・素材
素材は自然のものがよいのですが、ヒノキやイチイ、桑などといった、木がいいとされています。木は上に向かって伸びる、自然の強いエネルギーがこめられています。森の大自然のパワーを吸収した、天然木が表札にはおすすめです。
同じ自然の素材ということで、陶器や石を表札として選ばれる場合には、どっしりした大地の安定した運気が期待できます。そして陶器や石の表札にするなら、白など明るい色がいいですね。黒やグレーでは、墓石のようでもあるため、運気が下がってしまいます。

※風水のアイテムや色などに関しては、個人差があります。琥珀の鑑定では、その家にあった材質や、その方の気と家のバランスなども見ながら、最適なものをお伝えしています。

・文字と取り付ける位置
文字は、彫るよりも、浮かし文字で名前が盛り上がっているものが、運気を上げてくれます。読みやすい書体で入れてください。家長の氏名を入れるといいとされています。
縦書きで木製、漢字がいいとされていますが、今は洋風の家やマンションにお住まいの方も多くなっています。ローマ字でもかまいません。読みやすく、しっくりくる気に入った文字がいいですね。
風水的では、明るくいい気は、右側を通ると考えられていますので、玄関に向かって右手に表札をつけるのがおすすめです。これも全体的なバランスや、ドアの種類、方位などによって色々な解釈があります。自分が見てまずは気持ちいいところに配置してみてください。
ただ注意しなくてはいけないのは、直接ドアに表札をつけるのは、気を跳ね返すとされてしまい、あまりよくありません。ドア以外のところに取り付けてください。
また、高さは見えやすい、目線よりも少し高いところがいいですよ。

・きれいにしておきましょう
表札を取り付ける前に、きちんと壁の掃除をしておきましょう。まずは表札をつける場所を、水拭きしておくといいですね。塩水で拭くと、さらにいいでしょう。
木製の表札は傷みやすいので、こまめにきれいにしながら、大切に使ってください。表札は外に取りつけるものなので、ホコリがたまったり外気にさらされたりするなど、汚れやすくなります。その素材にあったお手入れをして、きれいな表札を保つようにしてください。
定期的に新しいものにするのもおすすめです。


すべてを完ぺきにそなえた表札にするのは難しいかもしれません。表札はこうじゃないといけない、と構えすぎないで、まずは自分が心地いいと感じる空間を目指してみてみましょう。
インテリアとしても楽しみながら、少しずつ運気を上げていけるように、見直してみてくださいね。今はお店やネットでも、たくさんの素材や組み合わせなどから、選びながら表札を作ることができます。お気に入りの表札をじっくりと探してみてください。


引き寄せは忘れたころにやってきます


皆さま、ご訪問いただき、ありがとうございます。
今日は目標や願いを叶えやすくする、引き寄せについてお伝えしたいと思います。

・引き寄せについて
「引き寄せ」という言葉は皆さまご存じだと思います。なりたい自分や、手に入れたいもの、叶えたい願いなどをしっかりとイメージすると、それが現実に引き寄せられるというものです。
実行しているけど、うまく引き寄せられていないという方も多いと思います。どういったところに注意して、引き寄せを心がけたらよいのでしょうか。いくつかのポイントをご紹介させていただきます。よろしければ最後までご覧くださいね。

まずは、引き寄せたいものなどについて、ただ漠然と考えるだけではなく、しっかりと意識レベルに落し込むことが大切になります。
「そうなればいいな」ではなく、「きっとそうなる」「そうなってうれしい」という方向で毎日イメージしてみてください。
考えるだけではなく、意識の部分で叶うことを信じてみてください。できれば、すでに叶っている状態をイメージすることが大切です。

・マイナスの引き寄せ
引き寄せを信じて毎日イメージしていても、時には、「でもやっぱり無理かもしれない」「本当に叶うんだろうか」という気持ちが出てしまうこともあると思います。
こうした不安や心配、マイナスの気持ちは、引き寄せには逆の効果になってしまいます。後ろ向きの気持ちというものも、意識の部分に入り込んでしまうので、マイナスの引き寄せになってしまうのです。

きちんと引き寄せができていれば、その願いはいつか叶います。すぐに現実になってくるものもあれば、時間がかかるものもあります。
なかなか叶わないと、どうしても不安になるものですね。
そして引き寄せなんて効果がないんだという思いが出てきてしまい、さらに後ろ向きの気持ちが意識にすりこまれてしまいます。

・引き寄せを成功させるには?
まずは、マイナスの気持ちを取り去ることです。
「1億円を手に入れたい」というような、現実からかけ離れた願いの場合は、叶うのはなかなか難しくなります。
そんなこと叶うわけがない、という思いがやはりどこかにあるからですね。絶対に私はお金を手に入れると信じる気持ちよりも、そんな大金が入るなんてありえない、という気持ちが強くなってしまうものです。

さらに、自分自身で作り上げている思いこみや、これまでの経験から得た強い概念というものがじゃまをしている場合があります。
例えば、「結婚したい」という願いを叶えたい場合に、自分の中に「私は魅力的な人物ではないから結婚はきっと難しい」とか、「周りを見ていても、結婚生活はやはり人生の墓場なんだろう」などといったマイナスの気持ちを持っている場合です。

なかなか引き寄せが叶わない時は、自分の中にそういった『メンタルブロック』がないか、よくご自分を見つめてみてください。
「お金がほしい」という願いがある時に、「お金を持つとろくなことにならない」とか、「貧乏でも金持ちでも、結局お金には苦労するんだ」などといった、お金に対するマイナスのイメージはありませんか?

このくらいの金額が手に入ったら、こんな風に使うことにしよう。その支払をする時、私はこんなにうれしいだろうな、という風に、願いを具体的にしてみてください。
なんだか本当にうれしくなってきませんか?
お願いごとを具体的にすると、感情まで動きます。
ただ思うだけよりも、感情まで意識することで、より強く信じられるようになります。

・願いをいったん手放す
具体的に感情まで意識することを習慣づけたら、後は手放してください。信じて、そしていったん忘れるのです。
本当に叶うことを信じられたら、それは叶います。後は待つだけなのです。
来ることが分かっていれば、「来てほしい!」と望むことはありませんよね?待つだけなんです。

引き寄せが忘れたころに突然やってくる、というのはそういうことなのです。ぜひお試しください。今日も最後までお読みいただいて、ありがとうございます。記事が何かのお役にたてれば、大変うれしいです。

恋愛運「食」で開運

皆さま、いらっしゃいませ。いつも訪問いただきありがとうございます。暑い日も続くようになり体力も消耗しがちです。こまめに水分補給をして、これからも強くなる太陽の日差し対策をしてください。

本日は「食」で開運のご案内です。食べ物はわたしたちの体を日々つくり維持し助けてくれている大切な命です。毎日の食で今のからだと心が維持できていると言ってもよいのかもしれません。食べ物をいただきながら、しかも開運への道をひろげてくれます。誰でも気軽にお試しいただける「恋愛運」食で開運をご紹介させていただきます。

少し恋愛から離れている方や素敵なご縁が欲しい方に“麺”
恋をしたい気持ちはあっても、対象となるお相手の方と出会いがないのですと言われていませんか?そんな時は「麺類」を積極的に食べてみることをご提案いたします。縁を手繰りよせる食べ物として取り扱われています。
パスタや、できるだけあたたかい麺がいいとも言われていますが、別の鑑定からは、恋愛にはこの時期美味しいそうめんもいいと言われています。

出会いが少ないと感じる方に“丸い食べ物”と、運気を軌道修正してくれる作用のある“白”
丸い食べ物は角がありません。そのために角が立たないと言われ、人との関係を円滑に良好にしてくれるとも一般的には言われています。
また運気のリセットをし純粋に邪気を払う白い食べ物を組み合わせると、丸目で白い食べ物もお勧めだと言われています。例えば、ゆで卵やマッシュルームや白玉なども思い浮かびます。

出逢いの数を増やすには“小鉢”
日本食はとても各の高さを感じる点が多くあります。運気上昇のお手伝いとなる要素がたくさんつまっているからです。日本の食事は小鉢の数が多く、旬のものを少しづつ品数多くいただきます。小鉢で多くの種類を食卓に並べることにより、たくさん箸をつけるという行為がおきます。交際範囲を広げ、一点だけを見てしまう盲目にならないようにもなります。時間が許す限り、小鉢を多く使って目でも楽しみながら開運を堪能してみてください。

食も色もアイテムも、人それぞれの生まれた年月や運や生まれた土地など様々な条件によってラッキーな開運品は異なることがあります。また、食品ひとつひとつにも気があります。ここでは、一般的な開運をご紹介しておりますが、運気が思った以上に上がらないようであれば個別鑑定もお勧めいたします。たくさんお試しいただきながらも思うように上がらないのは、一般的な開運方法とは異なる場合が多くみられます。

食は毎日必ずいただくものです。いつもはパンを食べているけど、今日のランチはパスタにしてみようかと気軽にお試しいただけるものです。小さな環境からきっかけができることが気負いなく続けられる秘訣かもしれません。少しでもお試しいただけそうな内容はございましたでしょうか?皆様のさらなる運気アップのお手伝いができたら幸せです。

落ち込んでしまいがちな時には

本日も琥珀ブログにご訪問いただきまして、ありがとうございます。
季節の変わり目で、お天気も気温も不安定な日々が続きます。

不安定な季節には、気持ちにも少し、波が出てしまうことが多くなりがちですね。
普段なら何気なくやりすごせることでもひっかかってしまったり、ちょっとしたことで落ち込んでしまったり、思い当たる方もいらっしゃるかもしれません。人間ですから、毎日心から笑顔でいられないこともありますね。
なんだか気分が落ち込んでしまいがちな時は、どんな風に対処したらいいのでしょうか。落ち込む時というのは、人によって様々な理由があります。もしくは理由は思いつかないけれど、漠然と不安な気持ちが出てきて、なかなか気持ちがリラックスできないという場合などもあると思います。


・凹んでしまうことは悪いことではありません

生きていれば、色々なことがあります。誰もが、たくさんの人とのかかわりがありますし、様々な役割をこなしています。いつも楽しいこと、いいことばかり続く人はいないと言ってもいいでしょう。

職場で人間関係がうまくいかない。
同期が先に出世した。
恋人が最近よそよそしい気がする。
結婚したけど、思っていたような生活と違う。
子どもが全然言うことを聞かない。
友人がよく旅行に出かけていて、うらやましい。
ママ友の間で仲間外れにされているような気がする。
がんばって働いているのに、貯金ができなくて、ふと不安になる。

生きている以上どんな人にも、人生の波はあるものです。
普段は大丈夫でも、ふとした時に不安になったり、心配になったり、疑いの気持ちなどが出てきて、精神的に疲れてしまったりすることは、誰にでもあります。まずはその気持ちに寄り添ってみてください。無理に元気になろうとしなくても大丈夫です。


・開運のためには、ネガティブなものをなるべく取り除いていきます

私たちには決められた天命(運命)があり、人生の6割はすでに決められていると言われています。そして残りの4割ほどが、風水とあなたの心がけになります。

風水で運気を上げ、そのいい運気をしっかりと受け取るには、マイナスの感情を手放すことが大切になります。これが開運の基本になりますが、うまくネガティブな感情を取り除いていくことが、なかなか難しい時もありますね。
それでは、気持ちが落ち込んでしまう時には、どのようにしてその気持ちを手放していけばよいのでしょうか。

①まずは、落ち込むのに任せて、身をゆだねてみましょう。そのうち気持ちが軽くなることもあります。しばらく様子を見ても気持ちに変化がない時には、その気持ちにフォーカスしてみましょう。
どうしてそう思うのか、何が原因なのか、そのプロセスでさらに落ち込むことになっても、自分の気持ちに寄り添って考えてみてください。
あるところでふっと、軽くなる瞬間が来れば、後は大丈夫です。とことん落ち込んで気持ちを出しきってみるのも、ひとつの方法です。

②自分が被害者であるという思いをやめてみましょう。
何か嫌なことがあったり、ネガティブな思いがこみあげてきたりする時、人はそれを自分のせいではないと考えてしまうことがあります。
他人や環境などのせいにすれば、自分は悪くない、と思えるからです。
人間関係がうまくいかないのは、周囲の人が悪いのであって、私は精一杯やっている。
一生懸命働いているのに収入が少ないのは、社会が悪いせいだ。
こんな風に考えて、安心してしまう場合があります。

けれども、傷ついたままその原因が自分にはないと思っているだけでは、状況はなかなか変わりません。被害者であると思っているうちは、あなたは被害者のままなのです。まずは、気づくということがとても大切です。

③あなたの周りで起きることは、自分を写す鏡です。
自分を深く愛して入れば、まわりもあなたを深く愛してくれます。
何かの葛藤があなたの周囲で起きているなら、それはあなたの内面でも起きていることなのです。
もしあなたの周りで問題が起きているのだとしたら、まず自分を見つめてみてください。
そして自分自身を変えようとしてみてください。
自分の内面が解決できれば、周りの問題も解決できることが多いのです。

少し苦手だと思っている人がいるなら、次に会った時には、笑顔であいさつをしてみてくださいね。何も返ってこなくても、あなた自身は、あいさつができて気持ちがいいという、プラスの思いを持つことができるかもしれません。

④自分自身を信じてください。
あなたは、唯一無二のすばらしい存在です。
人と比べなくても大丈夫です。
自分を許してください。
自分を褒めてあげてください。
うまくいくと信じてください。
自分を信じ、そして周りの人も肯定して、人間性をアップさせていく循環を作ってみてください。


いかがでしたか? 落ち込んでしまっている時は、なかなか上向きの気分にならない時も多いですね。無理をせず、焦らず、少しでも穏やかな時が持てるように、リラックスできる空間などを作れるといいですね。梅雨に負けないで、少しでも気持ちのよい時間が過ごせますように。何かのヒントになれば、大変うれしく思います。

実際の鑑定では、あなたにあった風水で運気のシャワーを降らせます。
それをしっかり受け取ることができるように、あなたの心から、ネガティブなものを取り払うお手伝いをいたします。
タイミングや状況で、その都度、心に響く言葉や、風水アイテムも変化します。
直観を信じてみてください。この記事を読んでくださっているタイミングも、何かの合図なのかもしれません。

どうしていつも自分ばかりが...と思ってしまう時

皆さま、今日も琥珀のブログにお越しいただき、ありがとうございます。
さて、生きていると、楽しいことやいいことも多くありますが、同じようにつらいことや悲しいことなども起きてしまうものです。そんな時に、どんな風に対応すれば気持ちが楽になるでしょうか。どうやって上手に乗り越えていけばいいのでしょう。
全く同じことが起こっても、人によってとらえ方や対応の仕方は様々です。受け流すことができる人、いつまでも引きずってしまう人、体調まで崩してしまう方もいらっしゃるかもしれません。

今日は、自分がいつも損をしてしまう、犠牲になってしまっていると感じることがあった時に、どう解決していけばいいのかのヒントをお伝えしたいと思います。よろしければ、最後までご覧ください。


人間関係において、いつも自分ばかりが損をしたり、貧乏くじをひいてしまったりすると思っている方は多いかもしれません。
上司からいつも自分ばかり仕事を押し付けられる。仕事が終わらなくて、残業することも多く、毎日疲れが取れません、という方がいらっしゃいます。同僚は要領がよくて、上司の機嫌をうかがいながら、上司の目の届かないところでは楽をしているように見えるのです。
また、同じように、兄弟の中でも自分だけがいつも親から小言を言われたり、怒られたりするという方もいらっしゃいます。自分は全然悪くないときでも、怒られるのは結局いつも自分なのだそうです。
恋人に振り回されていて、心の平穏が持てないという方は、連絡が来ただけで憂鬱になってしまうこともあるかもしれません。

あの人がいるから、私は嫌な思いをしている。
私は悪くないのに、いつも損をしている。
私だけどうして、こんな理不尽な扱いを受けるんだろう。
この仕事のせいで、毎日が辛くて、朝起きるのがとてもしんどい。
学生時代の友人関係で、いつも変な噂をささやかれてしまい、私の居場所がなくなってしまっている。


・被害者意識を変えてみましょう
いかがでしょうか。こんな風に、親子・兄弟・恋人や夫婦・仕事・友人・同僚・職場での上下関係などにおいて、「誰かのせいで」「あの人がいるから」私はいつも傷つけられていると感じることがあるでしょうか。

自分が被害者である、という風に思ってしまうと、相手を非難する気持ちが出てきてしまいます。
人の感情や行動に振り回されてしまうと、自分らしく生きることがとても難しくなってしまいます。相手次第で自分の満足度や幸せが決まるという考えを、手放してみましょう。満足感や幸せな気持ちは、誰かに与えてもらうものではないのです。

・色々な問題は、自分の中にあります
あなたの周囲で起こることというのは、すべて自分を写す鏡です。あの人のせいで…と思ってしまう時には、自分に問いかけてみてください。
いつも親に自分ばかり怒られてしまうという場合には、自分も何かに対してよくイライラしているようなことはありませんか?または、親に何か言いたいこと、分かってほしいことがあるのに、言えなくて我慢したりしていませんか?

問題に見えることがらというのは、実は自分の中に解決するヒントがあり、成長できる機会として与えられている、ということがよくあります。乗り越えて、そして成長できることが、私たちのまわりでは起こるものです。
自分が被害者であると感じてしまう時には、まずは相手の言動や態度など、なぜ自分がそう感じるのかを考えてみてください。
そして自分の尊厳や、自分自身への愛情をしっかりと持ってください。自分ができることを、できる範囲ですることができている、と思えるようになるかもしれません。その上で、「人への思いやり」に目を向けてみてください。

自分の中で何かが変われば、周囲も少しずつ変わってきます。
相手に期待したり、依存したり、裏切られたと感じたりすることを手放してみましょう。自分が被害者であるというマインドを持っている時には、なかなか難しい作業です。深呼吸して、ゆっくりと意識してみることを、時々心がけてみてくださいね。


恋愛運が上がるお部屋

こんにちは、ご訪問ありがとうございます。
 

今日は、恋愛運をアップする風水をお伝えさせていただきます。

長い時間を過ごす自分のお部屋を、いい運気が受け取れるように少し見直してみましょう。寝室も兼ねている場合も多いと思います。

寝ている間にも運気を受け取れるように、自分のお部屋を、より気分の上がるお部屋にしてみませんか?

 

・恋愛運をあげるカラーを取り入れる

 

風水で恋愛運アップにつながるとされるのは、ピンク色です。

逆にモノトーンのお部屋にしていると、恋から少し離れてしまうかもしれません。黒やグレー、または落ち着いた色が好きな方なら、さし色でピンクや、暖色のパステルカラーなどを配置されてみてもいいですね。

 

・恋愛運を上げる香り

 

寝ている間にも、運気をアップさせましょう。よい気が流れているお部屋で眠ると、睡眠中にいい気を吸収して、運気があがります。

いい香りは恋愛運をぐっと上昇させてくれます。

ベッドの近くにアロマキャンドルやアロマオイルを取り入れてみましょう。バラなどから抽出したオイルで作られた、フローラルウォーターなども販売されていますので、しゅっとひと吹きしてみてもいいかもしれません。香り袋もいいですね。

生花を置くのもおすすめです。その場合は毎日お水を換えて、きれいな状態に保つようにしてくださいね。

 

色と香りを上手に使えば、相乗効果でさらに運気アップが期待できます。

 

・避けた方がいい置物は?

 

ぬいぐるみは運気を吸い取るので、あまり置かない方がいいでしょう。

恋愛運に関しても、パートナー以外に愛情を注ぐ存在がある、という状態になってしまうため、よくないとされています。

また、ドライフラワーも運気を下げてしまうので、置くのは避けた方がいいアイテムです。

 

・タンスの中をチェックしましょう

 

全然着ないお洋服などをたくさんため込んでいませんか?風水では、物に気が宿ると言われているので、こうした服にも色々な気がたまってしまいます。

古くてもう着ない服や、もったいないからと置いてあるだけのような服は、思い切って処分しましょう。

タンスに新しい気が流れれば、恋愛にも新しい運気がまわってきます。

お洋服や小物を捨てる時には、それに伴うちょっと嫌な記憶や思い出などがあれば、一緒に捨てるようにしてみましょう。

 

古いものは何でも捨ててしまうのがいいかというと、そうでもありません。大切なものは、大事に長く使い続けてください。そして必ず、きちんと清潔に手入れしてあげることを忘れないでください。

 

タンスの中にある下着も、とても重要なアイテムです。

古い下着をためていませんか?新しい下着を身に着けるだけで、新しい出会いが舞い込んでくるかもしれません。

下着も、暖色系やピンク色にすると、さらに恋愛運は上がります。

見えないところですが、下着は女性としてとても大切なものです。

きれいな女性らしい下着をつけているだけで、気分も上昇しますね。

 

・メイクアップ

 

お化粧を洗面所でしている方も多いと思います。実は水があるところでお化粧するのはあまりよくありません。

できれば自分の部屋に、女性の象徴ともいえるドレッサーを置くといいですね。

お化粧する時に使う鏡は、いつもきれいに磨いておくと、恋愛運がアップします。

 

また、ずっと使っていないメイク用品は処分しましょう。

昔の流行色の口紅やアイシャドウも、できたら今の色に買い換えるといいですね。

新しい色のメイク用品は、とても研究されて作られているそうです。最新のリップを塗るだけで、ぐっと今風になるそうですよ。

 

 

いかがでしたか?

身の回りを少し意識することで、運気を変えていくことができます。

ブログでは一般的な風水をご紹介していますが、実際の鑑定では、お客様にあった風水をお伝えしています。

 

 

最後に、恋愛運においては、自分の心がけもとても大切です。プラスイメージを常に持つようにしましょう。

いい恋愛ができる、新しい出会いがある、今の関係を良好に続けていくことができる…など、自分の幸せを信じる気持ちが、さらにいい恋愛運を呼び込みます。

自分自身を大切にして、自分への愛情も深めていくと、同じような愛情を他からも得ることができます。

どんな状況でも、私は必ず幸せがつかめると、心から信じてみてください。

 

この記事がお役に立てますように。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

 

 


玄関風水で幸運を呼び入れる方法

初夏を思わせるような陽気の日もあり、5月ももう後半になりました。春からの疲れがたまってはいないでしょうか。

ご自宅は、ほっとしてのんびりくつろげる場所ですね。
悪い気を家に持ち込まないように、そしていい運気を家に呼び込むように、玄関を見直してみませんか?

いい玄関からは、旺気(おうき)と言われる「いい気」が入ってきます。風水的に、いい玄関とはどんな玄関でしょうか。

きれいで明るい玄関
幸運を呼びこむ玄関は、まず清潔できれいな、明るい玄関です。常に掃除して清潔にしましょう。靴は帰宅したら軽く汚れを落として、下駄箱にしまいます。靴には外の世界の色々な気や、自分の匂いや汗などの汚れがついています。きれいに並べていたとしても、玄関に出しっぱなしにしていると、運気が下がってしまいます。

また、長い間履いてない靴は処分し、季節外れの靴はきちんと片づけてください。

明るい玄関は、金運も入ってきます。玄関が北向きなど暗い場合は、明るいライトにしましょう。天井からの照明だけではまだ暗い時は、間接照明を使うのも効果的です。また、クリスタルを置くとさらに運気がアップします。


風水では、鏡はとても重要なアイテムです。玄関でもうまく活用しましょう。
ただし、玄関を入って正面に鏡があると、せっかくのいい気が跳ね返されたりして、うまく家の中に入れなくなります。正面に鏡があって動かせない場合は、布を鏡にかけたり、間についたてを置いたりすることをお勧めします。
また、左右両側に鏡をつけてしまうと、合わせ鏡になってしまって運気が下がってしまいますので気をつけてください。

ゴミ
玄関は広くきれいに保ち、すっきりしていることが原則です。
翌日に出すゴミや、まとめた新聞などを置いてある玄関は、運気が下がってしまいます。ゴミには大きな陰の気がありますので、玄関がそのマイナスの気をおぼえてしまいます。また、新聞や段ボールなど紙類は、湿気を含みますので、悪い気がたまってしまいます。玄関には置かないようにしましょう。

人形や遊び道具
ぬいぐるみや人形などは、よい気を吸い取ってしまうことがあるので、玄関に飾るのは避けてください。子供の遊び道具や、趣味の道具やペット用品なども玄関には置かない方がいいでしょう。
余計なものは置かないのが原則です。色々と者があると、気の流れをふさいでしまいます。
玄関は、清潔で明るくすっきりと!が基本です。


雨でぬれた傘は、陰の気がたまりやすくなります。水を切ってから、傘たてにいれましょう。
傘たては、水の気を吸い込む陶器製か、水はけのいいステンレス製のものが風水的には適しています。そして、できれば玄関の外に置いてください。難しいようでしたら、時々傘たてを外に出してあげてください。
また、使わない傘や壊れた傘は、悪い気を呼び込んでしまいますので、そのままにせず処分してしまいましょう。


観葉植物や生花は旺気を呼び込みます。
自然の活きた気を玄関におぎなってくれますし、家の中に流れてくる気がよくなります。枯れてしまったお花はよくありません。古い水も運気が下がってしまいますので、生花を置く場合は、きちんと管理してください。
管理が難しいようでしたら、お花の写真や絵を飾るのも効果があります。
ドライフラワーは死んでいるお花なので、とても強い陰の気を持っています。造花やアートフラワーも、それほど効果がなく、さらに汚れやすいので悪い気を出すもとになりがちなので、気をつけてください。

下駄箱
下駄箱は、ぎゅうぎゅうに靴を入れないようにして、やはりこまめに掃除をして清潔に保ってください。はかない靴や古い靴は、悪い気がたまりやすいので、思い切って処分しましょう。
扉がついている下駄箱は、扉をしばらく開けて、時々換気をしてあげてください。
下駄箱は、靴やその関係のものだけを収納するようにしてください。バッグや帽子などを入れておくと、悪い気がうつってしまいます。

表札
表札は家の顔です。誰の家なのか気づいてもらえるように、表札を出しましょう。表札がないと、旺気も素通りしてしまいます。
表札はいつもきれいに磨いておきましょう。

マット
玄関マットは、外から入る悪い気を払い落としてくれます。
汚い玄関マットは逆効果なので、こまめに掃除機をかけたり、洗濯したりしてきれいにしておいてください。

香り
いい香りはいい運気を連れてきてくれます。
玄関は靴があるため、臭いがこもりやすい場所です。芳香剤やアロマなどを上手に使ってみてください。匂いがきつすぎないものがおすすめです。


玄関は家への通り道です。よい気だけではなく、悪い気も入り込んでしまいます。
運気を呼び込み、悪い気を払い落とせるような玄関を目指してみてください。玄関は家の顔とも言える場所です。風水ではとても重要で大切なところなので、玄関に気をつけていると、運気が一気によくなります。
余計なものを置かず、きれいに広く明るく保つように、心がけてみてください。

いい玄関は、きっと、帰ってくる人や訪れる人も、なんだかほっとする気持ちいい空間になっているはずです。

12

« 2017年3月 | メインページ | アーカイブ | 2017年6月 »

このページのトップへ